7月座談会(ここ・hako)のお知らせ

7月10日に生涯学習センター調理室で座談会を開催します。
簡単なランチを作りながら(作りたい人が・・・)、普段の悩み事などなど、みんなで考え合う会です。

・・・ですが、「話すのが苦手」、「聞くだけでも大丈夫?」という問い合わせもいただきます。
もちろん大丈夫です。
ご自分の参加のしやすい感じで、いらしてください。

実は、結構、真面目な会です。
学校で困っていること、指導計画などについてなど、誰に聞いたら良いのかわからない・・・そんな話題を持ち寄りながら、月に一回、お互いに学び合えるような会になっています。

ぜひ、ご興味ありましたら、お立ち寄りください。
尚、ランチ代材料費などで500円集金しております。

日時 7月10日 10時から13時ころ
場所 東久留米市生涯学習センター地下調理室
参加申し込みは、不要です。

お待ちしております!!

7月29日作業療法士木村順先生学習会開催について

いよいよ、「育てにくい子にはわけがある」著者であり、作業療法士の木村順先生の講演会まで、1ヶ月をきりました。

当日は、
午前の部(未就学児にスポットをあてた内容。主に手の機能など不器用と言われる背景など、ケースに沿って、どの様な見立てをし、どの様に支えていけたらよいか等、実践を組み込みながらすすめます。)
http://kokucheese.com/event/index/514842/

午後の部(学童期のお子さんが直面する、教室や家庭など環境の中で起きる問題を、育ちを考えながら、謎を紐解いていきます。また、それに合わせて取り入れるとよい動き、支えていきたいチカラ等、実践を組み込みながらすすめます。)
http://kokucheese.com/event/index/520294/

どちらの部も参加いただける方から寄せていただく事前アンケートなどの内容に応じて、できるだけ合点に結びつくよう、会を進めてまいります。

尚、で・こぼで司会進行を担当し、で・こぼが持つ情報も合わせていきたいと思います。

今回より事前入金を導入しましたが、わかりにくいなどのご意見もいただいております。
その場合には、口座への直接入金、当日の支払いも受け付けますので、お気軽にお尋ねください。

学習会チラシhttps://drive.google.com/open?id=1qVdPOhTiCAaqym-RzSe3hQiEYnYhSzn2

尚、午前の部終了後に、で・こぼ保護者ランチ会を開催予定です。
参加希望の方は、午後の部参加の方も、ランチを持参の上、午前の部終了後、会場にお集まりください^_^

8月25日明蓬館高等学校校長兼SNEC総合センター長 日野公三先生学習会

お待たせいたしました。
明蓬館高等学校兼SNEC総合センター長日野公三先生を招いての学習会。

発達障害など多様な学習ニーズをお持ちのお子さんに限らず、不登校、ホームスクーリング中のお子様で通信制の高校などに興味をお持ちの保護者の方にもおすすめの講座です。

お子様の参加費はかかりませんので、一緒に参加いただくことも可能です。

ぜひ、お誘い合わせの上、ご参加ください。

 

 

https://kokucheese.com/event/index/526684/

進級に向けて準備できること

おはようございます。
発達支援サークルで・こぼです。

今日は、進級準備について案内したいと思います。
月日の経過は早いもので、3学期の終了も間も無くとなりました。
お子様が進級を迎える保護者にとって、担任教諭が決まっていないこと、学年によってはクラス替えでの友人関係、学年が上ることでお子様の向き合うハードルが高くなることを懸念した不安感、そうした不安に押しつぶされそうになる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私たち保護者にできること・・・
「保護者ができる、一つ一つ必要な準備だけを行なっていくこと」
これだけです。

時に先を見過ぎてしまうことがあるのも保護者なのかもしれません。
でも、この時期は、振り返りも含めて、お子さんの現在の様子、受けている配慮や支援の姿を把握していく・・・それを次にどの様につないでいくのかを考えていくことができれば良いと思います。

では、それをどの様に行うのかを考えていきたいと思います。

次年度の配慮・支援のベースとなるのが、現在受けている配慮・支援の実績です。

我が子が
❶ どの様な行動(思考傾向含め)に課題があるとされてきたのか?
❷ ❶について、現在の担当されている先生方が、どの様に見てきたのか。
❸ ❷の関わりの中で、今年度・今学期の中で、どの様な姿を目指してきたのか?
❹ ❶課題の発見❷観察❸計画を行なってきた上で、どの様な配慮・支援を行なってきたのか?
❺ ❹を振り返り、❶の課題はどの様に変化したのか?どの様な配慮に対してどの様に変化したか?どの様な支援に対してどの様に変化したのか?
❻ ❹の配慮・支援を行なっている中で、成長過程だからこそ、発達過程だからこそ起こったと思われる行動(様子)は、あったのか?(本来ならば、行動の問題とされることだが、過程段階と理解して見守られた行動)
❼ 次年度、継続が必要と考えている配慮・支援は何か?(根拠のあるもの)
❽ 次年度、必要ではなくなると思われる配慮・支援は何か?(根拠のあるもの)

❶から❽を、記録しておくこと。
そして、次の学年につなげていくことが、大切だと思います。
この情報の蓄積が役に立つことが、必ずあります。
特に、今学期、配慮や支援に恵まれているなば、尚更です。

根拠のある実績、根拠のある計画こそ、子どもの成長・発達に役立ちます。

どうぞ、学期終了まで時間が少ないですが、春休みを利用したとしても、情報をいただけたら良いと思います。

★三月の座談会は、3月20日生涯学習センター学習室4で、10時より12時半まで開催します。

 

座談会のお知らせ

こんにちは。発達支援サークルで・こぼでございます。
インフルエンザが猛威を振るっておりますが、皆さま、体調など崩されていませんでしょうか?

さて、気が付けば2月も半ばを迎えました。
寒さの中にも、子どもたちの元気な笑い声に温かさを感じております。

で・こぼでも来年度に向けて、どの様な活動を重ねていくのか、どの様な活動を行なっていくのか・・・考える時期を過ごしております。

4月以降の予定をお知らせするのは、まだ先になりそうですが、2月、3月開催の座談会や、私たちが興味を持っている講座などのご案内をお知らせさせていただきます。

❶ で・こぼ座談会(2月と3月)

どなたも参加できるオープンな場所として開催しています。で・こぼからは、代表が出席しています。
就学のこと、困っていることなどおしゃべりして、みんながホッとできる場所になればと思っています。
予約は必要ありません。話すことが苦手な方もどうぞご参加ください。(直接会場へお越しください)
日時 2月20日 (火曜日)10時00分より12時30分
参加費 500円
① 2月20日火曜日
場所 東久留米市生涯学習センター保育室
② 3月20日火曜日
場所 東久留米市生涯学習センター学習室4

❷学苑社主催
LCSAを活用したアセスメントにもとづく学齢期の言語発達支援 大伴潔先生 講演会
3月21日(祝日水曜日)

http://www.gakuensha.co.jp/LCSA_seminar1.html

2018年 2月に学苑社より刊行される『アセスメントにもとづく学齢期の言語発達支援ー LCSAを活用した指導の展開』(大伴潔・林安紀子・橋本創一 編著)の出版を記念して、LCSAの活用方法中心に、著者・大伴潔先生の講演会を開催いたします。会場では書籍の販売も行ないます。

・講師大伴 潔先生
東京学芸大学教育実践研究支援センター教授。専門は、言語・コミュニケーション発達の評価と支援、言語障害学、特別支援教育。主な著書:『LCSA』(共編著、学苑社)『LCスケール増補版』(共著、学苑社)『よくわかる言語発達』(分担執筆、ミネルヴァ書房)

・日時 2018年3月21日(祝・水)13時30分〜16時30分 (受付開始13時00分)

・会場 戸山サンライズ 全国障害者総合福祉センター2F大会議室(〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1)

・参加費 3,000円
事前振込になります。(講演が延期、および中止とならない限り、ご返金は承りかねます)

・定員 60名(定員になり次第締め切り)
※当日の参加申し込みは受け付けておりませんので、ご了承ください。

・申込期限 2018年 3月 9日(金)
(定員に達した場合はこれよりも前に締め切る場合があります)

・申込
①お名前(ふりがな)、②お住まいの地域(市町村名)、③お立場(教師、保護者など)、④メールアドレス、⑤電話番号、⑥人数、をお知らせの上、件名を「セミナー申し込み」と明記していただき、entry@gakuensha.co.jpまでお申し込みください。大伴先生への質問がありましたら、あわせてご記入ください。

※抜粋内容を紹介しております。詳しくは、上部に貼り付けの学苑社さんホームページより確認ください。

以上、ご案内させていただきました。
ご興味の深い講座がありましたら、是非参加されてみてください。

まだまだ、寒さが続く様です。
くれぐれもお身体に気をつけて、健やかにお過ごしいただければと思います。

発達支援サークルで・こぼ

明日28日開催の子育て集会に参加します!

こんにちは。
いよいよ2018年のスタートの行事。
東久留米 保育・教育・子育てを考える集会が1月28日に開催されます。

東久留米市の子育て。教育に関わる団体が集い、1年をかけて丁寧に会を準備してきました。

定期的に開催される実行委員会では、各参加団体が抱える問題や感じていること、悩みなどを共有しながら会が進みます。
特に、今回の実行委員会では、そのような情報共有の内容が濃かったように思っています。

この会の先には、必ず子どもたちの姿があります。そして、保護者の方の姿です。

私たちが出していく様々な情報が、必要な方に届くことを願いながら、当日の参加を呼びかけています。

どんな方にも参加いただける会です。

今回の特別公演は、保育雑誌などでの連載が人気の埼玉大学教育学部教授 岩川直樹氏を招き、講演いただきます。

そして、午後は6つの分科会を開催します。
で・こぼが担当するのは、第6分科会です。
NPO法人あそび環境museum より理事長の北島尚志氏を招き、『あそびの力 子どもの育ち』についてお話しいただきます。
私たちの大好きな北島先生をお招きし、楽しい会にしたいと思っています。

申し込みは不要です。
1月28日 9時50分オープニング
東久留米市生涯学習センターでお待ちしております。
受付は、参加団体として、で・こぼのブースもございますので、お声かけいただければ幸いです。
参加費用は、資料代の500円のみとなります。
午前、午後だけの参加も受付しております。
どうぞ、お気軽にご参加ください。 続きを読む