不登校、登校困難な子どもたちに大きな一手

 

文部科学省の大きな一手に拍手です。
新しい学び方の選択が一つ増えることにつながることと思います。

不登校のお子さんの中には、学ぶ意欲の強いお子さんもいます。
特に小学生の場合、現況では、学ぶ場所が“学校”に限られてしまうため、学校に適応しにくく登校困難になると、学びを得ることがすごく大変になってしまいます。

学び方、学べる場所を増やすことは、それを選択できる子どもたちも確実に増えます。

懸念してしまうのは、現場でこのシステムを生かし運用することができるのか?
個別のニーズに応えていくことは、マンパワーが絶対に必要です。

子どもに関われる人を増やしていく、その方々を活用させていただく・・・そんなサポートの先にシステムを生かした運用があるのだと思います。

病気療養の子供も出席扱い 文科省、遠隔授業で新方針