【安心・安全対策】「自助・共助」による「要援護者支援避難訓練」のお知らせ! 2017年11月11日

    氷川台自治会では、11月19日(日)9:00~12:00 小山台遊園を中心とした自治会エリア内で「第5回要援護者支援避難訓練」を実施します。ここ数年若返りつつある氷川台自治会ですが高齢化率はまだ33%を超えています。“安心・安全で暮らしやすいまち「氷川台」、元気で明るい活力ある自治会をみんなでつくろう”のスローガンの基で、行政や会員の協力を得て「要援護者支援避難訓練」を平成25年から毎年実施し、高齢者・災害弱者等の支援を目的とした「地域ぐるみの支援体制構築」へ大きく踏み出し、4月には「第6回東京防災隣組」に認定されました。しかし、災害時要援護者や関係者の防災意識はまだまだ希薄で、きめ細やかな内容での防災意識を高めることが喫緊の課題になっております。

    今年度は、過去4回の訓練を踏まえ「公助」に頼らない「自助・共助」をベースにした実践訓練に一歩踏み出すことにしました。要援護者情報の把握と情報管理、地域独自の支援体制(自助)、避難誘導の方法(自助・共助)、在宅避難体制の確立(共助)へ向け「第5回要援護者支援避難訓練」を2段階で実施致します。

・第1段階:防災会役員、災害時支援隊員及び自治会の主要ポジションに係る会員の実践訓練

       平成29年11月19日(日)9:00~小山台遊園にて

・第2段階:2次避難所での避難生活想定訓練

       平成30年1月7日(日)10:00~聖グレゴリオの家にて

  災害時に可能な限り自治会会員の「支え合い・助け合い」をベース(自助・共助)にした避難体制構築を目指します。従って、訓練のための訓練から脱皮した訓練を目的に、「公助」に頼らず、訓練に参加して見学でなく、スタッフとして多くの会員が係わり、個々人が災害時に氷川台で生き延びるために“出来ること、やらなければならないこと”を実践します。完璧な訓練は求めず、今回の「自助・共助」による“訓練から見えてくる課題”を見つけることに主眼をおきます。

    尚、今回の要援護者支援避難訓練は、「東京防災隣組」認定団体(246団体)の中から10団体を対象に実施される「平成29年度自主防災組織活動支援事業」に認定されて、東京都及び防災コンサルタントの派遣を受けて実施します。

 皆さんの地域での避難訓練の参考になるかも知れません。興味のある方はご参加下さい。

【注】「東京防災隣組」とは

 都内の先進的な取組を調査、発掘し、意欲的な防災活動を行う団体を「東京防災隣組」として認定し、その活動を広く紹介することにより、都内の各地域のさらなる取組を促すとともに、新たな防災活動を誘発していき、都内の他の地区での共助の取組につなげていく。さらに、いくつかの地区をモデル地区として選定し、専門家を派遣することにより、地域の特性に合った具体的なアドバイスをするなど、活動の活性化を支援していく事業です。今年4月に、氷川台自治会が地域の「支え合い・助け合い」に基づく要援護者支援避難訓練の実施や災害時避難体制の構築に向けた継続的な活動が評価させて「東京防災隣組第六回認定団体」と認定されました。平成24年の第1回認定団体から今年度第6回認定団体まで246団体が認定を受けています。

                 氷川台自治会 要援護者避難支援委員会

                                      殿田 俊三

【認知症対策】オレンジカフェ「氷川台のえんがわ」で福祉用具展示説明会を開催します! 平成29年10月23日

   11月2日(木)13:30~15:00開催のオレンジカフェ「氷川台のえんがわ」で、認知症介護福祉用具の展示説明会を行います。

 オレンジカフェ「氷川台のえんがわ」はどなたでも参加できます。皆様の参加をお待ちしています。        

                                                                                    氷川台自治会

【安心・安全対策】 平成29年度東京防災学習セミナー開催のお知らせ! 要配慮者及び避難行動要支援者への対策 2017年10月20日

  

    21日(土)9:00~東久留米市総合防災訓練が滝山公園で実施され、災害発生時の公助による救出救助が大々的に実施されます。一方、市内各所の避難所を中心とした避難所運営連絡会も順次実施され、避難所毎の運営訓練も実施されていますが、災害時の要配慮者及び避難行動要支援者対策までは及んでいません。氷川台自治会では、今回の学習セミナーで要配慮者及び避難行動要支援者の安全確保に何が必要でどのように支援すれば良いのか、講師を交えてワークショップ形式で対策を検討します。興味のある方はご来場下さい。

                                                                                   氷川台自治会

【認知症対策】尊厳と自立のための補助器具や高齢者むけお人形・ぬいぐるみ展示会! 2017年9月24日

   氷川台自治会では、10月5日(木)13:30~15:00、オレンジカフェ「氷川台のえんがわ」開催時に、「高齢になっても、障害があっても、認知症になっても」できるだけ自立した生活をおくるための補助器具やお人形展示会を開催します。どなたでも参加できます。

   開催日時:平成29年10月5日(木)13:30~15:00

    開催場所:氷川台会館(氷川台2-12-13)

    参加費:café&cake 300円

 *当日は、販売業者が取り扱い説明をしてくれます。

                         氷川台自治会

【平成29年度 東久留米市認知症カフェ開設支援補助金対象事業】オレンジカフェ「氷川台のえんがわ」オープン(8/3)♪ 2017年7月13日

   どなたでも参加できます♪

    認知症予防対策カフェ『氷川台のえんがわ』が氷川台会館(氷川台自治会会館)で8月3日(木)13時30分にオープンします。

    オレンジカフェ「氷川台のえんがわ」チラシ 8月3日(木)13:30~オープン (毎月第1木曜日 13:30~開催)

  「氷川台のえんがわ」が開店する花で囲まれた「氷川台会館」 (氷川台2-12-13)小山台遊園の隣

 氷川台自治会では、平成23年から“安心・安全で暮らしやすいまち「氷川台」、元気で明るい自治会をみんなでつくろう‼のスローガンを掲げ、地域の課題解決に取組んできました。大きな課題の一つが高齢化率37%強の自治会の現状でした。高齢者対策として様々な手段を講じる中で、平成24年10月から始めた「見守り」活動も5年になろうとする中で新たな課題も見えてきました。

 認知症予備軍と認知症患者の方が2025年には1300万人、65歳以上の高齢者の3人に一人が認知症、および予備軍となる「認知症社会」がやってくると云われています。

 認知症は、誰でもかかる可能性のある脳の病気で高齢者だけがかかる病気ではありません。 都内では、認知症の人は38万人を超えており、平成37年には約60万人に増加すると推計されています。

 65歳未満で発症する若年性認知症の人は、都内には約4,000人と推計されています。

 認知症を患った方の徘徊による行方不明者が1万人以上、高齢者ドライバーの交通事故、介護スタッフも2025年には38万人も不足など超高齢化社会・認知症社会に関するニュースに事欠きません。今から対応を講じていかないと手遅れになります。

  「住み慣れた地域に安心・安全に暮らし続けるためには…」、何があっても自宅で暮らし続けられる環境が無ければなりません。そのためには地域の受け皿、仕組みづくりが必要との認識に立ち、平成25年3月から認知症サポーター養成講座や地域の連絡体制の整備等「地域で見守る体制づくり」の構築に努めて参りました。更に、「平成29年度東久留米市認知症カフェ開設支援補助金制度」の発足を機に、石橋幸滋先生(石橋クリニック院長)を先頭にした会員の協力で、オレンジカフェ「氷川台のえんがわ」を開催することになりました。カフェでは、お茶を飲みながら、脳トレをしたり、日頃の介護の悩みについて相談したり、たわいない雑談をしたりと、和気あいあいとした空気が流れることを想定しています。

 平成26年7月にオープンした「ふれあいサロン氷川台」に参加している参加者の様子

  「氷川台のえんがわ」は「ふれ合いサロン氷川台」以上に、和やかな時間が流れることを想定しています。

  「氷川台のえんがわ」が介護サービスと一線を画すのは、参加者が主体性を持って過ごせることです。介護サービスの場合、ケアプラン等に基づいて決められたプログラムを利用者が受けることになり、利用者はどうしても受け身の立場になってしまいますが、「氷川台のえんがわ」では、特にプログラムを用意せず、過ごし方は自由で、時間の使い方を自分で決めることができます。参加者は、尊厳を持ったひとりの人として過ごせる場なのです。

  何事も頭の中で考えているうちは堂々巡りで先には進めません。まず、参加して、体験して、ふれ合ってみてから次を考えてみましょう。“地域のつながりの楽しさ大切さ”を感じて下さい。

 オレンジカフェ「氷川台のえんがわ」

 8月3日(木)13:30~15:00 オープン

 (毎月第1木曜日13:30~15:00開催)

*喫茶は15時で閉店ですが、引き続き談話会は17時まで可能です。

                       氷川台自治会 殿田俊三