氷川台自治会「見守りネットワーク委員会」に公益財団法人 コメリ緑育成財団から昨年度に続き助成金が贈呈されました‼ 2016年2月5日

      氷川台自治会「見守りネットワーク委員会」は去る24()ANAクラウンプラザホテル新潟(新潟市)で行われた公益財団法人 コメリ緑育成財団「第26回 コメリ緑資金助成金贈呈式」に招かれ、昨年に引き続き平成28年度活動資金として助成金目録を贈呈されました。

1 贈呈式会場(ANAクラウンプラザホテル)

 2公益財団法人コメリ緑育成財団理事長の挨拶3コメリ緑財団育成財団 捧 雄一郎 理事長から目録を受ける殿田会長

コメリ緑資金とは、()コメリ(本社・新潟市)が“私たちの暮らす町が緑豊かなふるさとであってほしい”緑や花に囲まれた美しいふるさとづくりを目的とした活動に企業利益の1%を目安に還元して社会貢献している助成金制度です。

4

  昭和31年に発足した氷川台自治会の多くの住人は住宅地の歴史とともに歳を重ねてきました。開発時は核家族を念頭に置いた郊外住宅地の設計思想も現在のニーズに合わなくなり、当初からの移住者の高齢化は進み、世代交代の時期を迎えていますが子ども達のライフスタイルは親世代とは大きく異なるようになりました。多くの家庭が共稼ぎを選び都心の交通の便の良いところに住むようになり、住宅には高齢者のみが暮らし続けるようになりました。

氷川台自治会では、平成22年から“住み慣れた氷川台にいつまでも安心・安全に暮らすためには…”をテーマにさまざまな活動を始めました。その活動の一つが平成2410月から始めた高齢者の「見守り」活動です。「見守りネットワーク委員会」には、24名の会員有志が登録して75歳以上の一人暮らしや夫婦だけの高齢者を見守っています。訪問しての声掛けや外からの見守り(電気の消灯・雨戸の開閉・新聞受け等)、作業支援(草取り・家具移動・電球交換等)を行い、高齢者の方が氷川台に安心・安全に住み続けていただくための活動をしています。今回の助成は、能動的見守りや受動的見守りだけでなく住環境を改善して楽しく暮らせる地域づくりを目的に“高齢者が花に癒されるまちづくり”の活動推進を昨年に続き申請したものが2年連続して認められました。第25回助成金で氷川台通りに花壇を造り、通りに面した家の前にはプランターを設置して行き交う人々の心を癒してきました。今回の第26回助成金で引き続き“花で癒される町、氷川台”への活動を更に進めたいと思います。

5 氷川台通りの花壇

 6会員の家に置かれたプランター

 今年度も多数の応募の中から全国38都道府県461団体へ助成金が贈呈されました。栄えある贈呈式には全国から代表23団体が招かれ財団理事長から直接目録を贈呈されました。昨年に引き続き今年度も贈呈式に招かれるまでの評価をして頂いたことを重く受け止め、「見守りネットワーク委員会」は「見守り活動」を更に充実させ“高齢者が安心して暮らせるまちづくり”に邁進する所存です。

 7 助成金贈呈「目録」

                          

                                                    氷川台自治会 殿田俊三

【東日本大震災被災者支援活動】南三陸支援先被災者家族の元気な姿が新聞に‼ 2016年1月29日

 127() 読売新聞朝刊社会面(35)から、宮城・南三陸“復興支援が縁 町民「恩返し」台湾高校生 被災地で民泊”の活字と写真が飛び込んで来ました。

1 移転先住宅の畠山さんと台湾の高校生

  東日本大震災で被災した宮城県南三陸町に台湾赤十字社から22億円が寄付されるなどの支援が縁で台湾の高校生が訪問して来たそうです。新聞に掲載されている民泊先の畠山鉄雄さんは、震災後に聖グレゴリオの家と共に支援活動を続けている南三陸町寄木の浜の漁師さん達の一人です。昨年1045日に東京見物を兼ねて氷川台にやって来た時、年末には高台移転先に住宅が完成して長かった仮設住宅から解放されそうだと、嬉しそうに話してくれていました。

2昨年104日に氷川台(聖グレゴリオの家)を訪れた時の畠山夫婦

  311に全てを流されてしまった被災者の皆さんと氷川台自治会が係わって5年になりますが、高台移転が完了したとはいえ、まだまだ元の生活に戻るには並大抵の努力ではありません。畠山さんが台湾高校生の来訪を受けて国を超えた支援に感謝しながら「ようやく恩返しができた。南三陸を好きになって帰ってもらいたい」と述べています。震災から5年になろうとしていますが、人々の記憶からだんだん薄れて消え去ろうとしています。畠山さんの言葉には、「震災と南三陸を忘れないで欲しい」という気持ちが込められているように思います。

 今年も氷川台自治会から、41112日の両日に南三陸被災者支援活動で寄木の浜の漁師さん達の所へ「養殖ワカメ収穫の手伝い」に行くことになっています。「皆さんのことは決して忘れませんよ、一緒に頑張りましょう」の気持ちを伝えに行きます。

皆さんの中で自分も一緒に行って被災者を激励したいと思われる方はご連絡下さい。

                                                                    氷川台自治会 殿田 俊三

健康情報提供サービス「QUPiO(クピオ)」の導入モデル事業に参加中です! 2016年1月25日

   平成20年度より、生活習慣病の予防を目的とした「高齢者の医療の確保に関する法律」が施行され、東久留米市でも、特定健康診査・特定保健指導が実施されています。

 その一環として、平成281月中旬より、東久留米市でモデル事業として健康づくりを応援するためのインターネットサービス(健康情報提供サービス『QUPiO(クピオ)』)の提供が始まるとの話を聴き、昨年12月、東久留米市健康課の方に氷川台会館で説明会を開催して頂きました。

氷川台自治会では高齢者の健康増進と健康管理を目的に平成254月から「健康体操教室」を毎週開催して4年になろうとしています。また、平成26年から「ふれあいサロン氷川台」をオープンして高齢者のふれあいの場も設け孤立化防止にも努めています。

2025年には2,200万人、4人に一人が75歳以上と超高齢者社会が到来し、介護人材が40万人不足すると言われています。介護サービスは十分に受けられなくても住み慣れた氷川台で暮らすか。介護サービスを受ける為に住み慣れた氷川台を離れるか。介護居住という言葉が使われるようになったこれからは、会員がこんな選択を迫られる場面が増えてくるかも知れません。他人事ではなく、介護難民にならないためには地域での「支え合い・助け合い」は勿論、日頃から健康維持に取り組む必要があります。

QUPiO(クピオ)』のサービス利用には、インターネット利用者で東久留米市国民健康保険被保険者や特定健診受診者という制約があり、サービスを利用できる対象者は限られてきますが、会員の健康増進に役立つならと、先ずは自治会「パソコン教室」を受講されている生徒さんを対象に説明して頂きました。

1QUPiO(クピオ)」とは

 ???????????????????????????????説明会の様子

 健康保険者証の記号・番号・特定検診結果やメールアドレスの個人情報を登録する必要がありますが、東久留米市が個人情報保護条例に基づいて管理するとのことですから心配に値しないと思い (もともと個人情報は世間で騒ぐほど心配していませんが)、個人情報の心配より『QUPiO』を利用しての健康づくりに魅力を感じ説明会参加者は全員登録をしました。

今年に入り、ユーザー登録完了の案内を貰い早速アクセス・ログインして「QUPiO(クピオ)」のサービス内容を確認しました。

3 「QUPiO(クピオ)」の主な機能紹介

4健康に役立つ情報をテーマごとに紹介- 食事、運動、リラックス、生活習慣・予防

健康に関する様々な情報を得ることが出来ると共に190万人超の検診データを使った、自分の「健康年齢」算出・健康ランキング・健康増進への最適行動計画の指標など魅力たっぷりの内容が掲載されています。特に自分の検診結果に基づいて様々なアプローチ方法で生活習慣病を見直すための行動計画と数値目標を立てられるなど盛り沢山の内容になっています。健康コラムで日々の生活の中で役立つ健康情報を知ったり、ヘルシーレシピで健康的なレシピ情報、運動メニューではウオーキング・筋トレ・ストレッチングなど自分の体力レベルに合わせたレベルアップを図ったり、健康ライブラリーでは健康維持のために必要な正しい知識を学ぶことが出来ます。平成28331日までのモデル事業で、41日以降は東久留米市の予算計上が前提の様ですが、是非とも提供して欲しいサービスの一つと思います。

平成284月以降引き続き健康情報提供サービス『QUPiO(クピオ)』が利用できるようになれば、氷川台自治会全体に働き掛けて会員の健康増進に役立てたいと思いました。

                                                                氷川台自治会 殿田 俊三

【活性化対策】 暖かい陽射しのもとで第7回餅つき大会を開催♪ 2016年1月10日

     110()11時から、氷川台自治会「第7回餅つき大会」が春を思わせるような暖かな陽射しを受けて聖グレゴリオの家で開催されました。今年は3連休の中日で行楽に出掛けられた会員も多く参加者が少ないかと心配しましたが、自治会の活性化活動として定着した餅つき大会は200名を超える参加者で賑わいました。

1 【開催会場の聖グレゴリオの家】 会場設営が終わった中庭にある梅の木の蕾も膨らみ始めています。

2【開会挨拶】 “安心して暮らせる氷川台をつくるため一緒に頑張りましょう”との、会長挨拶に聞き入る大勢の会員

3【氷川台一家】 氷川台自治会会員はみんな“大きな家族”の一員です(会員から寄付された大・小の臼を前にして)

 昨年は用意したもち米(24)で突き上げた餅では足らなかったため、今年は27(9)を用意しました。突きあげた餅は、あんころ・からみ・きな粉・ゴマ・いそべ餅・納豆餅の6種類に姿を変えてテーブルに並びました。同時に教会裏の梅林では焼き芋300個とトン汁250人分が出来上がり、箸休めには氷川台農園(自治会農園)で収穫された大根と野沢菜の漬物も提供されました。

4 若手会員の参加者が増えてきたためアッという間に突きあがります。

5 教会裏の梅林では、焼き芋(300)とかまど3台でもち米を蒸したり、トン汁つくりに励む裏方さん

6 テーブルの上には突きあがった6種類の餅やトン汁・漬物等が並びました。

  自治会の餅つき大会は、餅・トン汁・焼き芋の全てがお変わり自由の食べ放題のため、人気筋のあんころ餅や納豆餅は品切れになり慌ててあんこ・納豆を買いに走ったりで手造りの餅つき大会ならでの楽しさがあります。

7広い中庭も参加者で一杯になりました

8 梅の蕾もほころび始めた中庭の芝生の上で、暖かい陽射しを浴びながら歓談の輪ができました。

 昨年の餅つき大会の時に広い中庭が参加者で溢れ美味しいもちも座るところがなく立ち食い状態でした。今年は聖グレゴリオの家の橋本所長の計らいで“聖堂ロビー”を開放して頂きました。

9 陽射しを浴びるステンドグラスに見とれながら餅を食する皆さん

   今年は会員さんから昨年末に寄付して頂いた小さめの臼が子供専用として登場しました。同時に平成27年度 東京都地域の底力再生事業助成金で購入した子供用の杵が大活躍でした。

自治会の餅つき大会の特徴は、大人も子供も参加者全員が胸に名札を貼り付けている為、大人も子供も住んで居る場所と名前・顔が一致するようになり地域の輪が広がっていきます。大人も子どもも顔見知りになり自然と地域での子供の見守りが出来ていきます。

??????????????????????????????? 子ども用の臼で餅をつく子ども達

11 子ども達にも餅に触らせて体験させました。

???????????????????????????????  “わたしが会長です”のワッペンを付けた殿田会長

  第7回餅つき大会開催に当たっては、昨年11月からイベント委員会が中心となって企画を始めました。前年度の反省を踏まえて突き上げる餅の量や種類、トン汁の量や焼き芋の数などを決めていき、それぞれ担当する裏方さんを決めていきます。今回の裏方さんは実に40名にも及びました。氷川台自治会の素晴らしさは、裏方さんの7割は毎年入れ替わって実施されていることです。なるべく多くの会員が携わることで自治会の連携が強くなっていきます。

13 受付とポップコーン係の皆さん  初参加のポップコーン(“駄菓子屋 かなん”の山永店長から機械をお借りしました)

 14 餅の配給係の皆さん

15 トン汁係のみなさん

??????????????????????????????? 餅を丸める係のみなさん

17 焼き芋・もち米の蒸し係の皆さん

18 突き手と反しての皆さん

  毎年の新年を飾る恒例行事となった、第1日曜日の新年懇親会・第2日曜日の餅つき大会と天気にも恵まれて多くの会員が参加して楽しみました。氷川台自治会では子どもから高齢者まで安心して暮らせる町づくりに努めています。大人も子どもも顔が見え挨拶ができる関係を築き「支え合い・助け合い」のある笑顔の絶えない町づくりを目指します。

19笑顔が弾ける子どもたち 大人も子どももみんな友達です。

 

                                                                     氷川台自治会 殿田 俊三

地域資源(ライフパートナーこぶし)の連携による「ふれあいサロン氷川台」♪ 2016年1月9日

   平成28年の「ふれあいサロン氷川台」は2度目の正月を迎えて17()に店開きしました。今年も「社会福祉法人龍鳳 ライフパートナーこぶし」職員2名と利用者さん2名が、こぶしで製造したケーキ&クッキーとコーヒー&紅茶を用意して来店者を迎えてくれました。

113木曜日13301600オープンです

2サロン開催中

3ライフパートナーこぶし製造のケーキ&クッキー

 (*店内でケーキやクッキーだけの販売もされていますので立ち寄り下さい)

 今年初めての開店日には、自治会高齢者女性グループ5名と男性会員4名のお客さんで賑わいました。特に後期高齢者女性5(80歳以上)グループは、子どもさんが小学生の時以来の友人関係だそうでナント50年来の友…(@_@)

またまた(@_@)、同じ自治会にいながら子供が卒業以来疎遠になっていたのが、再開するきっかけが昨年1129日に実施された要援護者支援避難訓練への参加だそうで…\(^o^)

4 賑わう7日のサロン

  (*どなたでも利用できますので天気の良い日には氷川台まで足を伸ばしてみて下さい)

  氷川台自治会では、平成23年から高齢者の生きがいづくり健康づくりに取り組んで来ましたが (見守り・要援護者対策・敬老のお祝い・餅つき大会・夕涼み会・健康体操教室・マージャン教室・パソコン教室・うどん打ち教室等)、平成26年から更に一歩進めて高齢者の居場所づくりに取り組むことになり検討を始めました。

自治会の持つ資源だけでは難しく、外部資源に眼を向けたところ自治会会員の「社会福祉法人龍鳳 ライフパートナーこぶし」でケーキ&クッキーを製造販売されていることに行きつきました。早速、相談したところ快く応じて頂き平成266月から出張カフェをオープン(ふれあいサロン氷川台)できることになりました。魅力は、デイサービスのように「サービスを受ける人」として参加するのではなく、歩いて行けるような身近なところで地域住民(自治会会員・近隣住人)相互が交流を深めたり、のんびり好きな時間を過ごしたり、自由に出入りしたり、友人同士が行動をともにしたりといった自由さにあります。

 このように、自治会の資源だけでは実現出来ないことも、周りにある資源(ライフパートナーこぶし)の協力で可能になりました。

 自治会活動が停滞し加入率も伸び悩む現在、皆さんの所でも資源(人・物・金)が無いから出来ない、場所(拠点・居場所)が無いから出来ないと決めつけておられませんか。一歩踏み出して周りに眼を向けてみたらどうでしょうか。何か利用できるもの、協力を得られるものがあるかも分かりません。諦めずに頑張りましょう(^_^)v

                                                     氷川台自治会 殿田 俊三

地域での子ども達の「見守り」は愛のひと声運動合同パトロールから♪ 2016年1月7日++++++++++++++++++++++++++++

  16日(水)1600~今年初めての防犯ウオーキングとわんわんパトロールに青少年健全育成協議会「愛のひと声運動パトロール」が合流して自治会内パトロールを実施しました。正月明けの平日でもあり、多くの参加者は期待していませんでしたが、自治会から大人13名・児童3名・愛犬5匹・青少協の役員2名の18名と5匹の賑やかなパトロールになりました。

???????????????????????????????

平成24年度の青少協役員(愛のひと声運動担当)の皆さんがパトロールの形骸化に危機感を持たれたのか、平成253月から氷川台自治会防犯ウオーキング(水・土/毎週)に愛のひと声運動パトロールが合流して地域ぐるみで健全な環境をつくる活動に変わっていきました

???????????????????????????????

 学校・家庭・地域がスクラムを組んで実施するパトロールの効果は、通学路の安全性を点検・確認したり、地域住民から見た児童の様子を話したり、校長先生と一緒にパトロールして喜ぶ児童がいたり、地域に住む児童の生活状況を目で見て感じてもらえたり、次は先生と一緒に歩くから教えてくれと言って来る児童がいたりと、大きな子育ての輪ができています。

??????????????????????????????? 

氷川台自治会では、平成23年から「地域の支え合い・助け合い」の醸成に取組み、今では会員の皆さんは勿論、子ども達も愛犬たちも顔が見える関係になり、大人同士・子ども同士・大人と子どもの挨拶や会話は勿論、愛犬たちも仲間に入って活躍しています。

愛のひと声運動は青少年の健全育成を図る目的で、全市民参加のもとに愛のひと声運動が展開されている、との認識でいますが、数年前までの愛のひと声運動パトロールは、青少協の呼び掛けに応じて自治会代表が1名参加する形だけのパトロールでした。しかし、今では地域との連携により東中青少協「愛のひと声運動パトロール」には、多くの地域住民も参加して子ども達の健全育成の手助けをする様になりました。一つ残念に思うのは、地域住民が一緒になって活動に取り組んでも、青少協担当役員だけが孤軍奮闘して地域の父母の参加が少ないことです。

                                        氷川台自治会  殿田俊三

氷川台自治会の活動は新年懇親会で幕開け♪ 2016年1月4日

  年末年始とは思えないポカポカ陽気の中で氷川台自治会の「第4回新年懇親会」が開催されました。毎年年明けの第1日曜日に氷川台会館で開催しています。今年は正月3()に当り参加者の減少を懸念しながらの開催でしたが、会員の皆さんに氷川台自治会の仕事始めは「新年懇親会」を終えてからと定着したようで、11時の開始前には正月料理や出身地の地酒を手に会員が続々とやって来ました。

1

???????????????????????????????

  安心・安全で暮らしやすいまち「氷川台」を創るには、会員の皆さんの更なる協力が不可欠であり、住み慣れた氷川台にいつまでも楽しく暮らし続けるには、住人主体の「支え合い・助け合い」が必要です。“今ある住民主体の見守り活動体制を更に進化させて「みんなで支える・助け合う」氷川台をつくろう“と会長の挨拶があり懇親会に入りました。

???????????????????????????????

  今年の新年懇親会の参加者で最高齢は92歳の男性会員でした。自治会主催の健康体操教室や昨年11月に主催したバス旅行にも参加されており、今年の目標は秋のバス旅行に皆さんと一緒に行くことだと言われていました。「こうして皆さんに支えて貰って旅行ができることに感謝しています。」との言葉に「見守り体制構築」の志を強くした次第です。 

                       氷川台自治会 殿田 俊三

【高齢者対策・環境美化対策】今年も「コメリ緑資金財団」からクリスマスプレゼントが届きました♪ 2015年12月25日

  昨年に引き続き「公益財団法人コメリ緑資金財団」から「第26回 コメリ緑資金」助成金決定通知書が24日に届きました。「コメリ緑資金」とは、公益財団法人コメリ緑育成財団が、コメリの利益の1%還元事業として1990年より毎年地域の緑化活動に助成を続けてきた「コメリ緑資金の会」と園芸農業分野の研究開発交流事業を支援する「財団法人緑育成財団(1996年設立)」の事業を統合し、2012年、新たにスタートしたものです。花や緑に囲まれた美しいふるさとづくりを進め、地域産業の振興並びに地域社会の発展のために取り組まれている事業です。

 昨年12月に、平成24年から「見守りネットワーク委員会」を中心に取り組んでいる高齢者「見守り」活動の一つとして、「住み慣れた氷川台にいつまでも安心・安全に住み続けられる町づくり」

を目的に、高齢者の行動を制約していた坂道に花壇を造り四季花で飾れば、家に閉じ籠もりがちな高齢者が歩いて出掛ける気持ちにならないか。歩いて行動範囲を広げることで健康維持にならないか。綺麗な町になれば住み続けたくなりはしないか。また、氷川台から通勤する皆さんが花で送り迎えされる環境に元気づけられ、将来は地域に貢献する気持ちになって貰えるのではないか。などの思いを込めた応募申請が認められて「第25回 コメリ緑資金」助成金(40万円)を頂き、氷川台通りの路肩(支援学校前~読売新聞販売店まで)に花壇を造成して沢山の花を植えたり、通りの会員の家の前にプランターに花を植えて置いたりして通りを行き交う人々を楽しませました。

1

2

 氷川台通りに花壇を設けて四季花で飾ることで自治会の高齢者だけでなく、通りを行き交う会員や朝夕の通勤者の皆さんから数多くの感謝の言葉を頂きました。また、氷川台自治会会員だけでなく黒目川を散歩される皆さんからも花を観るのが楽しみだとか大門町にお住いの方は一緒に手入れをさせて欲しいと毎日曜日の早朝にきたりされています。

 このように自治会会員だけでなく多くの皆さんに愛されるようになった花壇の花を絶やすことなく咲かせるには自治会会員が拠出する会費では賄いきれませんので、今年度も「第26回 コメリ緑資金」助成金に会員と多くの皆さんの思いを込めて申請していました。

クリスマスイブの24日に“1211日開催の審議会委員会で審議した結果助成が決定したので「コメリ緑資金」により、見守りネットワーク委員会の活動を更に充実させて頂きたい”と助成金決定通知書が送られてきました。

来年度も引き続き、氷川台通りに咲いた花々が氷川台の高齢者を元気づけると共に行き交う皆さんの心を癒してくれるものと思います。(事業期間は平成2841日から平成29331日です。)

3


                                             氷川台自治会 殿田 俊三

【子育て対策】今年最後の子育て交流サロンは楽しいクリスマス会♪ 2015年12月24日

  氷川台自治会で「子育て交流サロン氷川台(ひよこの会)」が会員のボランテイアにより平成266月に始まり1年半が経過しました。今ではすっかり定着して、自治会会員はもとより近隣の小山・東本町や隣接している新座市のママさんも子供を連れて参加されています。

 24日は今年最後のサロンでクリスマス会が行われました。会員スタッフの皆さんが企画してミニツリーを飾ったり子どもさんにおやつを用意したりして親子で楽しんでいました。

1

 子育て交流サロン氷川台(ひよこの会)は、地域の子育て中のお母さん達の役に立てばと会員がボランテイアでお世話をしています。今年も紙芝居や腹話術を開催したり、来年2月には人形劇も企画しています。興味のある方は遠慮なくご参加下さい。自治会会員以外の方でも参加自由です。

更なる改善へ回し続けるPDCAサイクル!  2015年12月19日

 氷川台自治会では、平成23年から“安心・安全で暮らしやすいまち「氷川台」、元気で明るい活力ある自治会をみんなでつくろう‼”のスローガンを掲げて

  1. 目指す方向性を明確にする。

  2. 進捗状況を公開する。

  3. PDCAサイクルの実践。

の活動方針で自治会活性化に向けて活動をしています。

 今年度もいろいろなイベントを実施しました。それぞれに沢山の会員が参加し会員同士が顔の見える関係を築き、自治会での生活を楽しむようになって来ました。それは、自治会役員を先頭にそれぞれのイベントの関係者が、更なる改善へ向けPDCAサイクルを廻し続けているからです。

平成2511月の第1回要援護者支援避難訓練から訓練終了後の反省会を開催して次年度訓練の改良改善に役立てています。今年度も18()に「第3回要援護者支援避難訓練」の反省会を開催しました。当日は平日にも係わらず15名の災害時要援護者支援隊員が集まり、避難訓練のスライドを観賞した後、訓練状況を振り返りながら、それぞれの訓練の「訓練効果・反省点・次回への提言」の要領で議論をしました。支援隊員だけで無く外部からの意見も参考にするため社会福祉協議会の参加も得て行っています。氷川台自治会の素晴らしいのは、男性支援隊員だけで無く5名の女性支援隊員も出席して女性の立場からの活発な指摘や提言が出てくることにあります。

1 

今回も避難訓練だけの反省会で3時間に渡って熱心な議論が交わされました。この様に、自治会で開催している全てのイベントは、更なる改善へ向けPDCAサイクルを回し続けています。

                                                               氷川台自治会 殿田 俊三