市民活動フェスタ2019“身近な場づくり相談”コーナーに参加‼

 3月10日(日)に市民プラザホールで開催された~くるめボランティア~市民活動フェスタ2019の「じっくり相談コーナー」身近な場づくり相談ブースに氷川台自治会として初めて参加しました。

 少子高齢化に伴い地域コミュニティが希薄になる中で「地域で安心・安全に楽しく暮らす」ためには住民同士の“つながり”が必要不可欠です。現在、東久留米市の自治会・町内会の組織団体数127団体、加入率35.2%(自治会・町内会加入世帯数18,941世帯)で組織団体数・加入率は低下傾向にあります。今後の超高齢化社会の到来や今後30年間に発生する首都直下型地震発生確率30%などを勘案すると早急な“地域づくり”が必要です。
 氷川台自治会では平成23年から自治会会員が “目的を共有して地域づくりに取り組み”大きな成果をあげて来ました。その活動は“地域づくり”の先進事例として大きな評価を得て「平成28年度 ふるさとづくり大賞」団体賞(総務大臣賞)、「平成30年度 あしたのまち・くらしづくり活動賞」内閣総理大臣賞を受賞しました。現在まで平成27年2月の東村山市市民協働課を始めとして、1都7県10市の行政や自治会・町内会連合会などから視察研修に見えました。しかし、東久留米市内の自治会・町内会からの接触は皆無のため、今回「じっくり相談コーナー」で少しでも氷川台自治会の活動に触れて頂ければと思い参加しました。

相談コーナーで「地域づくり」の説明をする

 NHK首都圏ニュース(11/5 18:00~)で放送された画像や新聞紙上に取り上げられた活動をパネル掲示してお知らせしました。

FMひがしくるめのレポートに応じる殿田会長

    ボランティア団体のPRステージで氷川台自治会の“場づくり”について参加者に呼掛ける殿田会長。特に高齢者社会を前に氷川台自治会の災害弱者(要援護者)の把握と避難支援訓練や高齢者対策として「FMひがしくるめ」と提携した緊急告知ラジオの有効性について説明しました。これから氷川台自治会の様に緊急告知ラジオ導入を検討される皆さんはFMひがしくるめに相談して下さい。

                                                                                                    氷川台自治会 

【調査・研究】国土交通省国土交通政策研究所「都市のスポンジ化を踏まえた地域による生活サービス等の空間マネジメントに関する調査研究業務」で氷川台自治会が事例調査のヒヤリングを受けました‼

   2月26日(火)に国土交通省国土政策研究所からの委託を受け、「都市のスポンジ化を踏まえた地域における生活サービス等の空間マネジメントに関する調査研究業務」を実施している(株)日本能率協会総合研究所 交通・まちづくり研究部のヒヤリングを受けました。

国土交通省交通政策研究所 研究調整官と日本能率協会総合研究所 研究員の方に、平成22年から取り組んだ自治会活動経緯を説明する殿田会長

 空き家や空き店舗、空き地等が増加する「スポンジ化」が顕在化しつつある一方で、スポンジ化で生じた民間・公共の空き家・空き地を利活用し、地域に必要なサービスを実践、提供している具体的な取組みを行っている事例として氷川台自治会に調査に見えました。
    ヒヤリング項目は多岐に渡り、氷川台自治会の組織、取り組みの目的・経緯、課題の捉え方、低未利用ストック、取り組みの関係主体、地域の関わり方、外部との関わり、取り組みの成果・課題、取り組みの自立性・発展性、今後の展望、その他とヒヤリングは2時間半にも及びました。
   この様に、氷川台自治会が取り組んだ「空き家・空き地の有効利用」による地域コミュニティの構築や様々なサークル活動・イベント等を通した地域づくり手法は、地域活性化の先進事例として注目されて来ました。

                                                                                  氷川台自治会 殿田 俊三

カリス弦楽四重奏団 四旬節コンサート4月6日(土)15時

聖グレゴリオの家2019年4月のイベント

聖グレゴリオの家
   氷川台自治会の会員である『聖グレゴリオの家 宗教音楽研究所』は,祈り,研究,教育を目的として1979年に設立されました。以来,大変にゆっくりとした歩みですが,祈り,研究,教育の三本の柱を中心としてその目的に向かって様ざまな可能性を試みています。

【視察・研修】千葉県南房総市 富山地域づくり協議会「ふらっと」の皆さんが視察・研修に見えました!

   2月22日(金)千葉県南房総市 富山地域づくり協議会「ふらっと」で地域活動に活躍されている代表20名の皆さんが氷川台自治会の視察・研修に見えました。

 南房総市からアクアライン経由で氷川台に到着した皆さん

殿田会長の説明を聞く参加者の皆さん

 南房総市は、平成18年3月20日に安房郡富浦町、富山町、三芳村、白浜町、千倉町、丸山町、和田町の6町1村が新設合併して誕生し、旧町村単位で地域づくり協議会が結成され、地域の課題を地域で解決するように南房総市民課が地域づくり支援員を派遣し、事務局となって幅広いサポート体制を築かれているようです。
 今回視察・研修に見えた 富山地域づくり協議会「ふらっと」は、南房総市富山地域の住民や団体の方々が一緒になって、地域の課題を話し合い、見つけ、解決していく団体とのことで、参加世帯は3,000世帯を超えるとのことです。

 視察・研修目的は、氷川台自治会が空き家・空き地の有効利用により地域コミュニティ醸成に至った経緯やイベント参加者が増え続けて地域が活性化し続けていること等を中心に視察に見えました。
 氷川台自治会では、
~自分たちの住むまちは自分たちで創っていく~
をまちづくりのコンセプトに、地域の現状や課題を整理し、自ら取り組む活動方針や内容を策定し、計画に基づきコミュニティ(協働意識の向上・活性化)、生活空間(住環境の改善、安心・安全対策)、高齢化社会(高齢者対策・災害弱者支援)など、地域の実情に即したまちづくりに取組んでいることを説明しました。また、活動は大小に関わらずPDCAサイクルを回し続けることが大切であることを強調しました。
参加者の皆さんは熱心にメモを取り、質疑応答も沢山出て予定時間を大幅にオーバーして終えました。帰りのバスの中や、翌日23日(土)のイベントで早速お互いが感想を述べあい意見交換したりする姿が見られたと嬉しいメールが届きました。

                                                                             氷川台自治会 殿田 俊三

「社会福祉法人の地域における公益的な取組み実践発表会」で「ライフパートナーこぶし&氷川台自治会」の協働事例を報告!!

   2月14日(木)午後、大手町「東京ステーションコンファレンス・サピアホール」において「社会福祉法人の地域における公益的な取組み実践発表会」が開催されました。

   これは、東京都・社会福祉協議会が主催するもので、都内にある社会福祉法人から10法人を選抜して、それぞれの地域で実践している公益的な取組みを報告するものです。発表会場にはコメンテーターとして、東京都立大学名誉教授・小林良治先生(東京都社会福祉審議会委員)が参加し、各法人の事例報告ごとにいくつかの質問と、簡単な批評をしてくれます。

200名超の聴衆

コメンテーター・小林良二名誉教授

   10法人の1つに選ばれた「社会福祉法人・龍鳳 ライフパートナーこぶし」からは佐藤和幸・経営本部長が「誰もが笑顔でずっと暮らせるまちに~地域住民と福祉施設が取り組む住みやすいまちづくり~」と題し、ライフパートナーこぶしが氷川台自治会に入会してからの9年間の、自治会との協働による取り組みを事例発表しました。
① 地域(自治会)との関わりときっかけ
   2011年 ☞ 騒音問題で近隣に謝罪の日々を送る中で、自治会加入の誘いを受け入会
   2014年 ☞ 自治会主催のイベントに参加開始(施設で作った焼き菓子販売等)
          災害時相互協力開始(災害時支援協定の締結)
   2017年 ☞ コミュニティバス運行開始(車の提供⇔運転手の提供)
 ② 課題解決:お互いの需要と供給の「いいとこ取り」をして、おぎない合いながら実現

 写真は右回りにコミュニティバス「お助け号」、ふれ合いサロン「氷川台」、要援護者避難支援訓練

事例報告をする佐藤和幸氏

「ヒト・モノ・カネ」:お互いが持つ資源を持ち寄り、無理のない範囲でのコラボレーションが
安心・安全に暮らせる地域づくりに繋がっている。

氷川台自治会サイドから見た取り組みを一言(馬場会員)

 発表後、コメンテーター・小林良二名誉教授から、「言うことのないすばらしい内容で感動した。地域福祉のモデルである。」との評価をいただき、聴衆からもおおきな拍手をいただきました。

                                                                                       氷川台自治会

【環境美化】 見守りネットワーク委員会が「コメリ緑育成財団」から5年連続で活動助成金を贈呈される♪

   氷川台自治会「見守りネットワーク委員会」は、去る2月1日(金)、ホテル日航新潟(新潟市)で行われた、公益財団法人コメリ緑育成財団 「第29回コメリ緑資金」助成金贈呈式に招待され目録を贈呈されました。

 贈呈式(前列中央:捧理事長、左端が氷川台自治会馬場氏)

 「氷川台自治会見守りネットワーク委員会」への目録

 コメリ緑資金とは、(株)コメリ(本社・新潟市)が“私たちの暮らす町が緑豊かなふるさとであってほしい”緑や花に囲まれた美しいふるさとづくりを目的とした活動に企業利益の1%を目安に還元して社会貢献している助成金制度です。

    昭和31年に発足した氷川台自治会の多くの住人は住宅地の歴史とともに歳を重ねてきました。開発時は核家族を念頭に置いた郊外住宅地の設計思想も現在のニーズに合わなくなり、当初からの移住者の高齢化は進み、世代交代の時期を迎えていますが子ども達のライフスタイルは親世代とは大きく異なるようになりました。多くの家庭が共稼ぎを選び都心の交通の便の良いところに住むようになり、住宅には高齢者のみが暮らし続けるようになりました。
氷川台自治会では、平成22年から“住み慣れた氷川台にいつまでも安心・安全に暮らすためには…”をテーマにさまざまな活動を始めました。その活動の一つが平成24年10月から始めた高齢者の「見守り」活動です。「見守りネットワーク委員会」には、24名の会員が登録して75歳以上の一人暮らしや夫婦だけの高齢者を見守っています。訪問しての声掛けや外からの見守り(電気の消灯・雨戸の開閉・新聞受け等)、作業支援(草取り・家具移動・電球交換等)を行ったりして、高齢者の方が氷川台に安心・安全に住み続けていただくための活動をしています。平成27年からは「コメリ緑資金」助成金を活用して、氷川台通り坂部に花壇を造り花で飾って高齢者が外へ出かける動機づけにしています。「見守りネットワーク委員会」のこれらの活動が「コメリ緑育成財団」に認められて5年連続贈呈式に招待されました。

大勢の会員が協力して氷川台通り花壇にパンジーを植え付けています。

ダブルデッキ花壇の上段に植え付けてある芝桜の雑草を取り春の開花を待ちます。子どもさんもお母さんと一緒になって手伝っています。下段にはパンジーが植えられています。

 「明日へ、緑を」コメリ緑育成財団と氷川台自治会の看板

 水やりも会員の大事な作業です。上段には、春を待ち切れず芝桜が狂い咲きしています。

    氷川台自治会の活動は、少子高齢化や2025年問題など様々な課題が山積している中で「公助」に頼るだけでなく、自分達でできる範囲のことは解決していかないと取り残されてしまう危機感の下で活動を展開しています。取り残されても責任は誰にも押し付けることが出来ません。あくまで自分達の行動力の無さが問題になるだけですから。誰かがやらないといけないのです。動けば必ず賛同者は現れてきて課題も見えてきます。東久留米市の自治会・町内会活動補助金は他市に比べたら恥ずかしい程の額です。しかし愚痴を言っても市に金が無いのだから仕方がありません。他の収入減を見つけてチャレンジすれば良いのです。今は幸いに地域団体の活動を支援する助成金制度が多数あります。
コメリ緑育成財団「コメリ緑資金」は、今年度多数の応募の中から全国都道府県435団体へ助成金が贈呈されました。栄えある贈呈式には全国から代表16団体が招かれ財団理事長から直接目録を贈呈されました。今回で5年連続贈呈式に招待されるまでの評価をして頂いたことを重く受け止め、「見守りネットワーク委員会」は「見守り活動」を更に充実させ“高齢者が安心して暮らせるまちづくり”に邁進する所存です。

                                                      氷川台自治会 殿田俊三

氷川台自治会「内閣総理大臣賞受賞」が日本農業新聞で紹介される‼

平成31年1月17日(木)付、日本農業新聞で氷川台自治会が「あしたのまち・くらしづくり活動賞」内閣総理大臣賞を受賞したことが紹介されました。JAグループの機関紙『日本農業新聞』は、国内唯一最大の農業専門日刊紙です。
  農政の動きや農業交渉をはじめ、JAの活動、営農や暮らしに役立つ実用情報、そして農村文化などの最新情報を発信。「農」を支え、「食」を考える新聞として、農業者はもちろん、幅広い読者に読まれています。
この度、氷川台自治会が地域の「空き家・空き地を有効利用」した自治会農園や青空野菜市などを媒体として地域コミュニティの構築を図り、地域を活性化させたことが評価され「平成30年度 あしたのまち・くらしづくり活動賞」内閣総理大臣賞を受賞したことが日本農業新聞に大きく掲載されました。日本農業新聞は、全国で約40万部発行されている日刊紙で、全国の農業関係者やJA関連機関に届けられているようです。これまで、氷川台自治会の活動は幾度か全国紙で取り上げて頂きましたが、記事掲載欄は多摩版のため情報伝達エリアは多摩地域に限られ全国の読者に届くことはありませんでした。
しかし、今回の「あしたのまち・くらしづくり活動賞」内閣総理大臣賞の受賞を通して、読売新聞全国版、NHKニュース、日本農業新聞等の紙面を通して「東京都東久留米市氷川台自治会」の活動が全国に発信されました。

                                                                                                                 氷川台自治会

小島弥寧子 オルガンリサイタル 星のうた 3月2日(土)15時

聖グレゴリオの家2019年3月のイベント

聖グレゴリオの家
氷川台自治会の会員である『聖グレゴリオの家 宗教音楽研究所』は,祈り,研究,教育を目的として1979年に設立されました。以来,大変にゆっくりとした歩みですが,祈り,研究,教育の三本の柱を中心としてその目的に向かって様ざまな可能性を試みています。

【活性化対策】「平成30年度 自治会・町内会講座」~自治会・町内会活動を活発化させるために~ 殿田会長が語る‼

   1月30日(水) 代々木にある「国立オリンピック記念青少年総合センター」で開催された「平成30年度 自治会・町内会講座」(主催:公益財団法人 あしたの日本を創る協会)で講演しました。

 全国に発信された講座チラシ

 「公益財団法人 あしたの日本を創る協会」が、少子高齢化の進行や社会環境の変化などにより自治会・町内会を取り巻く活動は一層厳しいものとなっており、自治会・町内会への加入意識の低下や役員のなり手不足と高齢化、活動のマンネリ化などに悩む自治会・町内会が多いのが事実。そこで、研究者や実践者の講義と参加者同士の意見交換を行うなどにより、現在、自治会・町内会が抱える課題を考え、運営や活動の活性化につなげるために、この講座は開催されています。
 殿田会長が講演依頼を受けたのは、昨年11月に「平成30年度 あしたのまち・くらしづくり活動賞」内閣総理大臣賞を受賞した氷川台自治会の活動を“生の声で参加者に伝えて欲しい”との要請に応えたものです。

会場の国立オリンピック記念青少年国際センターは、1964年に開催された東京オリンピック時の女子選手村だった場所に建設されたものです。

講演会には、北海道~九州まで全国から自治会・町内会関係者、地域活動実践者、行政担当者など100名を超える皆さんが参加されました。

   殿田会長は、氷川台自治会が「平成28年度 ふるさとづくり大賞」総務大臣賞受賞や「平成30年度 あしたのまち・くらしづくり活動賞」内閣総理大臣賞を受賞できるようになった活動の手法や経緯を説明しました。

  高齢化や活動の形骸化に陥った自治会をイキイキした地域に変えたのは、「動き出す」という気持ちと「地道な取り組み」であり
自治会運営で大事なのは、
①活動が継続できる体制の確立(核になる人材の発掘・役員の継続・役員に頼らない組織づくり等)
②活動資金の確保(自治会費・他の補助金等の活用等)
③活動拠点の確保(自己所有・空き家の利活用等)

加入率を高めるためには、魅力ある自治会・町内会でなければならない
 ②地域住民のニーズ(何を求めているか)を把握する
 ③役員に負担が掛からないような運営をする
 ④子供と高齢者を大切にする活動
 ⑤災害に強い自治会・町内会を目指す(行政に頼らず)
 ⑥地域住民が参加し易いサークル・イベントを実施する
 ⑦自治会・町内会で行っていることの発信(細やかな情報発信)
  ・未加入世帯住人が目で見て自治会・町内会活動を知る様にする(掲示板の利用)

など、自治会・町内会への加入意識の低下や役員のなり手不足と高齢化、活動のマンネリ化などの課題を抱えて全国から参加された皆さんへ、氷川台自治会が8年間の活動を通して得たポイントを紹介しました。
 会長の講演終了後の休憩時間に殿田会長の周りに名刺交換の列が出来ていました。後で聞いたら1都5県10市の関係者の皆さんと挨拶を交わしていました。

   自治会は、地域住民のふれあいや交流活動のほかに、自分たちの地域を住みよい町にするため、お互いが協力し合いながら様々な活動に取り組み、自主的に運営を行う団体であり、地域コミュニティづくりの担い手になります。個人個人ではなし得ないことができるのが自治会組織であり地域の支え合いです。地域で安心・安全に楽しく暮らし続けるためには、地域に住む住人同士がつながらなければなりません。まず、一歩を踏み出し仲間づくりから始めましょう。

                                                                                                 氷川台自治会

氷川台びより「第10回もちつき大会」大盛況♪

   新年恒例の第10回餅つき大会を14日(月・祝)11:00、自治会本拠地小山台遊園で開催しました。もともとは、13日開催の予定でしたが、5日前の天気予報で、雨天と出たので、予備日の14日に変更しました。実際には、前日の晩に雨が降りましたが、13日は晴天でした。14日はさらに暖かく、風もない穏やかな1日となり、結果的には、「延期は正解」となり、いずれにしても、「氷川台自治会のイベントは天気に恵まれる」ジンクスは途切れることはありませんでした。また、この5年間「聖グレゴリオの家」を会場にしてきましたが、今回グレゴリオの行事と重なったため6年ぶりの小山台遊園開催となりました。
   前日の午後から、イベント委員を中心に、多くのスタッフが活躍します。臼・杵の手入れ、もち米の研ぎ、トン汁材料の準備、かまどの設置等々・・・

    当日は、開会の3時間前、8時過ぎから作業開始です。
    先ずは看板を立てます。

   「かまど」は3基を設置、プロパンガスを使い、3段蒸籠でもち米の蒸し上げを、3つの大鍋ではトン汁を煮ます。トン汁の具はかまど横のテーブルで手際よく調理。

   一方、会場では、子供たちの好物ポップコーンの焼き上げ準備が進みます。

   映像担当の中島さんはカメラの設置を・・・

   そして1時間後、餅つき開始。開会と同時に参加者にもちを配布できるように事前に3臼を突き上げます。

    つきあがったもちは、自治会館内で女性スタッフが総がかりで一口大に丸めます。いろどりは、あんころもち・からみもち・きなこもち・ごまもち・チーズいそべの5種類。並行して、トン汁も出来上がります。

    2日がかりの準備を積み上げ、11時に開会です。すでに100名近い参加者が待ちかねています。殿田会長の開会のあいさつ。

   殿田会長は、開会あいさつで「氷川台自治会のイベントは天気に恵まれるというジンクスは健在です。昨年は自治会9年間の集大成として、あしたのまち・くらしづくり活動賞・内閣総理大臣賞を受賞しました。今年は元号も変わる節目の年です、スクラップアンドビルドとも言われています、ここで一歩立ち止まり、この9年間を見直してみませんか。そして改革すべきはところがあれば改革を進める年にしたいと思います。そのためには皆さんと一つになり、心を合わせて取り組んでゆきましょう。今日は心行くまで楽しんでください。」と述べ、開会を宣言しました。

   そして、恒例の「氷川台一家」の記念撮影です。画面に入りきれません。

    記念撮影が終わると、スタッフにより素早くテーブルにご馳走が並び、テーブル前には行列ができます。

   皆さん自宅から持参したお皿に好きな餅を入れて貰い、お椀には具だくさんのトン汁と両手に花で、つくりたての美味しさに口元もほころんでいました。用意されたベンチは満席状態になり、立ち食いの参加者も嬉しそうです。

   参加者の皆さんのおなかが落ち着いた頃、実演としてのもちつきが始まります。腕自慢の男性が飛び入りでつき手を買って出ます。もちろん女性も・・・そして子供たちは、行列をして順番を待ち、子供用の杵で貢献します。

    今年も、自治会外近隣の方たちも多く参加してくれました。開局半年のFMひがしくるめのパーソナリティーの皆さんも、「和/なごみ」さんをはじめ10名の方たちが、放送の合間を縫って参加してくれ、局に戻って、もちつき大会の様子を放送してくれました。

「和/なごみ」さん

   あっという間の2時間半、8臼ついたもちも、トン汁も、ポップコーンも完売しました。参加者は今回も200名超。
   終了後、すぐに跡かたずけです。10年目ともなると手際よく、1時間足らずで元の状態に戻りました。
  そして、自治会館でスタッフの反省会です。その日のうちに改良すべき点を1時間以上かけて出し尽くし、来年の課題にします。

  自治会改革の活性化手段として開始した餅つき大会も10回目となりました。ここ数年は毎回200名前後が参加して会員の生活リズムの中に溶け込んだイベントになって来ました。回数を重ね参加者が増えるごとに地域コミュニティも濃くなってきます。氷川台自治会の活動が知れるにつれ、他県他市の町内会・自治会から問い合わせが多く来るようになりました。その中で必ず出てくるのが、役員のなり手が無い、若い世代が行事に参加しない、メンバーが固定して活動が形骸化して困っているが、高齢化への対応は、地域コミュニティの構築は…等の課題です。
  氷川台自治会でもこれらの全ての課題が解決されている訳ではありません。現状に満足することなく課題解決へ歩み続けています。今回の餅つき大会を世代交代へのステップと位置付けて実施しました。過去の餅つき大会は、リタイヤ組(高齢者)が全てのポジションの主導権をもち応援要員も高齢者中心に配置されてきましたが、今回から主要ポジションは現役世代に主導権を委譲し、チーフとして采配を振るってもらいました。応援要員を含めたスタッフ50名の内30名は現役世代の参加を促し、全てを丸投げするのでなく従来主役を担っていた高齢者組はサブ要員として若手を支えました。
  若手とはいえ皆さん30歳代~50歳代の現役バリバリ、勤務先でも主要ポジションで鍛えられているだけに見事なチームワークでした。地域は人材の宝庫と言われますが、まさしく氷川台自治会に眠っていた優れた若手人材が掘り起こされた第10回餅つき大会でした。これからホップ・ステップ・ジャンプと三段跳びのように世代交代に挑戦したいと思います。(殿田会長談)

                             氷川台自治会