【高齢者対策】いきいき倶楽部企画昼食会第2弾「川松のうな重でスタミナをつける会」♪

   5月に「舞子の集い」と銘打って「手まり寿司弁当」を会食する第1回のいきいき倶楽部昼食会が自治会館で実施され、大好評でした。この昼食会は「オレンジカフェ・氷川台のえんがわ」に集まった倶楽部会員の談話のなかから、「美味しい弁当でも皆で一緒に食べよう」ということで企画されました。

ポスター

 第2回の今回も、同じく7月の「オレンジカフェ」参加者の会話で「土用丑」が話題になり、「うなぎの蒲焼」を食べたいとなりました。「カフェ」の終わるころには、企画は大半出来上がっていました。ポスターは「川松のうな重でスタミナをつける会♪」となりました。
「土用」は過ぎてしまっていましたが、まだまだ残暑の厳しい8月22日、小山台遊園に17名の参加者が集合。

集合場所には、料亭「川松」の送迎バスが迎えに来てくれました。

送迎バスは料亭の前に、90歳代の参加者も楽に移動できます。

 この昼食会の2週間ほど前に、テレビ番組「出没!アド街ック天国」で東久留米が取り上げられ、この「料亭・川松」が紹介されました。川松の席に着いた参加者は、このテレビ番組の話でひとしきり盛り上がりました。

テレビ番組の一場面。

昼食会の献立。ビールも付きます。

料理を堪能した参加者は、スタミナをつけて満足そうです。

 食後の一休みののち、再び送迎バスで氷川台に戻りました。今回の昼食会に満足した参加者の皆さんは、また、同様の企画をしてほしいともらしました。
つながり・支え合う地域住民の輪のひとつとしての「昼食会」は、いきいき倶楽部のイベントとして定着するでしょう。
                             氷川台自治会