【高齢者対策】氷川台自治会「いきいき倶楽部」ゲートボールクラブが発足♪

    今年4月、氷川台自治会の65歳以上の登録会員相互が「支え合い・助け合い」の充満した活動組織を自ら創り、地域のニーズに応じた様々な活動を展開することで、高齢者の生きがいと健康づくりを推進するための活動を開始したクラブの登録会員は早くも100名を超えました。
    65歳以上の会員組織として発足した「氷川台いきいき倶楽部」は従来の老人会組織とは異なり、倶楽部のコンセプトを
氷川台自治会を基盤とする高齢者自身の自主的な活動組織であり、地域のニーズに応じた様々な活動を展開することで、高齢者の生きがいと健康づくりを推進する組織。
氷川台自治会と連携した活動により、従来自治会が担っていた多種多様なサークルやイベントの一部を担い、自治会役員の任務軽減を図ると共に自治会会員高齢者の受け皿となりえる組織。
高齢者の閉じこもり予防や次世代育成支援、地域の再構築等の社会を取り巻く様々な問題に対応した組織、生涯現役社会の実現にもつながる重要な活動組織を目指す。
地域包括ケアシステムの一翼を担う介護保険制度の見直し(新しい介護予防・日常生活支援総合事業)を踏まえ、地域支援事業に向けて「氷川台自治会いきいき倶楽部」で活動する会員が介護予防・生活支援サービスの担い手になる。
会員は、会員同士の親睦を図ることは勿論、多種多様なサークルやイベントに積極的に参加し、ストレスのない地域づくりと健康寿命の延伸に努める。

に活動を展開しています。

9月16日(月・祝)の敬老の日にゲートボールクラブの発足式が氷川台会館で開催されました。 発足当初から15名の参加申し込みがあったそうで、発足式には10人が出席して練習日や運営方法の相談が行われていました。

 昨年11月に受賞した「平成30年度 あしたのまち・くらしづくり活動賞」内閣総理大臣賞の副賞(20万円)でゲートボールスティックやボール等の道具が購入されました。真新しいスティックを手にした殿田顧問。

発足式を終えた参加者は、真新しいスティックを手にして小山台遊園に飛び出し練習を始めました。

    氷川台自治会では、高齢者自ら立ち上がり「自分たちのまちは自分たちで創っていく」をモットーに新たな活動を展開しています。

                                                                                           氷川台自治会

【地域コミュニティ】東北地方へも拡散する氷川台自治会のまちづくり! 

   氷川台自治会の“まちづくり”活動事例が東北地方にも拡散することになりました。9月10日(火)に宮城県「すばらしいみやぎを創る協議会」の依頼により、「白石川堤一目千本桜」で有名な柴田郡大川原町大河原合同庁舎で「すばらしいみやぎを創る推進委員」の皆さんを対象に氷川台自治会の活動事例を紹介してきました。

大河原合同庁舎での「すばらしいみやぎを創る推進委員研修会」

    すばらしいみやぎを創る協議会は、活力ある個性的で心豊かなすばらしいみやぎを創る運動(県民運動)を推進することを目的とした宮城県市長会他87機関・団体で構成されている団体です。明るく、住みよく、安全で安心な地域社会の実現を目指して、関連団体等との情報交換や交流の促進を図りながら、4つの運動の柱をテーマに活動を展開されています。
【4つの運動の柱】
   ①安全で安心なまちを創る運動
   ②心の通い合う地域を創る運動
   ③美しい生活環境を創る運動
   ④地域文化を大切にする運動
   10日に実施された「令和元年度すばらしいみやぎを創る運動推進委員研修会」は、素晴らしい宮城を創る運動の実践を率先して行う「推進委員」の資質向上を図る目的で実施されたものです。
    研修会参加者は、運動推進委員として地域づくりに対する高いスキルの持ち主で、既に各々の地域でリーダーとして「安心・安全で暮らしやすいまちづくり」に取組んでいる方々でした。
   すばらしいみやぎを創る協議会の「4つの運動の柱」は、氷川台自治会のまちづくりのコンセプト
   「~自分たちのまちは自分たちで創っていく~」

に通じ、県民(住人)一人ひとりが主役となり、多様な活動主体(サークル等)が協働・連携して地域社会(自治会)の絆を深めていくことで「安心・安全で暮らしやすいまち」が創られていきます。
    氷川台自治会の9年間の活動を通して「まちづくり」に実践してきたことを紹介しました。形骸化した自治会を「活動のない日がない自治会」に変えたのは、動き出すという気持ちと地道な取り組みであり、

  何から始めればいいの? きっかけは何なの? 誰と始めればいいの?
       活動拠点はどうするの? 資金はどうするの?

氷川台自治会の最初は?????だらけでした!
「自分たちのまちは自分たちで創っていく」のコンセプトの下で、行政に頼らず一つひとつ解決してきた結果の積み重ねが現在のコミュニティを生み出しました。
まず、一人で考え悩んでいないで仲間を募って外に向かって行動を起こすことです。 

    2011年3月11日、東日本大震災で多くの仲間が津波の犠牲になった自治会長は、復興住宅に移転したが集落が道路で分断されたりして昔のようなコミュニティが戻らない。と、大きな課題を抱えておられました。今回の講演会は、東日本大震災の復興の過程において、県民一人ひとりが主役となり、活力ある個性的で心豊かなすばらしいみやぎを創る運動(県民運動)を推進する委員が対称だけに参加者の皆さんの熱意がひしひしと伝わってくる研修会でした。

 

    12日(木)には、山形市南山形地区振興協議会の皆さんが氷川台自治会の「地域づくり」視察研修に見え市役所7階会議室で活動事例を紹介しました。

市役所701会議室での講演会

    東北地方からは、10日の宮城県柴田郡大川原町での「すばらしいみやぎを創る協議会」講演会に続いての講演になりました。

    南山形地区振興協議会の皆さん20名は、早朝7時、に山形市をバスで出発し氷川台自治会の視察研修に見えました。南山形地区は、昭和初めに住宅地の造成を幾多と繰り返して来て、更に平成に果樹栽培丘陵地をニュータウン開発(世帯数850世帯・目標1,700世帯)されたことで山形市内でも南山形地区は人口増加(総世帯数3,200世帯)を見ています。当初開発された地区は高齢化が進み空き家・空き地の増加が見られるようになってきており、地域の空洞化を懸念される協議会の皆さんが氷川台自治会で取り組んで来た「空き家・空き地を利用した地域の活性化」について視察研修に見えました。

    氷川台自治会も現状で満足し安閑としているわけにはいきません。昭和30年初頭に開発された氷川台の地に、都心に勤めるホワイトカラー族が移り住み、数々の“郊外神話”を生み出した先住民も後期高齢者の末期に近づき、第2世代も定年後氷川台にひきこもり後期高齢者世代の中心となり、第3世代への世代交代の時期を迎えています。第3世代のライフスタイルは親の世代と大きく異なり共働き世代が多くなってきています。
 世代交代とともに、転居等による転売や宅地の小規模開発(分割)により自治会世帯数も20~30世帯は増加すると思われます。多分、氷川台地区が住宅地としての評判を維持できるなら、今後も若者世代が移り住んで住宅地の若返りが図れるものと思います。
 一方、高齢化率34%弱の現状から推察すると、超高齢化住宅地域の名誉(?)ある冠は当分拭えそうにありませんが、開発時から住み続ける先住民一族と新規入居の若者世代が仲良く暮らす地域になっているものと思います。その為にも、現在進めている自治会活性化への取組みや高齢者対策を遅滞なく進め、介護移住の心配をしなくても良い「地域の支え合い」を大事にする自治会でありたいと思います。

                                                                                              氷川台自治会

【高齢者対策】高齢者「見守り活動」7年間の歩み!

 9月8日(日)見守りネットワーク委員会主催による「第28回見守り報告会」を氷川台会館で開催しました。平成24年10月から開始した「見守り活動」も開始以来、氷川台自治会の高齢者は見守り支援隊員に支えられ数々の“物語り”を創って7年経過しました。
 この日に開催した「第28回見守り報告会」(1回/3か月)は特別な報告会となりました。平成24年10月の見守り活動開始以来7年間に亘り、自治会高齢者の安心・安全確保に尽力いただいた3名の方が見守り支援隊員を除隊されることになり、長年の労に報い感謝の昼食会兼慰労会としました。

最後となった見守り報告会では、7年間の労に感謝して3名の方に生花が贈られました。

この日報告会は、24名の支援隊員のうち15名が出席して仕出し弁当を食べながら7年間の思い出話しの花を咲かせました。

 氷川台自治会の「見守り活動」の歴史を紹介しますと、平成22年に自治会長に就任した殿田会長が、東久留米市主催の「平成22年度見守りネットワーク事業連絡会」に出席して「見守り」の必要性を認識したのが始まりです。会長が留任し継続的な取り組みが可能になる体制を創り、平成23年度から自治会改革に着手すると同時に高齢者対策の必須科目となる「見守り活動」の勉強会を東部包括センター長を招いて行いました。勉強会を数回重ねた一年後の24年5月に「見守りネットワーク検討委員会」を立ち上げました。

24年5月に開催した「第1回見守りネットワーク検討委員会」のメンバーは、自治会役員・防災会役員・自治会会員代表・氷川台サンライズ(老人会)・氷川台2丁目担当民生委員・ライフパートナーこぶし(準会員)・東部地域包括センター・(NPO法人)ワーカーズコープ東久留米地域センター事業所の14名です。

 「見守り活動」の勉強会を重ねるのと並行して75歳以上高齢者対象に「地域支え合いアンケート」を実施して「見守り」の必要性を確認しました。75歳以上130名を対象にしたアンケートは82%の回答を得て、見守りの外堀は埋められ、24年10月に「見守りネットワーク検討委員会」は「見守りネットワーク委員会」へ格上げされ「見守り活動」をスタートしました。
 75歳以上の見守り希望者17世帯22名を見守り支援隊員24名での「見守り活動」が本格的な活動を開始しました。見守り活動は、雨戸の開閉・新聞受けの確認・電気の点灯消灯等の静的見守り、訪問声掛け等の動的見守り、家具移動・ごみ捨て・庭の草取り・植木の選定等々活動は多岐にわたります。3か月毎に開催する「見守り報告会」では、見守り対象者の状況報告や今後の見守り方法の確認など繰り返し、情報を共有しながら氷川台の高齢者が安心して住み続けるために支え続けた7年間でした。今回、見守り支援隊員から退かれた3名の会員さんは「見守り活動」開始と同時に支援隊員登録をされ、7年間にわたり女性だから気付くきめ細やかな見守り活動で見守り支援希望者の信頼を得てこられました。また、24年のスタート時に見守り支援隊員登録した24名の会員全員が7年間継続して「支え合い」の先頭に立っている素晴らしさが氷川台自治会にあります。

3か月毎に開催される「見守り報告会」では、見守り対象者の生活状況が報告され、気になることがあれば全員で協議して対策を講じていきます。

見守り作業支援隊員が一人住まい高齢者宅の庭の草取りをしています。

大雪の後は見守り作業支援隊員が順次高齢者宅の玄関先の雪掻きをして回ります。

 氷川台自治会では、自治会活性化と共に若返りが進み高齢化率も37%から33%に低下しましたが、75歳以上の高齢者数は横ばいで推移しています。子どもも高齢者も“安心・安全に住み続けられる地域づくり”を目指す活動に終わりはありません。会員の強い「絆」と「支え合い」が推進力となる「見守り活動」は、高齢者が氷川台で暮らし続ける “大きな支え”になっています。

                                                                                                  氷川台自治会

【環境対策】氷川台通り花壇に初登場!秋田緑化農園で生まれたほうき草ポサリン‼

 氷川台通り花壇で猛暑にも負けず通りを行きかう人々を癒してくれたひまわり(サンフニティ)は、今年の猛暑日の連続には耐えきれず昨年より早く終わりを告げました。ひまわりの姿が消えた花壇を寂しがり次は何を植えるのですか。と、多くの皆さんが期待をされるため自治会会員の秋田緑化農園さんと相談しコキア(ほうき草ポサリン)を植えてみることになり、9月3日(火)に会員が植え付けを行いました。

今年の夏もひまわり(サンフニティ)が沢山の花を付けて楽しませてくれました。

*ほうき草ポサリン
ボクは水と緑のまち東京都東久留米市の秋田さんちで生まれた「ほうき草」だリン。
おひさまとお水が大好きなんだ。 とくぎは人を癒すことなんだリン。
おっきい鉢かお庭に植えてくれたらボクおっきくなっちゃうかもよ。
みんな「ポサリン」って呼んでね。

 

 

 秋田緑化農園で生産された植え付け前のほうき草ポサリン

 これから大きくなるため約1m間隔で永寧に植え付けました。

 花壇に一列に並んだほうき草ポサリン

    ライトグリーンのポサリンは、丸々とした可愛らしい形と、柔らかな感触が特徴で見ても触っても楽しめます。9月下旬から10月上旬頃にかけて、夏の緑色から少しずつ紅葉し始めるそうです。
   楽しみにして下さい。

                                                                                               氷川台自治会

【高齢者対策・活性化対策】自治会活動の拠点!氷川台会館の備品の軽量化‼

    自治会活動の拠点、氷川台会館では多くのサークル活動やイベントが毎日行われています。会館を利用する高齢者にとって備え付けの備品(会議テーブル・パイプ椅子)は古くて重く負担になっていましたが、平成31年度自治コミュニティ助成金が認められアルミ製の会議テーブル・パイプ椅子に入れ替えました。

 軽量折りたたみ長机・アルミ脚会議テーブル10台

 軽量折り畳みパイプ椅子(アルミパイプ)40脚

パイプ椅子は高齢者に優しいポリウレタンレザー付

パイプ椅子は収納台車に収まりすっきり。
 

    これで氷川台会館を利用する高齢者も安心して備品の出し入れが出来るようになりました。

                                                                                            氷川台自治会

【安心・安全対策】救急車を待たずに行動する!自治会でAEDを購入配備‼

    この度、氷川台自治会ではAED(自動体外式除細動器)を導入配備しました。高齢化の進行や災害の発生など多くの要因で救命救助の行動がますます大切になっています。氷川台自治会では、これまで春の防災訓練・秋の要配慮者支援避難訓練などで必ずAEDを用いた救命処置訓練を実施してきましたが、自治会でAEDを保有していなかったため毎回消防署のAEDで訓練をしていました。

緊急の時に直ぐに取りに来られるように氷川台会館入り口に配備されたAED

会員の安心・安全に大きく寄与するであろうAED本体

    高齢化率33%強の氷川台自治会では、会員のコミュニティが活性化すると共に様々なイベントやサークル活動が活発に展開され、高齢者は自分の趣味趣向に合わせて積極的にサークル活動に参加しています。平成24年10月から開始した健康体操教室には現在90歳を過ぎた会員も複数名参加して体力維持に努めています。その他にも、毎朝のラジオ体操やマージャン教室・囲碁愛好会・将棋倶楽部・うどん打ち教室・そば打ち教室・オレンジカフェ・ふれあいサロン・サンドウイッチ販売会・焼き菓子販売会・こだわりパン販売会・子育てサロン・フラダンス教室など小山台遊園と氷川台会館は会員のふれあいの場となり多くの会員が出入りしています。
 この様な中で常に付きまとっていたのが、もし緊急事態が発生したら…でした。
人が倒れているのを見つけた場合、何をすればいいの?
救急車が到着するまでに行うことは次の3つです。

1)119番への通報

2)AEDの手配

3)心肺蘇生法(CPR)の実施です。

 人間は心室細動により意識・呼吸が失われると、発生から1分ごとに救命率が7~10%下がると言われ、いかに早く 救命処置を行うかが重要と言われています。いざと言う時の為に、自治会としてAEDの操作法や心肺蘇生法など、救命救助に必要な取り扱いの講習会等を繰り返し実施してきましたが、一分一秒を争う状況にも関わらず自治会でAEDを保有配備していませんでした。
この度、平成31年度自治コミュニティ助成金を受けて念願のAEDを購入配備しました。

   AED本体と一緒にAEDトレーニングユニットも購入しましたので、いつでも会員が救急救命訓練できるようになりました。

                                                                              氷川台自治会

【高齢者対策】いきいき倶楽部企画昼食会第2弾「川松のうな重でスタミナをつける会」♪

   5月に「舞子の集い」と銘打って「手まり寿司弁当」を会食する第1回のいきいき倶楽部昼食会が自治会館で実施され、大好評でした。この昼食会は「オレンジカフェ・氷川台のえんがわ」に集まった倶楽部会員の談話のなかから、「美味しい弁当でも皆で一緒に食べよう」ということで企画されました。

ポスター

 第2回の今回も、同じく7月の「オレンジカフェ」参加者の会話で「土用丑」が話題になり、「うなぎの蒲焼」を食べたいとなりました。「カフェ」の終わるころには、企画は大半出来上がっていました。ポスターは「川松のうな重でスタミナをつける会♪」となりました。
「土用」は過ぎてしまっていましたが、まだまだ残暑の厳しい8月22日、小山台遊園に17名の参加者が集合。

集合場所には、料亭「川松」の送迎バスが迎えに来てくれました。

送迎バスは料亭の前に、90歳代の参加者も楽に移動できます。

 この昼食会の2週間ほど前に、テレビ番組「出没!アド街ック天国」で東久留米が取り上げられ、この「料亭・川松」が紹介されました。川松の席に着いた参加者は、このテレビ番組の話でひとしきり盛り上がりました。

テレビ番組の一場面。

昼食会の献立。ビールも付きます。

料理を堪能した参加者は、スタミナをつけて満足そうです。

 食後の一休みののち、再び送迎バスで氷川台に戻りました。今回の昼食会に満足した参加者の皆さんは、また、同様の企画をしてほしいともらしました。
つながり・支え合う地域住民の輪のひとつとしての「昼食会」は、いきいき倶楽部のイベントとして定着するでしょう。
                             氷川台自治会