【地域コミュニティ】静岡県中西部2市に広がる氷川台モデルの地域づくり♪

 「平成28年度ふるさとづくり大賞」団体賞(総務大臣賞)の受賞を契機に、全国各地の地方自治体や自治体自治会連合会・大学研究機関・民間シンクタンクなどからの視察が続いていましたが、昨年11月に受賞した「平成30年度あしたのまち・くらしづくり活動賞」内閣総理大臣賞を期に、視察研修や講演依頼が増え続けています。
 令和元年度に入ってから毎月2~3件の視察研修や講演依頼があり氷川台自治会モデルの紹介をしています。7月は既に5日に静岡県袋井市自治会連合会(まろにえホール)視察研修の受け入れ、20日は「第31回ローカル・ガバナンス研究会」に招かれ山梨学院大学での講演、22日静岡県藤枝市自治会連合会の視察研修(市役所会議室)と氷川台自治会の活動事例が拡散しています。
                                          視察研修会場の市役所703会議室
                            自治会連合会自治会長40名の参加者
殿田顧問を中に市役所玄関前で記念写真におさまる自治会連合会自治会長40名の皆さん

静岡県袋井市と藤枝市から視察研修を受けましたが、驚いたことに両市とも自治会加入率が85%強「袋井市85.3%(31年4月)、藤枝市85.7%(30年4月)」の高率であることです。両市とも自治会組織はピラミッド型で連合会長・自治会長の下に区域を単位とした組織がそれぞれ結成されて活動しています。高率の加入率に甘んずることなく、行政と自治会連合会が更なる課題解決に向けて氷川台自治会の活動事例の中からヒントを求めて遠く東久留米市まで見えました。

氷川台自治会