【環境対策】会員の協働意識が守り育てる、地域の財産♪

    7月13日(土) 9時~11時 恒例になっている東久留米ふれ合いボランティアの皆さんと氷川台緑地保全活動作業(草刈り)を行いました。連日の雨天・梅雨の真最中なので、雨が心配されましたが、幸いの薄曇りでした。気温はそれほど高くはありませんでしたが、風がなく蒸し暑い中、氷川台自治会からは18名の会員が参加しました。

作業前の氷川台緑地。雑草が繁茂して緑地内の見通しが悪くなっていました

 昨年から、民家の隣接する道路側の樹木が、倒壊の危険が高いということで、緑地管理者の東京都によって何本も伐木除去され、日当たりのよくなった緑地の草は例年の倍ほどに繁茂しています。昨年の台風よる倒木を受けて、さらに10数本が伐木される予定だそうです。

東久留米自然ふれあいボランティアの方から作業内容の説明を受ける会員

    例年にない雑草の繁茂のため、自治会所有のエンジン草刈り機と会員所有の電動草刈り機を、特に繁茂の激しい西側に投入しました。あとは、ふれあいボランティアの皆さんと自治会員による人海戦術です。

エンジン草刈り機

電動草刈り機

手作業の人海戦術

自治会児童が通学路としている道路脇の雑草も綺麗に刈り込まれ安心・安全な通学路になりました。

背丈に迫ろうとした雑草も綺麗に刈り取られ明るい氷川台緑地になりました。

    東久留米ふれ合いボランティアの皆さんが緑地保全活動で、年4回 氷川台緑地の整備にやって来てくれていることを知り、「安心・安全で暮らしやすいまち」を目指した活動を開始していた自治会では、2012年5月から地域活性化への取組み「住環境の改善」と「協働意識の向上」活動の一つに位置づけて緑地保全活動に参加しています。毎回参加する会員や仕事の都合などで時々参加する会員等様々ですが、今回も18名の参加者を数えました。氷川台緑地の整備に関わる前は、不審者情報や痴漢出没事件が発生していましたが、緑地が整備されてから事件の話は殆ど聞かれなくなりました。
草刈りに参加した会員は、作業した後の爽快感と綺麗になった緑地を見て充実感に浸っています。

                          氷川台自治会