【環境美化】夏の花の代表花「ひまわり」が氷川台への来訪者をお迎えします♪

    5月26日(日)陽射しが強くなる前、氷川台通り花壇に、元気で明るい氷川台自治会を象徴するひまわり(サンフニティ)を昨年に続き植え付けました。夏の青空に似合うヒマワリは子どもから大人まで人気の花で、元気で明るいイメージの夏の花の代表花です。

 入荷した植え付け前のヒマワリ苗の中に“咲いたらこうだよ”と、一足早く一輪だけ咲いていました。

 13名の会員さんがヒマワリの植え付けを行いました。

昨年も沢山の花を咲かせたひまわり(サンフニティ)は3か月で100輪咲くとのことです。通常のヒマワリは種がついて、その種に栄養が取られてしまい次の花が咲きにくいが、このサンフィニティは種が出来ないので花が咲きやすいそうですよ。

140株を植え付けましたが一輪だけ花が咲いていますので、皆さん楽しんで下さい。これから脇の花が次から次へと咲いてきます。

昨年8月の氷川台通り花壇に夏の太陽をいっぱい浴びて、沢山の花を元気いっぱいに咲かせたひまわりの姿です。

 5月の氷川台通り花壇には、上段部に芝桜のピンクの帯、下段に色とりどり(黄色・紫・白・橙など)のパンジーが咲き、通りを行き交う人々を癒してくれました。

   これから氷川台通り花壇は、夏の陽射しをいっぱいに浴びて、元気いっぱいに咲いたひまわりが訪れた人々を元気付けてくれます。是非足を運んでください。

*氷川台通り花壇の花は、氷川台自治会見守りネットワーク委員会が、公益財団法人コメリ緑育成財団「第29回コメリ緑育成資金」の助成金を受けて育成管理をしています。

                                                                                                        氷川台自治会