【高齢者対策】令和の幕開けを祝うオレンジカフェ「氷川台のえんがわ」♪

     5月2日(木)12時から氷川台会館で、令和第1回目のオレンジカフェ「氷川台のえんがわ」を開催しました。午前中は小雨がぱらついていましたが天気も回復し、“舞子の集い”に集まった参加者の若さ(?)と熱気に包まれました。

   ゴールデンウイーク前の“ふれ合いサロン”に集まった皆さんが、10連休でも遊びに行く所も無いし・・・の会話が切っ掛けで、美味しい弁当でも皆で一緒に食べよう。となりました。
駅北口の「こめ結い 花つづみ」で手まり寿司と京料理が楽しめる店があるとの情報で、手まり寿司弁当を取りよせて一緒に食べる「舞子の集い」開催が決定しました。

 豪華な「手まり寿司弁当」は、味は勿論、目で見ても美味しさが感じられる満足度100%でした。 会員さんに、吸い物(竹の子は金山町産、菜の花は東久留米産、ワカメは南三陸産)を用意して頂き、豪華弁当に吸い物・ビール付きの昼食会になりました。

 2025年問題には地域コミュニティの活性化と共に見守り体制の構築を重要課題と捉え、平成23年から様々な活動を展開してきた氷川台自治会は、令和の幕開けと同時に “つながり・支え合う”“地域住民の輪”が大きく羽ばたいて来ました。
                                                         氷川台自治会