【活性化対策】平成最後のイベント「第3回落語会&第4回花見会」は大盛況♪ 【落語編】

 氷川台自治会の年度末3月31日(日)に平成時代の最後を飾るイベント「落語会&花見会」を開催しました。氷川台自治会の“神ってる晴れ男”会長の神話は壊れることなく前日まで続いた「花冷え」の天気も、イベントが始まる午後からは晴れ間が覗き絶好の“花見びより”になりました。
   平成最後のイベントは豪華な2本立て、氷川台の遊子こと三遊亭遊子(二つ目)「花見落語会」を13時~、自治会会館前の山桜を囲んだ「第4回花見会」を15時~開催。

   氷川台の遊子(三遊亭遊子)の落語会も3回目になりますが、落語会を開く切っ掛けも自治会活動が活発になりお互いの顔の見える関係がもたらした副産物です。昨年度の自治会役員になられた会員さんが、自治会イベント(懇親会)の席でご子息が落語を勉強中との話が始まりでした。

 氷川台会館は三遊亭遊子フアン(?) で満席になりました。

ビックリしたのは板橋区大山から電車を乗り継いで来られた女性や三遊亭遊子を応援しているからと知らない女性の方3名が最前列に陣取って落語を楽しまれていました。

    三遊亭遊子のコロコロ変わる表情や声色で、会場は笑いに包まれ、会場全体が笑いで包まれる一体感がありました! 自治会活性化の新規分野への取り組み(落語会)は、コミュニケーションの潤滑油としても人間関係を豊かにしてくれるだけでなく、何より笑っていると、気分が爽快になります。今後も三遊亭遊子の落語会を定期的に開催しますので自治会以外の皆さんも遠慮なく参加して下さい。

                                                                                       氷川台自治会