市民活動フェスタ2019“身近な場づくり相談”コーナーに参加‼

 3月10日(日)に市民プラザホールで開催された~くるめボランティア~市民活動フェスタ2019の「じっくり相談コーナー」身近な場づくり相談ブースに氷川台自治会として初めて参加しました。

 少子高齢化に伴い地域コミュニティが希薄になる中で「地域で安心・安全に楽しく暮らす」ためには住民同士の“つながり”が必要不可欠です。現在、東久留米市の自治会・町内会の組織団体数127団体、加入率35.2%(自治会・町内会加入世帯数18,941世帯)で組織団体数・加入率は低下傾向にあります。今後の超高齢化社会の到来や今後30年間に発生する首都直下型地震発生確率30%などを勘案すると早急な“地域づくり”が必要です。
 氷川台自治会では平成23年から自治会会員が “目的を共有して地域づくりに取り組み”大きな成果をあげて来ました。その活動は“地域づくり”の先進事例として大きな評価を得て「平成28年度 ふるさとづくり大賞」団体賞(総務大臣賞)、「平成30年度 あしたのまち・くらしづくり活動賞」内閣総理大臣賞を受賞しました。現在まで平成27年2月の東村山市市民協働課を始めとして、1都7県10市の行政や自治会・町内会連合会などから視察研修に見えました。しかし、東久留米市内の自治会・町内会からの接触は皆無のため、今回「じっくり相談コーナー」で少しでも氷川台自治会の活動に触れて頂ければと思い参加しました。

相談コーナーで「地域づくり」の説明をする

 NHK首都圏ニュース(11/5 18:00~)で放送された画像や新聞紙上に取り上げられた活動をパネル掲示してお知らせしました。

FMひがしくるめのレポートに応じる殿田会長

    ボランティア団体のPRステージで氷川台自治会の“場づくり”について参加者に呼掛ける殿田会長。特に高齢者社会を前に氷川台自治会の災害弱者(要援護者)の把握と避難支援訓練や高齢者対策として「FMひがしくるめ」と提携した緊急告知ラジオの有効性について説明しました。これから氷川台自治会の様に緊急告知ラジオ導入を検討される皆さんはFMひがしくるめに相談して下さい。

                                                                                                    氷川台自治会 

【調査・研究】国土交通省国土交通政策研究所「都市のスポンジ化を踏まえた地域による生活サービス等の空間マネジメントに関する調査研究業務」で氷川台自治会が事例調査のヒヤリングを受けました‼

   2月26日(火)に国土交通省国土政策研究所からの委託を受け、「都市のスポンジ化を踏まえた地域における生活サービス等の空間マネジメントに関する調査研究業務」を実施している(株)日本能率協会総合研究所 交通・まちづくり研究部のヒヤリングを受けました。

国土交通省交通政策研究所 研究調整官と日本能率協会総合研究所 研究員の方に、平成22年から取り組んだ自治会活動経緯を説明する殿田会長

 空き家や空き店舗、空き地等が増加する「スポンジ化」が顕在化しつつある一方で、スポンジ化で生じた民間・公共の空き家・空き地を利活用し、地域に必要なサービスを実践、提供している具体的な取組みを行っている事例として氷川台自治会に調査に見えました。
    ヒヤリング項目は多岐に渡り、氷川台自治会の組織、取り組みの目的・経緯、課題の捉え方、低未利用ストック、取り組みの関係主体、地域の関わり方、外部との関わり、取り組みの成果・課題、取り組みの自立性・発展性、今後の展望、その他とヒヤリングは2時間半にも及びました。
   この様に、氷川台自治会が取り組んだ「空き家・空き地の有効利用」による地域コミュニティの構築や様々なサークル活動・イベント等を通した地域づくり手法は、地域活性化の先進事例として注目されて来ました。

                                                                                  氷川台自治会 殿田 俊三

カリス弦楽四重奏団 四旬節コンサート4月6日(土)15時

聖グレゴリオの家2019年4月のイベント

聖グレゴリオの家
   氷川台自治会の会員である『聖グレゴリオの家 宗教音楽研究所』は,祈り,研究,教育を目的として1979年に設立されました。以来,大変にゆっくりとした歩みですが,祈り,研究,教育の三本の柱を中心としてその目的に向かって様ざまな可能性を試みています。