【視察・研修】千葉県南房総市 富山地域づくり協議会「ふらっと」の皆さんが視察・研修に見えました!

   2月22日(金)千葉県南房総市 富山地域づくり協議会「ふらっと」で地域活動に活躍されている代表20名の皆さんが氷川台自治会の視察・研修に見えました。

 南房総市からアクアライン経由で氷川台に到着した皆さん

殿田会長の説明を聞く参加者の皆さん

 南房総市は、平成18年3月20日に安房郡富浦町、富山町、三芳村、白浜町、千倉町、丸山町、和田町の6町1村が新設合併して誕生し、旧町村単位で地域づくり協議会が結成され、地域の課題を地域で解決するように南房総市民課が地域づくり支援員を派遣し、事務局となって幅広いサポート体制を築かれているようです。
 今回視察・研修に見えた 富山地域づくり協議会「ふらっと」は、南房総市富山地域の住民や団体の方々が一緒になって、地域の課題を話し合い、見つけ、解決していく団体とのことで、参加世帯は3,000世帯を超えるとのことです。

 視察・研修目的は、氷川台自治会が空き家・空き地の有効利用により地域コミュニティ醸成に至った経緯やイベント参加者が増え続けて地域が活性化し続けていること等を中心に視察に見えました。
 氷川台自治会では、
~自分たちの住むまちは自分たちで創っていく~
をまちづくりのコンセプトに、地域の現状や課題を整理し、自ら取り組む活動方針や内容を策定し、計画に基づきコミュニティ(協働意識の向上・活性化)、生活空間(住環境の改善、安心・安全対策)、高齢化社会(高齢者対策・災害弱者支援)など、地域の実情に即したまちづくりに取組んでいることを説明しました。また、活動は大小に関わらずPDCAサイクルを回し続けることが大切であることを強調しました。
参加者の皆さんは熱心にメモを取り、質疑応答も沢山出て予定時間を大幅にオーバーして終えました。帰りのバスの中や、翌日23日(土)のイベントで早速お互いが感想を述べあい意見交換したりする姿が見られたと嬉しいメールが届きました。

                                                                             氷川台自治会 殿田 俊三