「あしたのまち・くらしづくり活動賞」内閣総理大臣賞受賞 活動内容が季刊誌「まちむら」144号に紹介掲載♪

  氷川台自治会は今年、「あしたのまち・くらしづくり活動賞」の最高賞である内閣総理大臣賞を受賞しました。この表彰制度主催者の筆頭である「公益財団法人あしたの日本を創る協会」が年4回発行している機関誌「まちむら」が自治会に届けられました。「まちむら」は自治会・町内会等の地域活動を活発にするために、全国の優れた活動事例の紹介や地域づくりの今日的な課題などを取り上げて掲載しています。

    届けられた「まちむら」には、今年の「あしたのまち・くらしづくり活動賞」受賞団体が応募にあたって提出した「活動紹介」が特集されています。
 氷川台自治会の「活動紹介」は<空き家・空き地は地域の資源><空き地の農園管理><世代間交流の取り組み><認知症カフェを開設><コミュニティバスの運行><活性化へ向けた様々な取り組み>という構成で殿田自治会長が作成しました。

    そして、「あしたのまち・くらしづくり活動賞」表彰式のグラビアも掲載されています。今回の表彰式には、殿田会長が出席できなこともあり、主催者のはからいで、内閣総理大臣賞受賞に至るまでの活動を支えた沢山の会員を代表して10名が参加して、これまでの苦労と喜びを分かち合いました。

   次のページには「自治会・町内会講座」(1月30日)の案内がありました。この講座では自治会の殿田会長が講師として「自治会・町内会活動を活発化させるために」と題し講演します。

   さらに、この活動賞の中央審査委員会委員長・日高 昭夫氏(山梨学院大学法学部教授)による「あしたのまち・くらしづくり活動賞」審査講評が掲載されていました。

  自治会町内会情報誌「まちむら」144号には、「平成30年度あしたのまち・くらしづくり活動賞」受賞団体の活動が全て紹介されています。勿論、氷川台自治会の活動も紹介されています。 皆さんの地域で活性化づくりのヒントになる事例もあるかも分かりませんので一読されたら如何でしょうか。氷川台自治会の活動を参考にとお考えの地域の皆様は遠慮なくご連絡下さい。
   また、自治会町内会情報誌「まちむら」144号を参考にとお考えの方は、市役所生活文化課へ問い合わせ下さい。

                                                                                                氷川台自治会

【活性化対策】第2回・三遊亭遊子落語会 熱演に客席は大爆笑♪

   12月23日(日)、氷川台会館において、「氷川台の遊子」こと三遊亭遊子落語会を開催しました。定員30名の予定でしたが、飛び入り参加も多く、40名超の皆さんが集まり、急きょ補助椅子を増設することになりました。

 自治会では3か月前、初めての落語会を開催しました。東久留米市出身であるだけでなく、氷川台自治会会員の子どもさんである縁で、三遊亭遊三門下生の三遊亭遊子(落語芸術協会二ツ目)さんに出演してもらったのです。この時の会が好評だったので、その場で定期公演が決まりました。

 第2回落語会は、自治会員の保坂さんが「わが子・三遊亭遊子」を紹介することで開演です。

超満員の客席

  はじめの出しものは「動物園」。ぐうたらな主人公が、死んでしまった黒ライオンの毛皮をかぶって動物園の檻でライオンのふりをするという奇妙な噺です。関東ではあまり演じられなかったようで、初めて聞く人ばかり、不思議な内容と遊子さんの演技に、客席は爆笑に包まれました。

 動物園が舞台の噺の中で、「アサヒの好きなキリン」という駄洒落がありましたが、ビール党が少なかったようで、客席の反応は鈍かったのですが、敏感に反応した人が何人もいました。その1人、いつも自治会イベントの映像を担当してくれている中島さんは、今回、ビデオでフル録画をしてくれていました。そして、会終了後、「アサヒの好きなキリン」の画像を関係者に送ってくれました。こだわりの「映像担当係」です。

  「動物園」が終了し、ここで、予定にはなかった「和/なごみ」さんの登場です。「なごみ」さんは、今年の自治会「夕涼み会」でもゲスト出演してくれた人気のフォークシンガーで、遊子さんと親交が深いことから、飛び入りの友情出演です。遊子さんとの交友の話からはじまり、フォークソング・美空ひばりの「愛燦々」などを熱唱しました。

   「なごみ」さんは「FMひがしくるめ」のパーソナリティーをしており、その同僚で、取材を兼ねて参加していた矢沢さんを参加者に紹介しました。矢沢さんは、氷川台自治会の情報番組「ラジオ回覧板」(毎週木曜日11:00~11:15)を担当、ゲスト出演の自治会員との対談や、自治会の1週間のイベント情報を放送してくれています。今回、飛び入り参加者が多かったのも、この番組での紹介があったからです。
 「なごみ」さんは最後に、6月の開局前から殿田自治会長と知り合ったこと、自治会の「緊急告知ラジオ」の取り組みなどが、開局の弾みになったことなどを紹介し、病気療養中で復帰間近の殿田会長に贈る曲として、松山千春の「大空と台地の中で」を歌って締めくくりました。

 後半の高座はお色直しで黒紋付き姿で登場。おなじみの古典落語「時そば」の一席。

   「まくら」では、「なごみ」さんとの交友の話を。先ほどの「なごみ」さんの話と合わせ、まるで時間差の万歳のようでした。そして、笑いを交えて「なごみ」さんを褒め上げ、今日の返礼に1月4日の「なごみ」さんのFM番組(毎周金曜日20:00~21:00「歌声喫茶なごみ」)にゲスト出演をすることを参加者に伝えます。

自らの出演を終え、補助椅子で遊子さんの褒め上げにテレる「なごみ」さん

 遊子さんは、ほとんどの人が知っている「時そば」を体当たりの演技を交えて熱演、参加者の爆笑と拍手の合間に、「前回より上達している!」等の会話が聞こえました。

 予定の1時間を30分もオーバーして終了、参加者はみな満足げな表情で帰路につきました。第3回は、来年の春に計画されています。

                                                                                                      氷川台自治会

【高齢者対策】氷川台高齢者お助け隊「お助け号」運行1年♪

   公共交通機関の無い氷川台自治会の大きな課題であった「高齢者の足」確保に「お助け号」が運行開始して1年になりました。
「社会福祉法人龍鳳 ライフパートナーこぶし」が事業主体となり、「氷川台自治会見守りネットワーク委員会」支援隊有志が協力して運行しているもので、沢山の会員がお助け号を利用してイトーヨーカ堂やイオンモールに買い物に出掛けて日常生活の行動範囲を広げてきました。

昨年12月12日「出発式」

「お助け号」第1便に乗車した高齢者4人、記念の花束が贈られました

 「お助け号」運行は運転者と添乗者の2名1組で行い、乗降の手助けをします。

   この1年、車椅子の利用はまだありませんが、「お助け号」は車椅子の利用も可能です。スロープを下しワイヤーで自動引き上げができます。また、「お助け号」は車高が高く、お年寄りが乗降に苦労することが判明し、乗降用の踏み台を用意しました。

乗降用踏み台

「歩行用補助車」の積み込み

   イオンモールでは、正面入り口前の障害者専用駐車場を使います。イオンからは「障害者専用駐車場利用許可証」を発行してもらっています。

「お助け号」から降りる障害をお持ちの会員

   この1年間の「お助け号」の利用は20回、利用者総数は43名になりました。1回の利用者は1名から最高6名(運転手・添乗員を合わせ8名=定員)でした。

最も運転回数の多い山本運転手

   発足式では、定時運行(10時出発・14時迎車)で始めましたが、その日の利用者の希望を聞き、迎車時間を早めます。また、帰還時、買い物の荷物が多く重いため、利用者の自宅前まで運行します。踏み台導入も含め、回を重ねるごとに柔軟な対応を取り、より快適に利用できるようにしており、利用会員にはよろこばれており、登録会員も増えています。(現在30名)

                                                                                        氷川台自治会

「あしたのまち・くらしづくり活動賞」内閣総理大臣賞受賞を市長に報告♪

   11月30日(木)、殿田会長の代理として、林防災会長と馬場広報係が、並木市長のもとを表敬訪問し、「あしたのまち・くらしづくり活動賞」内閣総理大臣賞受賞の報告をし、賞状を披露しました。また、10月1日の都民の日に、殿田会長が「東京都功労者表彰」を受賞したことも報告、賞状と副賞銀杯も合わせて披露しました。
訪問した2人は、受賞の経緯やここに至る活動、賞の重みなどをお伝えし、市長からは祝福の言葉をいただきました。

並木市長をはさんで、左・林、右・馬場

東京都功労者表彰・銀杯

                                                                                                          氷川台自治会