【環境美化対策】氷川台緑地草刈り・直撃台風24号の大きな後遺症

   11月24日(土)9:00~11:00 東久留米自然ふれ合いボランティアの皆さんと今年最後)の氷川台緑地草刈、枯れ木拾いを行いました。冬の到来を感じさせる、少々冷え込む中、自治会会員20名が参加しました。
9月30日深夜の台風24号は、氷川台自治会の中心「小山台遊園」のコナラの大木を根元から倒壊させました。

   この台風24号は、氷川台緑地をも襲いました。何本もの木が倒されたり傾いたりしました。また、折られた枝が緑地全体に無数に落ちました。通路をふさいだ倒木が、通路部分だけ切り取られ、まだ通路の両側に横たわっていました。

   前回7月のくさかりは、あの連日の猛暑のため、何時も参加の自治会は半数以上が高齢者なので、大事を取って参加を見合わせました。くわえて、その猛暑の影響か、雑草は例をみないほど茂っていました。

   集合した皆さんに、ふれあいボランティアの下村さんから、今日の手順が説明されます。まずは落ち枝の回収⇒次に草刈り。草刈りには、氷川台自治会の用意した2台の草刈り機も投入。

落ち枝の回収

草刈り機の運転

   休憩を挟んで2時間、草刈り機投入+人海戦術で、伸び放題の下草は綺麗に刈り取られ、刈り取った草も集積されて見通しが良くなりました。

  ちょうど1年前、氷川台緑地草刈作業で、今までと大きく変わったのは、緑地の中に沢山のゴミが投げ込まれており市のごみの有料化との因果関係は疑えないとレポートしましたが、今回も多くのごみが捨てられていました。残念なことです。

 作業を終えた皆さんは、さっぱりした緑地を眺め、それぞれ満足そうな表情で引き揚げていきました。

                                                    氷川台自治会