【環境美化活動】台風の影響で遅れた花が入荷!氷川台通り花壇にビオラが植えられる♪

   秋口に頻繁に襲ってきた台風の影響は思わぬ処まで及んでいます。24号の強風は、氷川台自治会の災害時一次避難場所であるとともに氷川台住民の地域コミュニティの場である小山台遊園のコナラの大木を根元から倒し、滑り台やベンチ等を倒木の下敷きにして壊しましたが、各地の花生産者の皆さんにも強風に出荷前の花が大きな被害を受けたそうです。
氷川台通りで行き交う人々を癒している花壇の花の植え替え時期に台風が襲ったため、植え替え用の花苗が揃わず花の入荷を待っていましたが、やっと入荷したため10日(土)9:00~会員16名が参加して一斉に植え付けました。

 入荷したビオラをリヤカーに積んで氷川台通り花壇に植え付けに向かいます。

植え付けには16名の会員と子どもさんが1名参加して丁寧に植え付けました。

 氷川台通り会員宅玄関先に並ぶプランターにもビオラが植えられました。氷川台通りに並ぶのも近いと思います。

 

   「コメリ緑財団」助成による氷川台通りの花壇植生は、通常の見守りだけでなく住環境を改善して楽しく暮らせる地域づくりを目的に“高齢者が花に癒されるまちづくり”活動を推進しています。第25回助成金で氷川台通りに花壇を造り、通りに面した家の前にはプランターを設置して行き交う人々の心を癒してきました。第26回、第27回、第28回助成金と4年連続で助成金を受けて “花で癒される町、氷川台”への活動を更に進めてきました。
9月に実施された「はし☆チョコムービーコンテスト優秀作品」(優秀16作品)の発表があり、氷川台自治会が「新名所 氷川台通り花壇」と題して応募した作品が、佳作「ライトショートムービー」に選定されました。選ばれた花壇だけに責任重大で、訪れた皆さんの期待に応えられるように会員が協力して維持管理しています。

新名所 氷川台通り花壇 (外部リンク)    

 植え付け完了した花壇のビオラの上部には、上段に植えられている芝桜がチラホラ狂い咲きしています。

                                                                   氷川台自治会 殿田 俊三