【安心・安全対策】「自助・共助」で「在宅避難」会員が主役の春の防災訓練! 2018年7月8日

 東日本大震災が起きてから早くも7年が経ちました。
阪神・淡路大震災(1995.1.17)、東日本大震災(2011.3.11)、長野北部地震(2014.11.12)、熊本地震(2015.4)等、災害が起きる毎に地域住民の「支え合い・助け合い」の大切さが語られ、避難所運営の課題(人権問題、高齢者・障がい者対策等)も噴出していますが、これらの解決策は、地域住民が個々のニーズに応じた避難所運営を自主的に行うことと思われます。自分がどうやって助かるか、どうやって隣人を助けるか、何が出来るか、常日頃からの「つながり」が災害時の大きな力になります。氷川台自治会は地域特性(高齢化率33%、堅固な地盤、戸建て住宅、高台、地域コミュニテェイ等)を加味した新たな防災対策を講じて“誰もが安心して住める氷川台”を目指して、防災・避難体制の強化、防災訓練・要援護者支援避難訓練の充実、防災資器材の充実、在宅避難体制の構築等、災害に強いまちづくりへ向けた取組みをスピードアップしています。

訓練目的:在宅避難へ向けての体制整備

 氷川台自治会は地域特性(高齢化率33%、堅固な地盤、戸建て住宅、高台、地域コミュニテェイ等)を加味した新たな防災対策を講じて“誰もが安心して住める氷川台”を目指して、防災・避難体制の強化、防災訓練・要援護者支援避難訓練の充実、防災資器材の充実、在宅避難体制の構築等、災害に強いまちづくりへ向けた取組みをスピードアップしている。いつどのような災害が起きても、生き残るためにやらなければならないことを形式的に行う訓練でなく、実際に役立つ情報を吸収・整理し、会員がそれぞれ「当事者意識」を持って取り組む訓練とする。
「できることから始・氷川台地域住民が在宅避難(自助・共助)で災害を乗り越える場合、高齢者(要援護 者)が自ら準備しておきたい最低限の備え。 めよう~!皆で災害時を乗り切るまちづくりに向けて~‼」

訓練内容:

第1部:講演
①高齢者(要配慮者)の対応☞講師:高橋 聖子氏(防災国際コンサルタント)
・氷川台地域住民が在宅避難(自助・共助)で災害を乗り越える場合、高齢者(要援護者)  が自ら準備しておきたい低限の備え。
・在宅避難生活を送る要援護者に対する必要な支援内容・頻度
・外部との連携(医療・介護)
②災害に対する平時からの取組み☞講師:頼政 良太氏(被災地NGO協働センター代表)
・災害時の在宅避難を前提とした平時から準備しておくべき救助訓練・食料備蓄・      避難生活設備などの充実。

2:避難生活想定訓練【在宅避難生活の「食と住」体験】
①「住」のチェック項目
・屋外トイレ(マンホール)設置使用訓練
・夜間証明設備確認(各家庭での準備状況確認)
②「食」の準備、簡単レシピ
・防災備蓄食(α米)配布☞参加者が自宅でα米調理体験
・α米を使った簡単で美味しい料理
・ビニール袋での簡単レシピ
③断水時の対応訓練
・井戸水(飲料水)の確保訓練(リヤカー&給水タンク)

 氷川台自治会では、春の「防災訓練」と秋の「要援護者支援避難訓練」を毎年実施して“安心・安全なまちづくり”を進めています。春の防災訓練では、「支え合い・助け合い」に基づく在宅避難体制整備へ向けた会員の防災意識の向上を。秋の要援護者支援避難訓練は、災害時支援隊員が中心となった災害弱者対策に重点的に取り組んでいます。

 大阪でも地震が発生しました。驚くことではありません。東京でもいつ起きても不思議はないのです。災害に遭遇した時、一番大事なのは「自分の命は自分で守る自覚と備え」です。避難所へ行って助けて貰う…ではなく、地域で暮らす人々が「支え合い・助け合い」を前提にストレスのない避難生活を送れる社会をつくることです。興味のある方は見学にご参加ください。

                         氷川台自治会 殿田 俊三