【安心安全対策】FMひがしくるめ開局に向けて緊急告知ラジオ購入資金の準備! 2018年5月14日

  氷川台自治会の平成30年度の重点活動施策の一つ、高齢者対策、活性化対策、安心・安全対策の目玉として「緊急告知ラジオ」導入の準備を着々と進めています。

 

  6月下旬、コミュニティ(地域)放送局 FMひがしくるめ が成美会館1階(喫茶店跡)にスタジオを開局します。氷川台自治会では、現在、掲示板・回覧・自治会だより等でイベント情報をお知らせしていますが、タイムリーな情報を発信することに限界がありました。「安心・安全な地域づくり」に欠かせない情報の受発信をFMひがしくるめと提携し、FM電波を使って自治会ニュース、会員へのお知らせ、緊急のお知らせなどを流します。定期的な情報伝達だけでカバー出来なかった「緊急のお知らせ」が可能になることで、氷川台自治会の「安心・安全なまちづくり」が大きく前進します。緊急告知ラジオを自治会で購入して会員に貸与する方式で進めるため、各種補助金申請による購入資金確保を目指しています。平成30年度は、75歳以上の一人暮らし世帯、75歳以上の夫婦世帯、75歳以上で日中は一人の世帯、障害をお持ちの世帯等、緊急 時に何らかの支援が必要な世帯約80~100世帯を優先に貸与していきます。 

緊急告知ラジオ(自動起動・自動受信)センター装置からの信号で自動起動・自動受信しますので、確実に情報伝達ができます。

  この度、緊急ラジオ購入を目的とした「多摩地域市民活動公募助成」を受けることが決定しました。「多摩地域市民活動公募助成」とは、 近年、社会の多様化が進む中、「共助社会」の担い手である市民活動への関心の高まりに象徴されるように、地域社会の発展のためには、地域に密着した細やかな活動や新しい発想による斬新な企画など、多様な市民活動がますます重要な役割を果たしていくことが期待されます。そうした市民活動が “東京都多摩地域”において、より充実し、地域が発展していくことを願って真如苑が、開祖伊藤真乗(しんじょう)の生誕100年を記念する「Shinjoプロジェクト」の一環として、2007年より、東京都多摩地域における市民活動公募助成を始められたものです。

                                                                               氷川台自治会 殿田 俊三