氷川台情報、愈々(いよいよ)海を渡る‼ 2018年5月23日

    川台自治会の「空き家の利活用事例」が初めて海を渡りました。22日(火)、四国徳島県の徳島経済研究所から、氷川台自治会が地域活性化の一手段として平成24年から取り組んだ「空き家空き地の利活用」の事例研究に来訪されました。

公益財団法人徳島経済研究所HPより

    少子高齢化に伴う地域コミュニティの衰退と共に空き家の増加が大きな社会問題となっている。

    平成27年5月に「空き家等対策の推進に関する特別処置法」が施工され、空き家問題に対する国・地方自治体の方向性が示された。しかし、個人の財産に係る問題だけに行政の力で解決を図るには時間と労力が掛かり過ぎると共に根本的な解決にならない。今後も高齢者世帯の増加と核家族化によって増え続ける空き家問題の課題解決には行政と地域住民の協働による取り組みが必要不可欠である。

    氷川台自治会では、「空き家・空き地」が大きく問題提起される以前、平成23年から地域の解決課題として「空き家・空き地の有効利用」に取り組んできた。空き家は地域住民にとって「負動産」として捉えるのではなく、資産として捉え、地域で有効活用すべく独自に持ち主と交渉してきた。空き家の庭や空き地を自治会農園に変え、栽培した野菜は地域で販売し地産地消の経済をつくり交流の場として地域コミュニティをつくって来た。現在も自治会内の空き家は自治会で管理され「放置空き家」は皆無である。その活動は空き家利活用の先進事例として多方面から参考にされてきた。

    徳島市では2016~2017の調査で人が住んでいない住宅や使われていない店舗などの「空き家」が市内に3,500棟以上あることが実態調査で分かった。このうち一戸建て住宅が73%以上に上り、過疎地の問題と捉えられてきた空き家が県内でも点在し、都市部の空洞化が進みつつあることが浮き彫りになった。徳島市内でも、氷川台地域と同様な住宅街に空き家が目立つようになり早急な対策が求められている。徳島経済研究所で対策を検討されている中で、氷川台自治会が「空き家の利活用」で地域コミュニティをつくった事例に着目され今回の視察になった。

                                                                               氷川台自治会 殿田俊三

【安心安全対策】FMひがしくるめ開局に向けて緊急告知ラジオ購入資金の準備! 2018年5月14日

  氷川台自治会の平成30年度の重点活動施策の一つ、高齢者対策、活性化対策、安心・安全対策の目玉として「緊急告知ラジオ」導入の準備を着々と進めています。

 

  6月下旬、コミュニティ(地域)放送局 FMひがしくるめ が成美会館1階(喫茶店跡)にスタジオを開局します。氷川台自治会では、現在、掲示板・回覧・自治会だより等でイベント情報をお知らせしていますが、タイムリーな情報を発信することに限界がありました。「安心・安全な地域づくり」に欠かせない情報の受発信をFMひがしくるめと提携し、FM電波を使って自治会ニュース、会員へのお知らせ、緊急のお知らせなどを流します。定期的な情報伝達だけでカバー出来なかった「緊急のお知らせ」が可能になることで、氷川台自治会の「安心・安全なまちづくり」が大きく前進します。緊急告知ラジオを自治会で購入して会員に貸与する方式で進めるため、各種補助金申請による購入資金確保を目指しています。平成30年度は、75歳以上の一人暮らし世帯、75歳以上の夫婦世帯、75歳以上で日中は一人の世帯、障害をお持ちの世帯等、緊急 時に何らかの支援が必要な世帯約80~100世帯を優先に貸与していきます。 

緊急告知ラジオ(自動起動・自動受信)センター装置からの信号で自動起動・自動受信しますので、確実に情報伝達ができます。

  この度、緊急ラジオ購入を目的とした「多摩地域市民活動公募助成」を受けることが決定しました。「多摩地域市民活動公募助成」とは、 近年、社会の多様化が進む中、「共助社会」の担い手である市民活動への関心の高まりに象徴されるように、地域社会の発展のためには、地域に密着した細やかな活動や新しい発想による斬新な企画など、多様な市民活動がますます重要な役割を果たしていくことが期待されます。そうした市民活動が “東京都多摩地域”において、より充実し、地域が発展していくことを願って真如苑が、開祖伊藤真乗(しんじょう)の生誕100年を記念する「Shinjoプロジェクト」の一環として、2007年より、東京都多摩地域における市民活動公募助成を始められたものです。

                                                                               氷川台自治会 殿田 俊三

【高齢者対策】地域包括ケアシステムの構築は“地域支え合いシステム”の構築から♪ 2018年5月3日

  5月3日(木・祝)にオレンジカフェ「氷川台のえんがわ」を開催しました。前夜から続いた雨も朝方には上がり、風が強いものの陽射しが出て暖かくなった午後に9回目となるオレンジカフェを開催しました。この日は憲法記念日で祝日のため「お休み」を考えましたが、皆さんの強い要望でオープンしました。

小山台遊園入口に「オレンジカフェ」の開催を告げる「のぼり旗」が風になびいています。後方に見える平屋の建物が会場の「氷川台会館」

 13時30分のオープン前から三々五々集まって来た参加者の皆さんは、毎月第1木曜日を楽しみに待つようになって来ました。氷川台自治会会員だけでなく隣の小山地区から参加されている方は、石橋クリニックの石橋先生に紹介されたのが切っ掛けで毎回参加されるようになりました。また、自治会が違うからと遠慮されていた方も会員の強い誘いによって夫婦で参加されるようになりました。

祭日にも関わらず大勢の参加者が集いました。

 この日の参加者は21名(男性8名、女性13名)。石橋クリニック院長(石橋幸滋先生)には病院が祝日で休みのため駆けつけて頂きました。石橋先生の参加に皆さん大喜びで普段の「医者と患者」と違った雰囲気での会話を楽しんでいました。

 また、石橋先生には参加者の皆さんに今後の医療介護問題や在宅医療・認知症に関する訓話を頂きました。訓話で、

  ・ボケるなら可愛くボケなさい

  ・認知症を治すことは出来ないが、進行を遅らせることはできる

  ・オレンジカフェのような“ふれあいの場”に参加することが認知症の予防になる

  ・認知症にならないためには、家に閉じこもっていないで人とふれあうことが大事

  ・平均寿命と健康寿命の差を少なくする努力が必要

など、身近な貴重な話をして頂き、参加者の皆さんはあらためて「オレンジカフェ氷川台のえんがわ」に参加することの意義を感じていました。

  氷川台自治会では、重度な要介護状態となっても住み慣れた氷川台で自分らしい暮らしを続けることができるよう医療・介護・予防・住まい・生活支援が包括的に確保される体制を構築し、認知症高齢者の生活を地域で支えるためにも、地域包括ケアシステムの構築を目指しています。その活動の一手段として、会員が家に閉じ籠らないように “ふれあいの場”を提供しています。

   ・オレンジカフェ「氷川台のえんがわ」☞毎月第1木曜日 13時30分~15時

           café&cake 300円、café&cooky 200円

   ・ふれあいサロン「氷川台」☞ 毎月第3木曜日 13時30分~15時

                 café&cake 300円、café&cooky 200円

   ・こだわりパン販売会 ☞ 第1・2・3・5月曜日 11時~12時30分

        各種パンの販売と店内でのcoffeeサービス

   ・サンドウイッチ&焼き菓子販売会 ☞ 第4月曜日11時30分~15時

        サンドウイッチ&焼き菓子販売と店内でのcoffeeサービス

  自治会会員は、これらの “ふれあいの場”に三々五々集まって思い思いの時間を過ごしています。顔見知りになることが“支え合いのシステム”構築につながっています。自分の暮らす地域に“ふれあいの場“が無く話し相手もない方は、氷川台自治会の活動に参加してみて下さい。今までにない新たな生きがいのある生活を見つけることが出来るかも分かりません。

                                 氷川台自治会 殿田俊三

氷川台自治会の空き家対策「都政新報」に掲載される! 2018年5月9日

    5月8日(火)発行、都政新報(東京の自治体専門紙)の【「空(から)」の使い方、多摩の空き家事情】欄で“自治会主導で地域の拠点に”氷川台自治会等の取組み事例が紹介されました。

 平成25年に空き家総数が820万戸、空き家率13.5%と云われましたが、その後も増え続ける空き家は、団塊世代が後期高齢者を迎える「2025年問題」の医療・介護と共に地域住民にとって大きな問題となっている。氷川台自治会では、平成23年から防災・防犯・景観・衛生面での解決課題と捉えて行政に頼らず対策を講じてきた。持ち主と直接交渉して、空き家の庭や空き地を農園に変えて野菜栽培と販売、空き家の庭に繁茂した植木の選定や草刈りを請け負い、作業代金は自治会の活動資金にしたりして、地域内の放置空き家をなくし安心・安全な地域とコミュニティをつくってきた。

持ち主さんから依頼され、繁茂した雑草を会員が刈り取っている。

植木の伐採や選定も請負う。

   平成27年5月に「空き家対策の推進に関する特別借置法」施行により、国・自治体の方向性が示され、自治体が空き家に立ち入って実態を調べたり、空き家の所有者に適切な管理をするよう指導したり、空き家の活用を促進できるようにした。また、地域で問題となる空き家を自治体が「特定空き家」に指定して、立木伐採や住宅の除却などの助言・指導・勧告・命令をしたり、行政代執行(強制執行)もできるようにもした。その様な中で東久留米市の現状は、平成28年度に実態調査(外観目視)、平成29年度に所有者アンケート、平成30年度「空き家対策協議会」を発足、31年度までの2か年で施策策定する入口段階で、行政が先導して空き家問題を解決する状況には至っていない。一方では、少子高齢化や核家族化は進み、空き家予備軍は増え続けている。高齢化率が30%を超える氷川台自治会でも毎年空き家は数件発生している。良好な住環境の確保(防災・防犯・環境・衛生面)に空き家対策は待ったなしの状態である。空き家の発生を抑えることは不可能であり、重要なことは放置空き家を出さないように地域コミュニティをつくることである。地域の安心・安全と住環境の確保は、行政に頼るだけでなく地域住民のコミュニティと工夫が必要と考える。

                                                                                         氷川台自治会 殿田俊三

【活性化対策】活気に満ちた若き“氷川台丸”が出航♪ 2018年4月23日

   平成30年度新役員による第1回役員会が4月22日(日)10:00~氷川台会館で開催されました。氷川台自治会では、会員350世帯を15班(5組×3班)に分けて夫々から役員が選出されて15名の役員が1年間の自治会運営に当たっています。なるべく役員に負担が掛からないように役員会は、1回/2か月の開催で自治会運営の舵取りをしています。今年度の役員は“明るく元気な自治会”を象徴するかの如く、15名中10名が現役世代、男性7名女性8名、平均年齢も50歳代と活気に満ちた役員会となりました。中には、ご夫婦そろって役員会に出席して夫婦間で情報を共有される方もおられ、7~8年前には考えられなかった光景が広がっています。

  氷川台自治会の特徴は、2か月毎の役員会に役員だけでなく、防災会会長、老人会会長、民生委員、主任児童委員等、会員の生活に係る皆さんが出席して自治会の課題や情報を共有していることです。役員会では子供のことから高齢者のことまで議題に上がり出席者全員が共有しています。

   最後に会長から、多くの皆さんが仕事や育児を抱えての役員就任ですから決して無理をしないように、悩みを抱え込まないように、何かあったら遠慮なく相談して下さい。現在の氷川台自治会は、困った人がいたら必ず周りの人が助けてくれますから安心して下さい。と伝えました。

                                                                                氷川台自治会

夕刊フジZakuZakuに登場 高齢社会をつなぐ“自治会ラジオ” 2018年4月21日

    4月20日付け、夕刊フジZakuZaku に、この春開局予定の「FMひがしくるめ」と氷川台自治会の提携した取り組みが紹介されました。

産業経済新聞社が発行している日本の夕刊紙。関東・近畿での即売が中心。

夕刊フジ☞https://www.zakzak.co.jp/eco/news/180420/eco1804200003-n1.html

  氷川台自治会の平成30年度の重点活動施策の一つ、高齢者対策、活性化対策、安心・安全対策の目玉として「緊急告知ラジオ」導入を4月8日の定期総会で決定したばかりです。

 氷川台自治会では、現在、地域情報やイベント情報を掲示板・回覧・自治会だより等でお知らせしていますが、「安心・安全な地域づくり」に欠かせないタイムリーな情報伝達に限界がありました。特に情報が入りにくく孤立しがちな高齢者にきめ細やかな情報を伝達するシステム確立を重要課題として、3年前から【自治体が運用する防災無線を個別受信機】や「地域コミュニティ無線」「地域情報無線システム」CATVを使用した個別受信方式」などを検討してきました。その様な中、今春、コミュニティ(地域)放送局 FM東久留米 が成美会館1階(喫茶店跡)に開局することになり、FMひがしくるめと氷川台自治会が提携し、ラジオ局電波を使って自治会ニュース、会員へのお知らせ、緊急のお知らせなどを流し、会員はFMラジオやスマホで聞けるシステムづくりに着手しました。定期的な情報伝達だけでカバー出来なかった「緊急のお知らせ」が可能になることで、氷川台自治会の「安心・安全なまちづくり」が大きく前進します。緊急告知ラジオを自治会で購入して会員に貸与する方式で進めています。

平成30年度は、75歳以上の一人暮らし世帯、75歳以上の夫婦世帯、75歳以上で日中は一人の世帯、障害をお持ちの世帯等、緊急時に何らかの支援が必要な世帯を優先に貸与する予定で進めています。緊急告知ラジオは高価(約8,000円/台)なため3か年で全世帯(350世帯)に行き渡らせる計画です。

 緊急告知ラジオ

  安心・安全で暮らしやすいまちづくりに終わりはありません。これから迎える超高齢化社会を乗り切るには、誰かがやってくれるのを待つのではなく、地域住民が自ら自分のこととして取り組むことが大事です。

                                     氷川台自治会 殿田俊三

コンサート【大竹英二ハーモニカリサイタル】7月7日(土)17:00

聖グレゴリオの家2018年7月のイベント

 

聖グレゴリオの家

氷川台自治会の会員である『聖グレゴリオの家 宗教音楽研究所』は,祈り,研究,教育を目的として1979年に設立されました。以来,大変にゆっくりとした歩みですが,祈り,研究,教育の三本の柱を中心としてその目的に向かって様ざまな可能性を試みています。