【環境美化】雪に耐え、春をまっていた氷川台通り花壇の花たち♪ 2018年3月26日

   昨年末に植え替えた氷川台通り花壇の花々が、寒さに耐えて雪に埋もれても、春の訪れを待っていたかのように花びらを開かせ始めました。

春をまっていたビオラが一斉に咲き始めました。

ダブルデッキ花壇の上段は芝桜、下段はビオラの帯、下段には色とりどり(5種類)のビオラが咲き揃って通る人々の目を楽しませ始めました。

下段には、寒さに耐えてたくましく育ったビオラが沢山の花をつけ始めました。

上段の芝桜のつぼみも膨らみ、チラホラとピンクの花が咲き始めました。

チューリップも大きくなって来ました。

いろいろな色のクリスマスローズも満開になっています。

  もうすぐ氷川台通りにダブルデッキ(上段は芝桜・下段はビオラ)の鮮やかな花の帯が出来上がります。黒目川をウオーキングされる際に弁天堀橋に差し掛かったら清瀬方向に目を向けて下さい。鮮やかな花の帯がお迎えしています。

【注】花壇は「コメリ緑育成財団」助成金を活用して氷川台自治会が育成管理しています。

                                                                            氷川台自治会 殿田 俊三