今年も「コメリ緑育成財団」から届いたクリスマスプレゼント♪ 2017年12月31日

   昨年に引き続き「公益財団法人コメリ緑資金財団」から「第28回 コメリ緑資金」助成金決定通知書が24日に届きました。「コメリ緑資金」とは、公益財団法人コメリ緑育成財団が、コメリの利益の1%還元事業として1990年より毎年地域の緑化活動に助成を続けてきた「コメリ緑資金の会」と園芸農業分野の研究開発交流事業を支援する「財団法人緑育成財団(1996年設立)」の事業を統合し、2012年、新たにスタートしたものです。花や緑に囲まれた美しいふるさとづくりを進め、地域産業の振興並びに地域社会の発展のために取り組まれている事業です。

  氷川台通りに花壇を設けて四季花で飾ることで自治会の高齢者だけでなく、通りを行き交う会員や朝夕の通勤者の皆さんから数多くの感謝の言葉を頂きました。また、氷川台自治会会員だけでなく黒目川を散歩される皆さんからも花を観るのが楽しみだと言われるようになりました。

  このように自治会会員だけでなく多くの皆さんに愛されるようになった花壇の花を絶やすことなく咲かせるには自治会会員が拠出する会費では賄いきれませんので、今年度も「第28回 コメリ緑資金」助成金に会員と多くの皆さんの思いを込めて申請していました。

   クリスマスイブの24日に“12月14日開催の審議会委員会で審議した結果助成が決定したので「コメリ緑資金」により、見守りネットワーク委員会の活動を更に充実させて頂きたい”と助成金決定通知書が送られてきました。

   来年度も引き続き、氷川台通りに咲いた花々が氷川台の高齢者を元気づけると共に行き交う皆さんの心を癒してくれるものと思います。現在は「第27回コメリ緑資金」で植えられた色とりどりのビオラが花壇を飾っています。黒目川沿いを散歩される皆さんは、西武線橋梁下を通る時は氷川台通り左右に目をやって氷川台通りの花壇の花々を楽しんで下さい。

「第28回コメリ緑資金」の事業期間は、平成30年4月1日から平成31年3月31日です。

 

   今年一年、氷川台自治会の活動記事に目を通して頂き有難うございました。来年も、地域コミュニティ活性化のヒント として、氷川台自治会の様々な活動内容や取組みなどを紹介したいと思います。皆様の地域活動の課題解決に向けた取組みにお役立て頂ければ幸いに思います。

それでは、皆様お揃いで、良い年をお迎えください。

                                                                                  氷川台自治会 殿田俊三