【平成29年度 介護予防普及事業】平成29年度東久留米市自主グループ応援企画~健康体操Gに理学療法士の派遣指導~2017年10月31日

   東久留米市の「新しい総合事業」の取組みで、地域の皆さんがいつまでも元気に暮らすための支援として「氷川台自治会健康体操第1グループ(75歳以上)」に理学療法士の派遣によるアドバイスを受けました。

理学療法士の指導を受けながら体操をする参加者

 冷たい雨にも関わらず8名の加者の平均年齢は86歳、なんと最高齢は93歳の男性です。いつものようにDVD(音楽にあわせてリズム運動)を見ながらの体操を理学療法士の先生と一緒にしながら、ポイントごとにアドバイスを受けました。

 平成24年10月から始まった健康体操教室は満五歳になりました。現在体操を続けておられる皆さんは最初からの受講生で、全員が5年間トレーナー指導と自主体操で健康維持に努めてこられました。途中、体調を崩したり、入退院を繰り返したりした方もおられますが、必ず健康体操教室に復帰して来られています。特に75歳以上のクラスは椅子に座っての体操で、一見効果が無いように感じますが、この5年間の参加者の健康状態をみると「軽い体操でも、一週間に一回でも、続けることの大切さ」がはっきり表れています。これからも氷川台の高齢者は「住み慣れた氷川台にいつまでも住み続けるために、自立した生活を続けるために」明るく楽しく体操を続けていきます。

                                                                  氷川台自治会 殿田 俊三