「東京防災隣組」認定団体に決定! 認定証が授与される‼ 2017年4月26日

    平成29年4月23日(日)13:30~東京都庁大会議場で「東京防災隣組 第6回認定式」が開催され氷川台自治会に認定証が授与されました。

 氷川台自治会へ認定証の授与。

 「東京防災隣組」認定証

 認定34団体と東京都防災関係者 前列左から5番目が殿田会長

  東京防災隣組とは、東京都が首都直下型地震などの大規模災害に対して、より確かな備えを講じていくためには、行政による「公助」のみならず、地域住民による「自助」・「共助」の果たす役割がとりわけ重要となることから、都は、大都市東京における共助の仕組みとして、地域において意欲的な防災活動を行う団体を「東京防災隣組」として認定し、その取組みを広く社会に発信し、地域の防災活動の活性化を図っています。平成24年度を第1回(36団体を認定)とし、今回第6回で34の団体が東京防災隣組として認定されたことにより、合計246の団体が東京防災隣組となっています。

  氷川台自治会の活動事例パンフレット

  2014年11月22日夜(第2回要援護者支援避難訓練実施日)に発生した長野北部地震(震度6弱)で、住宅54棟が全壊・半壊しながら死者0だった村を“白馬村の奇跡”と報道されました。これは地域の繋がりが出来ていたから起きたことで、いかに地域住民の「支え合い・助け合い」が大切かを物語っていました。昨年4月に発生した想定外の「熊本地震」を教訓に、「防災対策を根本的に見直す」という原点に返り、氷川台自治会の地域特性(高齢化率33%、堅固な地盤、戸建て住宅、高台、地域コミュニテェイ等)を加味した新たな防災対策を講じて“誰もが安心して住める氷川台”を目指して、防災・避難体制の強化、防災訓練・要援護者支援避難訓練の充実、防災資器材の充実、在宅避難体制の構築等、災害に強いまちづくりへ向けた取組みをスピードアップしています。

  阪神・淡路大震災、東日本大震災、長野北部地震、熊本地震等、災害が起きる毎に避難所運営の課題(人権問題、高齢者・障がい者対策等)が噴出していますが、これらの解決策は、地域住民が個々のニーズに応じた避難所運営を自主的に行うことと思われます。自分がどうやって助かるか、どうやって隣人を助けるか、何が出来るか、常日頃からの「つながり」が災害時の大きな力になります。

  「最近の災害に学ぶ互近助というマナー」と題して山村 武彦先生(防災・危機管理アドバイザー)の記念講演を拝聴しました。

   講演中の山村 武彦先生 (防災システム研究所 所長 、防災・危機管理アドバイザー

 講演は説得力のある話で防災の必要性を改めて強く感じました。とりわけ生き残るためにやらなければならないこと、形式的な訓練でなく実際に役立つ情報を沢山いただきました。

 *防災・危機管理の基本原則

   ・災害はまだ先だと思っている間は、形式的防災対策しかできない

   ・悲観的に準備すれば 楽観的に生活できる

 *これからは命を守るスマート防災(災害予防訓練・在宅避難生活訓練)

   ・避難訓練と共に、状況別 命を守る訓練

   ・火を消す訓練と共に、火を出さない準備と訓練

   ・閉じ込められた人を助ける訓練と共に、閉じ込められない訓練

   ・避難所体験訓練と共に、在宅避難生活訓練

これは、頂いた情報の一部です。今までの訓練は災害が起きてから訓練に終始していましたが、これからは避難する前にできることを考えて地域に活かしていきたいと思います。

                          氷川台自治会 殿田 俊三

殿田会長が朝日新聞「リライフ」欄(全国版)に登場!  2017年4月25日

  4月23日(日)朝日新聞全国版「Reライフ(人生充実)」欄で殿田会長が大きく紹介されました。この欄は、Reライフ世代の豊かな趣味や社会貢献活動を紹介する「自間」。全国各地で生き生きとした「時間」を過ごす人を取り上げ、紙面を通して全国の読者に発信されています。

  平成29年4月23日付 朝日新聞朝刊・24面Reライフ欄  

 高齢者会員の庭で草取り作業中をしている見守り支援隊員

  今回掲載していただいた朝日新聞の記者さんが付けられたタイトル「行動する自治会長 にぎわう地域」や紹介記事で会長の性格やリーダーシップ、元気になった氷川台地域の姿、会長が就任してから地域が変わっていく様子、氷川台での暮らしを楽しむ住人の姿、地域コミュニティが活性化している様子などが限られた紙面で見事に紹介されているのに驚いています。氷川台に暮らす住人は、この記事を読んで7年間を振り返ることができ、地域コミュニティの大切さを改めて認識しました。

 珍しく、照れている殿田会長に新聞記事の反響を伺ったところ、

全国版だけあって、全国に散らばっている元会社仲間、同窓生などから「勇気づけられた・自分のことのように嬉しかった・負けないで頑張る・これからでも何か始めてみる」など、知らせが沢山届いたようです。同じリタイヤ仲間の刺激になったかな…

と話してくれました。

                                         氷川台自治会

平成28年度定期総会開催! 殿田会長の続投(8期目)を決定‼ 2017年4月18日

          平成29年4月16日(日)13:30~平成28年度氷川台自治会定期総会が「聖グレゴリオの家・聖堂」をお借りして開催されました。当日は、暖かい花見日よりになったため総会参加者が少ないかと思いましたが、氷川台自治会の活動が多方面から評価された28年度の総会ということも相まって参加者数が86名(参加実 数95名)、委任状での参加者212名、実に85%強の会員が参加しました。

  総会会場「聖グレゴリオの家」

   聖堂は95名の参加者の熱気で溢れました。平成28年度の活動報告を聞く参加者

  会長は、殿田会長が引き続き務めることになり(8期目)、他の3役(庶務・会計)を含めた15名の役員の内14名が新任1名が留任となりました。平成22年から自治会活性化に着手し、様々な改革を実施、会員の活動参加を促し、地域は見違えるように明るく元気になりました。役員の顔ぶれも年々大きく様変わりして、若い世代(現役世代)が積極的に就任して活動に関わるようになりました。新役員も10名が現役世代(15名の内)と大きく若返りました。

   現在の氷川台自治会の諸活動は、年度役員以外の会員がリーダーや委員の組織で企画・運営されていますので、年度役員が全て交代しても活動が停滞する心配はまったくありません。この7年間で培った氷川台自治会の“そこ力”です。

 殿田会長は活動報告と新会長挨拶で次のように語りました。

 平成28年度の氷川台自治会は、過去の活動の積み上げが功を奏して大きく羽ばたいた一年でした。28年11月東京消防庁「救急部長感謝状」、12月東京都社会福祉協議会会長感謝状「東日本大震災被災者(地)支援に対する特別感謝」、29年1月東京消防庁「第13回地域の防火防災功労賞」優秀賞、2月総務省「平成28年度ふるさとづくり大賞」団体賞(総務大臣賞)、コメリ緑財団「第27回コメリ緑資金助成」と数々の賞や資金援助を受けました。これも、平成22年度から自治会改革に着手、平成23年に “安心・安全で暮らしやすいまち「氷川台」、元気で明るい活力ある自治会をみんなでつくろう‼”のスローガンを掲げて会員の意識改革・活動参加を促し「支え合い・助け合い」に基づく地域コミュニティの構築に努めた結果と思います。

 新年度に向けては、この5年間で中学生以下の子どもが40名も増えて小山台遊園に元気な子どもの姿が沢山見受けられるようになりました。しかし、自治会高齢化率は33%とまだまだ高く、高齢者が住みやすい町づくりに向けた対策を急がねばなりません。行政の手助けを待っているのではなく、皆さんのニーズを把握しながら会員の“団結を力”に対策を講じて参ります。皆さんも自分のことと捉えて活動参加をお願いします。

  平成28年度活動報告の中で、“「ふるさとづくり大賞」受賞への道のり”と題したDVDで氷川台自治会の活動が上映されました。参加会員の皆さんは、改めて氷川台自治会の素晴らしさと会員であることの誇りを認識されたようで、DVD上映が終わるや否や会場は割れんばかりの拍手に包まれました。

   会員の中島さんが、「ふるさとづくり大賞」団体賞の受賞に辿り着くまでの活動内容や応募動機、受賞後の反響の大きさ等をDVD(20分)に編集して下さいました。

   「ふるさとづくり大賞」受賞への道のり壁に映写された画像を真剣に見入る参加者

  今回は、4月から介護保険制度の変更に伴い「地域包括ケアシステム」の構築が急がれています。システム構築には地域の協力なくしては有り得ないため、東部包括支援センターから遠藤所長と石嶋さん2名と生活支援コーディネーター斎藤さんにも参加していただきました。自治会会員に東部包括支援センターを身近に感じてもらい、何でも気軽に相談できるセンターと認識してもらいました。

 左から生活支援コーディネーターの斎藤さん、東部包括支援センター 石嶋さん、遠藤センター長の皆さん

  8期目に入る殿田会長

 平成29年度新役員の皆さん

  最後に、2011年3月11日に発生した東日本大震災から6年が経過したのを機に、氷川台自治会は会員である聖グレゴリオの家とともに、今南三陸町寄木の浜でワカメ養殖事業の復興に取り組み漁師さん家族の支援(訪問作業支援・ワカメ協同購入)を続けています。6年の歳月の経過により災害の教訓も風化されつつある中で、氷川台自治会は今後も被災者家族との交流を継続し、災害の教訓を生かしながら、地域の安心・安全を構築するため、被災者(地)との友好交流協定を締結することを満場一致で決議しました。 

  引き続き防災会の総会が行われ、平成23年防災会設立時から会長として自治会の安心・安全の先導役としてご尽力いただいた馬場防災会会長が退任され、新たに 林 会長が就任されました。

    災害に備えた組織強化を目的に、防災会役員の増員(総勢20名)と若返りを図りました。半数以上が現役世代となり機動力が大幅に向上しました。

  就任挨拶をする 林 新会長

 平成28年度総会(自治会・防災会)は、過去最多の参加者が出席して全ての議案が承認されて滞りなく終えました。

  総会終了後、自治会館に移動して新旧役員懇親会が行われました。新旧役員の防災会役員、イベント委員なども加わり一年間を振り返ったり、新役員へのアドバイスなど賑やかに会となりました。一年の任期を終えた役員さんが一様に口にされたのは、役員を務めたお陰で沢山の皆さんと知り合いになれたとの感謝の言葉でした。

   自己紹介をしながら和やかに懇談する新旧役員

                                                                                     氷川台自治会

氷川台通りの花壇の花々が満開になりました♪2017年4月15日

     開花宣言後、寒冷前線の影響で遅れていた桜が満開になるや否や、雨と寒さのぶり返しで今年の桜の見ごろはアッと云う間に終わってしまいました。氷川台自治会の入口、学芸大学特別支援学校前(弁天掘橋北詰)から氷川台自治会へ向かう路肩花壇に植えられた花々(ビオラ・チューリップ・芝桜)が満開になり、行き交う人々を癒しています。

  上段には 芝桜がピンクの帯をなし、下段では色とりどりのビオラが大きく広がっています。

   今年初めて植えられた赤・黄・ピンク・白・等のチューリップも満開になりました。

  氷川台自治会では、平成22年から“住み慣れた氷川台にいつまでも安心・安全に暮らすためには…”をテーマにさまざまな活動を始めました。その活動の一つが平成24年10月から始めた高齢者の「見守り」活動です。「見守りネットワーク委員会」には、24名の会員有志が登録して75歳以上の一人暮らしや夫婦だけの高齢者を見守っています。訪問しての声掛けや外からの見守り(電気の消灯・雨戸の開閉・新聞受け等)、作業支援(草取り・家具移動・電球交換等)を行い、高齢者の方が氷川台に安心・安全に住み続けていただくための活動をしています。「コメリ緑財団」助成による氷川台通りの花壇植生は、通常の見守りだけでなく住環境を改善して楽しく暮らせる地域づくりを目的に“高齢者が花に癒されるまちづくり”活動を推進しています。第25回助成金で氷川台通りに花壇を造り、通りに面した家の前にはプランターを設置して行き交う人々の心を癒してきました。昨年度の第26回助成金で引き続き“花で癒される町、氷川台”への活動を更に進めてきました。

  天気の良い日には高齢者がリハビリを兼ねて花を見ながら散歩されています。

  昨年暮れに初めて植えた色とりどりのチューリップが咲き乱れています。

  氷川台通りに面する会員の家の前に置かれたプランターのビオラも満開です。

  安心・安全には、自治会設置の街頭消火器が、心の健康には、プランターに咲くビオラの花が仲良く並びます。

  小山台遊園入口には、遊びに来る子どもたちをプランターの花が優しく迎えています。

  小山台遊園花壇にも公園管理ボランティア(自治会会員)が丹精込めて育てたビオラが咲いています。

  遊園内は、毎日会員が清掃するため雑草も無いほど綺麗に管理され、子どもたちが安心して遊べるようにしています。

  天気の良い日には駅近くの保育園児が遊びにやって来ます。 

 「平成28年度ふるさとづくり大賞」団体賞(総務大臣賞)の受賞にあたり、審査員の皆様が氷川台自治会の活動評価ポイントとして

・一人の1,000歩よりも1,000人の1歩の方が大事と言われる。多くの方の協力体制を構築していることは、活動を超えた力になっている

と評価していただきました。まさに、現在の氷川台自治会は、多くの会員が「地域を知り、地域に親しみ、地域を何とかしたいと思う気持ち」で自主的に「地域づくり」に取組んでいます。

                               氷川台自治会 殿田 俊三

自治会ゴルフコンペでエージシュートの快挙達成者現れる♪2017年4月9日

     4月6日(木)、氷川台自治会の第15回ゴルフコンペを群馬県玉村ゴルフ場で開催しました。自治会会員の親睦と健康管理を目的に平成23年9月に発足した「ワンハンドレッド会」もアッと云う間に5年半になり、現在も24名の登録会員(80歳代が2名)が在籍して、コンペ開催も15回を数えるまでになりました。毎年4月のコンペは桜の開花に合わせて企画実施していますが、今年は見事に満開の桜の下でのコンペとなりました。

  今回のコンペで、86歳の男性会員が42・43のエージシュートを達成されました。これは、氷川台自治会が目指す“高齢者が元気に暮らす続けるためのまちづくり…”の一環で始めたゴルフ同好会(ワンハンドレッド会)の快挙でもあります。

  玉村ゴルフ場名物10番ホールの見事な桜並木

  4月1日(土)には、地元の方々に10番ホールを開放しての夜桜鑑賞会が開かれたそうです。

   エージシュートとは、18ホールを自分の年齢、あるいはそれよりも少ない打数でまわることをいいます。これは、ゴルファーの究極の目的とも言われています。一般的には18ホールで6,000ヤード以上、女性の場合は5,200ヤードを超えるコースで、自分の年齢以下の打数で回れば、エージシュート達成と言われています。

   エージシュートは、シニアゴルファーにならないと達成することは難しい、というよりも出来ないと言えるでしょう。現実的に考えて、60歳以上になればエージシュートも視野に見えてきますが、年齢を重ねるほど体力も低下していくのが一般的なので、スキル以上に健康をどれだけ維持できるかが重要になって来ます。日本では、60歳を超えるシニアゴルファーが約267万人(平成26年)おり、そのうちの0.06%、約1,500人がエージシューターであると言われています。このデータからしても、エージシュートがどれだけ難しいことか、お分かりいただけると思います。

 この高いハードルを氷川台自治会の86歳の男性会員が自治会ゴルフコンペで達成されたことは、氷川台自治会の誇りでありゴルフ仲間である我々の励みにもなりました。4月1日には「ふるさとづくり大賞」受賞祝賀会で喜びを分かち合い、4月6日のゴルフコンペで会員がエージシュート達成という快挙を成し遂げられ、年度初めから喜びに溢れる氷川台自治会です。

  ゴルフ大好きの筆者は、体力気力の低下が避けられないこれから10数年後まで現状を維持する自信は全くありませんが、今回の86歳会員がエージシュートを達成されたことが、氷川台自治会の高齢者を含めて、今後の健康増進・維持の大きな努力目標になりました。

                                           氷川台自治会 殿田 俊三

「ふるさとづくり大賞」団体賞受賞祝賀会&第2回花見会開催♪2017年4月5日

       平成29年4月1日(土)15時~聖グレゴリオの家で、2月に受賞した「平成28年ふるさとづくり大賞」団体賞(総務大臣賞)の受賞祝賀会&第2回花見会を開催しました。

 3月21日(火)気象庁は、東京都千代田区の靖国神社にある桜・ソメイヨシノの 標本木が開花したことを発表しました。例年より5日早いとのことで、氷川台の桜も4月1日には満開の予想を立て祝賀会と花見会を合同企画しましたが、開花宣言後の寒の戻りで桜は2~3分咲きでしたが、70名強の会員が祝賀会に参集しました。

   「ふるさとづくり大賞」団体賞

  平成28年度 ふるさとづくり大賞表彰式 於 都市センターホテル 富樫博之政務官(前列中央)を中心に全国25団体・5個人の受賞者 最後列右から3人目が殿田会長。中段中央の黄色チョッキは、日本一忙しい知事といま話題の平井伸治鳥取県知事

  祝賀会場看板   聖グレゴリオの家

  4月1日は寒冷前線の南下で寒気と雨の予想でしたが、今回も “神ってる晴れ男”のお陰で開会時には雨も上がり、会場は参加者で立錐の余地がないほどの賑わいの中で始まりました。

  殿田会長の、大賞受賞のエピソードを交えた挨拶で開会。宴に先立ち、氷川台自治会映像監督作成の受賞記念DVDを上映。宴は、申請担当の市役所職員の乾杯の音頭で始まりました。参加自治会員は70名を超え、来賓として小山市議・島崎市議・細谷市議会議長と並木市長もお祝いに駆けつけてくださり、祝賀会を盛り上げて下さいました。

 会長の挨拶

 受賞記念スライドショーに見入る参加者

  祝辞を頂いた細谷議長も氷川台自治会の快挙に笑顔が弾けます。

  日頃の市政運営の苦労もこの時とばかりは片隅に置いてともに祝って頂きました。

  後方の棚に飾られた表彰状と盾を背に料理に舌鼓をうち歓談する参加者

 

今回の受賞について殿田会長は、その経緯と受賞ポイントを次のように語っています。

 『昨年7月に市から話があるまで「ふるさと大賞」の言葉さえ知りませんでした。生活文化課職員から推薦要領と過年度受賞事例を見せて貰って「是非応募しましょう」が、きっかけでした。過去の受賞事例を見ると、特定非営利法人や協議会・研究会、組合、プロジェクト等は、一点特化型の活動成果で応募し多数の受賞を占め、自治会・町内会による受賞はこの11年間に僅か8件(全体の3.7%)と狭き門であることが分かりました。氷川台自治会の活動は、平成23年に“安全・安心で暮らしやすいまち「氷川台」、元気で明るい活力ある自治会をみんなでつくろう‼”のスローガンの下で取り組む日常的、総合的、継続的な底上げ型活動(パッケージ型)を展開する中での応募になるのでより狭き門と認識しました。全国の自治会数は30万団体もある中での挑戦でした。また、推薦事例が総務省に辿り着くまでの壁も高く、全国47都道府県から各県が2事例、東京都と北海道が4事例に絞り込まれて総務省に推薦される難関でした。今回の受賞は、行政(市民部生活文化課)の指導と協力なくして受賞は有り得なかった「大きな賞」でした。氷川台自治会の活動は、資源ごみ集団回収・青空野菜市・焼き菓子販売会・高齢者見守り・サンドウイッチ販売会・ふれあいサロン・子育てサロン・マージャン教室・パソコン教室・うどん打ち教室・ラジオ体操の会・健康体操教室・ハイキング会・ゴルフ同好会・氷川台農園農夫の会・ジャガイモ掘り大会・サツマイモ掘り大会・餅つき大会・夕涼み会や春の防災訓練と秋の要援護者支援避難訓練など年間を通して実施されています。これらの活動は、スローガンを構成する“安心・安全・暮らし・元気・明るい・活力・みんな・つくる”の言葉ひとつひとつにつながり、参加会員の「支え合い・助け合い」で自主的に運営実施されています。イベント参加者は10人前後から300名を超えるものまであり、会員はそれぞれ自分の趣味趣向や生活リズムに合わせて参加して楽しんでいます。また、参加イベントを通して会員同士が顔を知り“温かいふれあいのあるコミュニティ”をつくっています。

  選考委員会の評価の一つに「一人の1,000歩よりも1,000人の1歩の方が大事と言われる。多くの方の協力体制を構築していることは、活動を超えたカになると思う。」と述べられています。

 今回の「ふるさとづくり大賞」団体賞(総務大臣賞)は、この7年間に渡る自治会会員の力の結集がもたらした「大きな賞」と思います。関係された皆様に厚く御礼申し上げます。

                                           氷川台自治会