【高齢者対策・環境美化対策】“見守りネットワーク委員会”に届いた「コメリ緑資金財団」からのクリスマスプレゼント♪2016年12月24日

    氷川台自治会「見守りネットワーク委員会」宛に、1215日開催の審議会委員会で審議した結果、貴団体に助成が決定したので「コメリ緑資金」により、活動を更に充実させて頂きたい”と、公益財団法人コメリ緑資金財団から「第27回 コメリ緑資金」助成金決定通知書が22日に届きました。

1

    「コメリ緑資金」とは、公益財団法人コメリ緑育成財団が、コメリの利益の1%還元事業として1990年より毎年地域の緑化活動に助成を続けてきた「コメリ緑資金の会」と園芸農業分野の研究開発交流事業を支援する「財団法人緑育成財団(1996年設立)」の事業を統合し、2012年、新たにスタートしたものです。花や緑に囲まれた美しいふるさとづくりを進め、地域産業の振興並びに地域社会の発展のために取り組まれている事業です。

2

 一昨年12月に、平成24年から「見守りネットワーク委員会」を中心に取り組んでいる高齢者「見守り」活動の一つとして、「住み慣れた氷川台にいつまでも安心・安全に住み続けられる町づくり」を目的に、高齢者の行動を制約していた氷川台通り坂道に花壇を造り四季花で飾れば、家に閉じ籠もりがちな高齢者が歩いて出掛ける気持ちにならないか。歩いて行動範囲を広げることで健康維持にならないか。綺麗な町になれば住み続けたくなりはしないか。また、氷川台から通勤する人たちが路肩に咲く綺麗な花々に見送られ、勤め帰りに花に迎えられる環境に元気づけられ、将来は地域に貢献する気持ちになって貰えるのではないか。などの思いを込めた応募申請が認められて「第25回 コメリ緑資金」助成金(40万円)を頂き、氷川台通りの路肩(支援学校前~読売新聞販売店まで)に花壇を造成して沢山の花を植えました。

3  花壇と「コメリ緑資金財団」の看板   交通障害にならない路肩側溝蓋の上を有効利用して花壇を造成しています。(道路の景観向上のため、道路占用許可書受領済)

    今年度も「第26回 コメリ緑資金」助成金を受けて、従来の氷川台通り花壇植栽に加えて、西武線盛土擁壁天端に芝桜を植え付けました。また、花壇には数百個のチューリップ球根を植えていますので来年春には見事なチューリップの帯も出来るものと思います。さらに、通りに面した会員の家入口には植栽されたプランターが置かれて通りを行き交う人々を癒しています。自宅の前に置かれたプランターの水やり管理は夫々の会員が行っています。

4   今年は新たに芝桜を植えました。擁壁天端に植えられた芝桜が見事なピンクの帯をつくりました。

5   擁壁天端の芝桜の帯と花壇に咲く花の帯は見事でした。

6   氷川台通りに面する会員宅前に置かれたプランターの花

   氷川台通りに花壇を設けて四季花で飾ることで自治会の高齢者だけでなく、通りを行き交う会員や朝夕の通勤者の皆さんから数多くの感謝の言葉を頂きました。また、氷川台自治会会員だけでなく黒目川を散歩される皆さんからも花を観るのが楽しみだとか、花は好きだけど団地住まいで花壇が無いので一緒に手入れをさせて欲しいと、毎日曜日の早朝に見える黒目川下流域の高齢者の方、ご主人を車椅子に乗せて花の成長を楽しみにして観に来られるご夫婦など、花壇を媒体として氷川台自治会の枠を超えた地域コミュニティが構築されてきています。

    このように、自治会会員だけでなく多くの皆さんに愛されるようになった氷川台通りの花壇には、「コメリ緑資金財団」の支援で来年度も花が植えられ、氷川台の高齢者を元気づけるとともに、通りを行き交う皆さんの心を癒してくれるものと思います。(事業期間は平成2941日から平成30331日です。)

                                                                 氷川台自治会 殿田 俊三

川崎市幸区「地域を豊かにするために」“~町内会・自治会活性化講座~”を終えて!2016年12月22日

      神奈川県川崎市幸区役所から「地域を豊かにするために~町内会・自治会活性化講座」の講演依頼を受けて、1216()1830~幸区役所会議室で「ずっと住み続けたいコミュニティづくりへ」のテーマで氷川台自治会の活動事例講演を行いました。

 1 平成28年第2回目「町内会・自治会活性化講座~」

   川崎市では「川崎市町内会・自治会の活動の活性化に関する条例」が平成274月に施工されています。この条例は、町内会・自治会の活動の活性化に関し基本理念、市の責務等を定めることにより、地域社会において重要な役割を担う町内会・自治会の活動の活性化を図り、もって暮らしやすい地域社会の構築に寄与することを目的に制定されました。

    川崎市幸区では、市条例の趣旨を踏まえ、町内会・自治会が担う重要な役割について学ぶ機会を提供し、地域コミュニティ活動への理解と参加を促し、町内会・自治会を活性化し、魅力ある地域コミュニティとしていくため、町内会・自治会の次世代を担う人材の育成につなげるために、平成2829年度計画で「地域を豊かにするために ~町内会・自治会活性化講座~」を実施して、地域コミュニティの課題解決に取組まれています。

  この度、幸区役所まちづくり推進部地域振興課から、今年度の4講座実施の内1講座「ずっと住み続けたいコミュニティづくりへ」のテーマでの講演依頼を受けて、“自分の住む地域で、ずっと暮らし続けるために、安心・安全に暮らすために、毎日楽しく暮らすために「支え合い・助け合い」のあるまちづくり”に向けた氷川台自治会のパッケージ型取り組み事例を幸区役所会議室で紹介しました。

2   夜間(1830)の開催にも関わらず熱心な区民の皆さんが参加されました。

  川崎市幸区は川崎市南東部に位置し、東久留米市と比較すると人口161,000( 117,000)、世帯数76,000世帯(53,000世帯)で東久留米市の約1.4倍の規模です。人口もこの5年間で約1万人近く増加し、今後10年間で約5,000戸程度の共同住宅の建設が予測されており、人口増加に対応した子育て環境の整備や進行する高齢化への対応などを急がれています。大型共同住宅の建設等による若い世代の増加によって、区民のライフスタイルも多様化し、従来からの町内会・自治会を基礎とした地域コミュニティが希薄化して、災害時時における要援護者支援体制などに不安が生じています。幸区では、町内会・自治会が現在抱えている課題や区民へのアンケート結果から関心の高い項目を抽出してテーマを選定し、今後とも継続して地域活動が出来るよう、町内会・自治会運営の活性化策や若い世代の組織への積極的な参画、町内会・自治会の活動を支える包括的な仕組みづくりなどに積極的に取り組まれています。幸区の素晴らしさは、現在でも町内会・自治会加入率70.5(東久留米市は38%弱)という高い加入率にも関わらず、現状に甘んじることなく人口増加で予測される変化や新たな課題想定への対策を今から講じられていることにあります。

3   かわさき市政だより「さいわい11月号」 あなたのアイディア大募集! 幸区をもっと暮らしやすく♪   もっと元気に♪   区民の参加を積極的に呼びかける広報紙

  今回の講演で幸区に伺って強く感じたのは、急激な人口増加による環境の変化や高齢化社会への対応など、行政が先頭に立って課題解決へ向けた施策を実施されていることでした。また、夜間の講座にも拘らず参加された区民の皆様からは、地域コミュニティの構築に真剣に取り組まれている姿が質問等に現れていました。地域コミュニティが希薄になったとはいえ加入率70%強の幸区では、住民参加による協働の“町づくり”が着々と進んでいることが分かりました。

4  *参考:平成28年第1回目「~町内会・自治会活性化講座~」ポスター

  氷川台自治会に目を向けてみると、高齢化率は低下傾向にあるといえ東久留米市内でも高く、33%近くに及んでいます。また、ここ数年の自治会の様々な取り組みが会員に浸透し、地域コミュニティのある氷川台に長く居住する願望が強くなり、今後も高齢者(自分も含め)は増加すると予測されます。同時にライフスタイルの多様化による高齢者単身世帯の増加も予測され、日常生活における“地域での助け合い”や“高齢者を孤立させない取り組み”がさらに重要になります。来年41日から東久留米市でも「介護予防・日常生活支援総合事業」が実施されます。要支援高齢者への身体機能回復支援サービスが提供されますが、上流側の支援以上に重要になってくるのが下流側(地域)での受け皿体制の構築ではないかと思います。誰もが、2025年問題(4人に1人が高齢者)対策に真剣に取り組み、これから益々地域コミュニティなしには成り立たない社会になることを自覚すべきではないかと思います。

                                                                               氷川台自治会 殿田 俊三

 

被災地の漁師さんから嬉しい便りが寄せられました♪2016年12月19日

    1216()に東京都社会福祉協議会会長から「東日本大震災被災者()支援に対する特別感謝」感謝状を贈呈され、喜びの余韻に浸っている最中に、支援先の南三陸寄木の浜の漁師さんから嬉しい便りが届きました。

 2011311日の大津波で流され復旧が急がれていた養殖ワカメの共同処理作業場が完成したとの知らせでした。今まで、11月下旬の養殖ワカメの種付け作業、23月の収穫・塩蔵処理作業など寒風が吹き抜ける浜辺での作業を強いられていましたが、これからは屋根の下での作業が可能になり負担も大いに軽減されるものと思います。

IMG_20161226_0002 皆様とは、今後とも互いに生きられ支えあえる交流を望んでいます。と記されています。

2  岸壁での従来の作業状況

  今までは、岸壁で寒風にさらされながら養殖ワカメの処理作業(塩蔵処理)をしていましたが、これからは完成した共同作業場の中で風雨を避けた作業が可能になりました。

IMG_20161226_0003   完成した「養殖ワカメの共同作業場」

  今年の秋は自治会行事が重なってワカメ種付け作業の応援に行けませんでしたが、来春のワカメの収穫時には、現地に行って作業の手伝いと漁師の皆さんの明るい笑顔にあって来たいと思います。

                                                                   氷川台自治会 殿田 俊三

氷川台自治会に「東京都社会福祉協議会会長感謝状」が贈呈される♪2016年12月18日

   1216日(金)に東京都庁で開催された「第65回 東京都社会福祉大会」に於いて、氷川台自治会に「東京都社会福祉協議会 会長感謝状」が贈呈されました。

1  都庁5階大会議場(川井東京都副知事の挨拶)

    東京都社会福祉大会は、東京の社会福祉の発展に功績のあった社会福祉関係者を表彰し、優れた活動内容を紹介することにより、福祉活動の普及・促進を行い、誰もが安心して暮らせる社会の実現を図る目的で開催されています。

    この度、東日本大震災(2011)や大島町土石流災害(2013)被災者()支援活動を続ける団体を対象に選考され、多くの活動団体の中から氷川台自治会と聖グレゴリオの家で取り組んでいる「寄木復興支援活動」が評価され、「東日本大震災等被災者()支援に対する特別感謝」として東京都社会福祉協議会 会長感謝状を受賞しました。表彰式には、氷川台自治会の会員でもあり、自治会を被災者支援活動に導いて頂いた聖グレゴリオの家の橋本周子所長と一緒に出席して栄えある感謝状を頂きました。

2  感謝状を手にする会長と聖グレゴリオの家 宗教音楽研究所 橋本所長

3  東京都社会福祉協議会 会長感謝状

4  レセプションホールで受賞者の記念撮影

  震災翌年から始めた支援活動も、6回の現地訪問や昨年一昨年と2年続けて被災地漁師さん家族を氷川台に招待したりして交流を図っています。氷川台を訪問してきた時には、聖グレゴリオの家をベースにして、コンサートや食事会で懇親を図り、一昨年は柴又帝釈天・虎さん記念館の見学、昨年は、浅草寺・スカイツリー見物などで気分転換を図ってもらいました。その他、支援物資を会員から提供してもらったり、養殖ワカメの共同購入も続けています。

 今年、被災漁師さんたちは長かった仮設住宅から高台の新居に移り新生活がスタートしましたが、これからが本当の復興へのスタートとなるものと思います。高齢化の波は氷川台も寄木の浜にも同様に押し寄せて来ます。津波に流された波辺の施設等の復旧もこれから本格化していきます。今回の感謝状は、今後も変わらぬ支援活動への期待も含めての賞と受け止めています。

                                                                氷川台自治会 殿田 俊三

【外部資源との協働】アッと云う間のサンドウイッチ完売♪2016年12月14日

    1212()1030~氷川台会館でライフパートナーこぶし清瀬事業所「カフェふわっとん」製造のサンドウイッチの販売を開始しました。氷川台自治会の高齢者のみならず、自治会会員の「近くに簡単な食事ができるような場所があるといいな~」のつぶやきに応えて、手探りの状態ながら本日オープンしました。サンドウイッチ販売のお知らせが遅れた為、来店客を心配していましたが、開店時間前には子育てサロンを利用しているママさんが乳母車を押して一番乗り、販売開始10数分で売り切れてしまいました。

???????????????????????????????   おしゃれな制服を着て販売にあたる「カフェふわっとん」の従業員(利用者)さんと見守る苅部施設長と会長

???????????????????????????????   早々と売り切れて殆どの人の口に入らなかった“幻のサンドウイッチ”

???????????????????????????????  サービスcaféを飲みながら談笑する来店者の皆さん(隣町から見えた方もおられました)

  氷川台自治会の活動はパッケージ型の活動で、様々な分野のいろいろな活動が絡み合って前進しています。今回のサンドウイッチ販売も、自治会から外へ目を向けた時に行きついたのがライフパートナーこぶし清瀬事業所「カフェ ふわっとん」との協働でした。来店客の一番乗りは、隔週木曜日に開催されている「子育て交流サロン氷川台(ひよこの会)」に参加している隣町のママさんと乳幼児でした。また、最近マザアス氷川台に本部を移した東部地域包括支援センターの職員さんや社会福祉協議会の職員さん、東久留米市役所の職員さん等「氷川台会館のサンドウイッチ販売」を媒体とした行政と地域のコミュニティが醸成されていきます。毎週月曜日昼食時に氷川台会館に足を運べば障がい者が社会復帰を目指して働く姿に会えます。隔週木曜日のふれあいサロンや第4月曜日の焼き菓子販売など、氷川台自治会では障がい者施設の利用者さんと同じ土俵(氷川台自治会)の上で協働しながら地域の活性化を推進しています。

   氷川台自治会のイベントやサロンには子育て中のママさんから地域の高齢者まで幅広く集まります。地域の人たちの生の声を聴いたり、ふれあう貴重な“場”もあります。

 このように氷川台自治会では、サンドウイッチ販売(毎週月曜日11時~13時頃まで)、ふれあいサロン氷川台(隔週第13木曜日1330分~15)、子育て交流サロン氷川台(隔週第24木曜日1330分~1530)、焼き菓子販売(毎月第4月曜日1330分~15)と会員以外にも開放した地域コミュニティサロンを開催しています。

 高齢者のみならず、年齢の枠にとらわれず、過去の職業にもこだわらず職場をリタイヤした人達が集まって集うのも楽しいものです。皆さん是非お出かけ下さい。

                                                                        氷川台自治会 殿田俊三

地域コミュニティがもたらす、安心・安全で華(花)がさく氷川台♪ 2016年12月10日

     今年の氷川台自治会の活動も終盤に差し掛かり、先日は氷川台通り花壇の植え替えを実施しましたが、氷川台自治会では地域の安心・安全確保と美しい住環境の維持に向けて三つの活動を行っています。活動開始の古い順番に紹介します。

    一つ目は238月から始めた「夏季早朝一斉清掃」です。子供たちが夏休みに入った8月第1日曜日早朝7時~自治会エリア内を皆で清掃しています。大人も子供も力を合わせて自分たちの住む地域を綺麗にする意識が高まり最近では一斉清掃が必要なくなるほど綺麗な町になりました。

1  学芸大学付属支援学校の用地で繁茂し道路上に覆い被さった草も切り取って綺麗な道路にします。

2   空き家空き地の草刈り清掃も実施し、防災防犯面からの危険性も除去しています。

    二つ目は、245月から氷川台自治会南端に接する氷川台緑地の緑地保全と自然環境維持活動に、東久留米ふれあいボランティアの皆さんと4回/年間の頻度で取り組んでいます。1126()にも今年最後の緑地保全活動として、会員11(毎回10名~20名参加)が東久留米ふれあいボランティアの皆さんと一緒に草刈りや枯損木の片づけを行いました。以前は雑草が繁茂して見通しも悪く不審者出没等の事件もありましたが、自治会の活動が活発になり地域のコミュニティが出来るにつれて不審者情報等も無くなり安心・安全な地域になって来ました。

???????????????????????????????  1126()、氷川台緑地に集まった会員がふれあいボランティアの皆さんから作業内容を指示されているところです。

4 草刈り作業中(自治会でエンジン草刈り機も購入しました)

???????????????????????????????  見違えるようになり見通しが良くなった氷川台緑地、緑地の奥まで見通せます。

  三つ目が、氷川台通りを花で飾り、花で癒されながら通りを往来できる町をつくる活動です。公共交通機関の無い氷川台の多くの高齢者は、病院や買い物へ行くにも氷川台通りの坂が負担になりタクシーで行き来していました。今後の超高齢化社会を迎えるにあたり、高齢者の行動を制限していた坂道に綺麗な花を植えることで、天気の良い日には路肩の花々を観ながら歩いて行き来する動機づけになることを期待して256月から花壇づくりを始めました。最初は氷川台通り路肩側溝と擁壁の隙間(15)に花を植えていました。特に夏場の水やりには苦労の連続で、ジョロ(4)に入れた水を何往復もして2時間ぐらい掛かって水を与えていました。

6僅かな隙間で育つビオラの花(2512)

    2510月に「コメリ緑育成財団」が地域の緑化活動の支援をされていると知り、氷川台自治会「見守りネットワーク委員会」として、“氷川台自治会メイン通りを花で飾れば、家に閉じこもりがちな高齢者が歩いて行動を起こす動機づけになり、行動範囲が広がることで自分の健康を維持し、いつまでも暮らし続けられる町にしたい。また、通勤中の皆さんが早朝、花壇に咲く花々に見送られて気持ちよく出勤し、将来は地域に貢献する気持ちになって貰う”との理由で応募しました。氷川台自治会の活動内容と応募理由が認められ40万円の助成金を受けて現在の花壇が完成しました。

7  男性会員も女性会員も氷川台の住環境を良くする目的で力を合わせて花壇づくりに励みました。(267)

8  花壇には会員の願いが込められた多くの花が植えられ氷川台通りを飾りました。(289)

    今年も、1210()に「コメリ緑育成財団」の助成で維持されている氷川台通り花壇の花を植え替えました。7月に植えられて、長い間通りを往来する皆さんを癒してくれたベコニア・アンゲロニア・マリーゴールド・サルビアなどの花々も寒さの到来と共に終わりましたので、新年を迎える前にと会員が集まって葉牡丹・ビオラが180株、チューリップ球根が300個、花壇に植えました。

9 員が葉牡丹・ビオラを丁寧に植付けました。

10 花壇に並んだ葉牡丹とビオラ(2812)

11 氷川台通りに面する会員の家の前には、ビオラを植え付けたプランターが並べられています。(2811)

12 小山台遊園入口にはビオラが植えられたプランターが並び、小山台遊園内花壇にも市環境政策課から提供されたビオラが植えられました。(2812)

13 今年の目玉は、秋田緑化農園さん(自治会会員)が丹精込めて育てたブーケ仕立て葉牡丹です。写真の葉牡丹の他にも78種類が植えられています。是非、見に来て下さい。

 256から始めた花壇も3年半が経過しました。当初は路肩にひっそりと咲いていた花も、今では多くの皆さんの協力を得て立派な花壇の中ですくすく育ち、氷川台通りを行き交う人々の心を癒しています。

                                       氷川台自治会 殿田俊三

新たな取り組みの紹介!お昼にサンドウイッチはいかがですか♪ 2016年12月6日

    1212()から毎週月曜日の10301200 氷川台会館でお昼のサンドウイッチ販売を開始します。現在、氷川台自治会エリアには食品雑貨などの販売店が在りません。自治会の歴史と共に歩んで来られ、ここ10数年間唯一の商店だった「工藤商店(雑貨)」も4月末に閉店となり、会員は全ての面で不自由を強いられていました。今回、ライフパートナーこぶし清瀬事業所 「カフェ ふわっとん」の協力を得て氷川台会館でサンドウイッチの出張販売をしてもらいます。

1販売場所:氷川台会館(小山台遊園並び)

2  毎週月曜日10301200  350サービスcoffee付き

    氷川台自治会の高齢化率は低下傾向にあるとはいえ、現在33%弱とまだまだ高い数値になっています。高齢者世帯や一人住まいの高齢者会員などが近くの氷川台会館で毎週決まった時間にサンドウイッチを購入できれば、一人だからつくるのが面倒だ、あるもので間に合わせようか、今日は昼食を抜きにしようかなどが解消でき、食生活の改善と健康維持大きくに寄与すると思われます。毎週月曜日に氷川台会館へ行けばサンドウイッチを購入できるとなれば、昼食メニューを考えるわずわらしさから解放され、月曜日の予定も立て易いのではと思います。

3 綺麗に掃除が行き届いた小山台遊園

4花壇に植えられたビオラ

    隣の小山台遊園は遊具(砂場・鉄棒・滑り台・ジャングルジム・シーソー)やベンチが揃い、花壇には四季の花が植えられて公園全体が綺麗に管理されています。子育て中の皆さんも仲間を誘い合ってお出かけ下さい。天気の良い日には、子供さんを小山台遊園で遊ばせながらランチパックを囲んでの談笑など如何ですか。会員以外の方もどんどん利用して下さい

*トイレ(洋式)は氷川台会館にありますのでご安心下さい。

                                                                  氷川台自治会

春の桜(さくら)と 秋の紅葉(もみじ) 2016年12月5日

    氷川台自治会の活動拠点氷川台会館中庭には、いつ誰が植えたのか分かりませんが、四季を告げる二本の木があります。1本は以前お知らせしました春を告げる「山桜の木」です。もう1本は秋を告げる「もみじの木」です。

1  春のシンボル山桜

    野生の桜の代名詞である山桜が1本あります。自治会の歴史を見守ってきた山桜は、毎年忘れもせず山桜の特徴である開花と同時に葉も出てきます。今年も見事な花を咲かせ春には自治会恒例の花見をしました。 

2  秋のシンボルもみじの木

   秋になるともう1本の木「もみじ」は小山台遊園や氷川台花壇に植えるチューリップの球根の植え付け時期を教えてくれます。日本は縦に長く紅葉の見頃が北から南へ移動していくため、各地での“紅葉の見ごろ”の時期が“球根の植えごろ”と言われていますので、毎年「もみじ」の色づくのを合図に花壇に球根を植え付けています。 

  西武住宅が開発分譲された時に植えられたと思われる2本の木(桜と紅葉)は、60年の歴史と共に成長し、氷川台住民に春と秋を告げ続けています。

                                       氷川台自治会 殿田俊三