第5回夕涼み会~雨の中で実施決定をうながした傘をさす子供のすがた~2015年8月23日

            823()1730~氷川台自治会第5回夕涼み会が小山台遊園で実施されました。当日の天気は夕方からの雨予報でしたが、これまでの準備を無駄にはできず午後から祭りの会場設営に掛り、5時前には準備万端整い終えた途端に強い雨が降り出しました。中止も考えましたが、一番乗りの少女が雨の中で待ち続ける姿を見た時に開催を決断しました。少女の願いが通じたのか不思議と開催を決定した途端に雨も上がり祭りを後押ししてくれました。

 ???????????????????????????????夕涼み会案内看板(会員の手製)

2 雨の中で祭りを待つ一番乗りの子供(右端)

 平成23年から会員のふれ合いの場・機会として始めた「夕涼み会」も今年で5回目になり、祭りの参加者も回を重ねる毎に増えて来ました。その中でも特に子供たちの姿が年々目立つ様になると共に集まる子供たちの名前や顔も必然的に頭に入るようになりました。高齢者同士の会話が弾むと同時に高齢者と児童の会話や触れ合いも方々で見受けられ高齢者は子供から元気を貰っていました。

???????????????????????????????祭りの音楽を聞いた会員が開催決行を知り会員が集まり始めました

 売店販売はビール・ジュース・唐揚げ・枝豆・かき氷に加え新たに焼き立ての串団子(いそべ・タレ)やライフパートナーこぶしの焼き菓子&パウンドケーキ、無名職人の焼きたてパン&イングリッシュマフィンでした。各コーナー前には行列ができ用意した品物は早々と売り切れました。

4焼き団子の前には行列が!(久米川駅前のいずみやさんが応援に駆け付けてくれました)

???????????????????????????????ライフパートナーこぶしの焼き菓子コーナーとアッという間に完売したこだわりのイングリッシュマフィン・天然酵母パン

 

夕暮れ時には大人気の流しそうめんが開始され、大人も子供も青竹の上を流れるそうめんを必死で箸にかけて夏の涼しさを感じていました。

???????????????????????????????流れるそうめんに舌づつみを打ちながら昔を懐かしむ会員とそうめん流し担当の防災会役員

 子供たちは輪投げやスーパーボールすくいに講じて歓声を上げながら一喜一憂していました。

???????????????????????????????スーパーボール掬いコーナーは“子育てサロン氷川台「ひよこの会」”のスタッフが担当して顔馴染みの子供たちと会話を楽しみました。

 メインイベントは夕涼み会初参加の太極拳(エスプリ)の演舞に氷川台のスーパー小学生によるヒップホップダンスと東久留米盆踊りサークルの皆さんによる東久留米音頭でした。

 ???????????????????????????????毎週月曜日に氷川台会館で練習に励んでいる太極拳サークルエスプリさんの演舞(平均年齢○○歳の元気一杯な高齢者チーム)

???????????????????????????????氷川台のスーパー小学生 NATSUYUI(なつ&ゆい)8/12に開催された東日本ダンスコンクールで金賞を受賞した「EAST CREW  EYES」のメンバーです。9月開催の全日本ダンスコンクールに出場します。

???????????????????????????????東久留米盆踊りサークルの皆さんが東久留米音頭を指導してくれました。

 子供たちが待ちにまったスイカ割りの頃には小雨が降り出しましたが帰る人もなく子供たちに声援を送っていました。

11

???????????????????????????????

  最後は、会員のアコーデオン演奏で「ふるさと」を熱唱した後、恒例の仕掛け花火が点火されて歓声を揚げながらフィナーレを迎えました。

??????????????????????????????? 仕掛け花火に歓声をあげる参加者

  氷川台の子供たちが夏休み最後の楽しみしている「夕涼み会」は、イベント委員会の皆さんの企画と大勢の会員の協力で無事終えることが出来ました。昨年よりは少なかったとはいえ天気が悪い中、220名もの会員が祭りに参加して氷川台ライフを楽しみました。特に氷川台では自治会の活性化と共に年々若い世代の世帯数が増えて高齢率が減少しています。その象徴として今年の「夕涼み会」に67人もの子供たちが参加して楽しみました。

 氷川台の子供たちが増えるにつれ自治会の中も明るく賑やかになり高齢者も元気を貰っていますが、次世代を担う子供たちを見守り、健全に育てる手助けをする責任を感じた「夕涼み会」でした。                         

                                平成27826  氷川台自治会

~いざという時に、大切な家族を救うのはあなたです~ 2015年8月8日

    ~いざという時に、大切な家族を救うのはあなたです~ (東久留米消防署救命講習キャッチフレーズ)

   東久留米消防署では毎月第2土曜日に普通救命講習を実施されています。氷川台自治会でも“安心・安全で暮らしやすいまち”を目指して防災訓練を繰り返し実施し同時に心肺蘇生・AED操作訓練等の救命講習を組み入れて実施しています。今年度も既に5月の立川防災館での体験訓練や6月には起震車を呼んでの防災訓練等で救命講習を企画実施しました。

  ???????????????????????????????立川防災館での体験訓練(5) 35名参加

  2起震車を呼んでの防災訓練(6) 91名参加

  自治会エリア内には、いざという時に使用するAEDは自治会会員の「ライフパートナーこぶし」に唯一設置されていましたが、今年7月に会員の「聖グレゴリオの家」にも新たに設置されました。設置にあたり自治会からも取り扱い説明会に参加して救命講習を受けました。

 3 聖グレゴリオの家でのAED操作訓練(7)

 ???????????????????????????????聖グレゴリオの家にあるAED機械

 先日、繰り返しての訓練が如何に大切かを思い知る場面に遭遇しました。緊迫感のない訓練こそつまらないものはありませんが、理屈抜きに、繰り返し行う訓練だからこそ自然に身に付いていた感覚・手順を体感しました。

 高齢者夫婦2人暮らしの会員宅ご主人から、“家内が倒れた”との知らせで救急車の手配をして妻と駆け付けましたら奥様が居間に倒れておられました。早速、訓練で学んだ呼び掛け・呼吸確認・脈拍確認をしましたが、いずれも確認できなかったため妻に心配蘇生(心臓マッサージ)を頼んで聖グレゴリオの家にAEDを取りに駆け付けました。自転車でAEDを持って帰った処へ救急隊が到着して救命処置を引き継ぎましたが、救急隊の方も我々がとってきた処置と同じことをされるのを見ながら繰り返し訓練の重要性を改めて認識しました。一度や二度の訓練では頭で理解できても体がついて来るかが問題です。幸い夫婦で、ことある毎に救命訓練を受けて来ましたのでお互いの持ち場を躊躇なく遂行できたと思いました。

 自治会や防災組織が有る地域の皆さんは、地域で救命講習が計画実施される場合は必ず参加して学んで下さい。また、自治会や自主防災組織等何も無い地域の皆さんは、是非東久留米消防署の救命講習を受けて救命処置を学んで下さい。

 東久留米消防署のキャッチフレーズのとおり

~いざという時、大切な家族を救うのはあなたです

 5       

 救命技法を身につけるのは、人のためでは無く自分のため家族のためです。

 () 消防署から頼まれて書いてはいません。実際に起きた体験から感じたことを書かせて頂きました。

氷川台自治会 会長 殿田 俊三

~住みやすい町づくりは自分達の手で~夏季早朝清掃がもたらす効果‼ 2015年8月2日

     氷川台自治会恒例の第6回夏季早朝清掃を82()700830に実施しました。6年前の開始当時の目的は、青少年健全育成に一翼を担うべく、夏季休暇に入った児童に“自分達の住む町内を一緒に綺麗にしましょう”の呼び掛けでした。8月の第1日曜日と決めた早朝清掃も現在では児童の参加はちらほらですが、会員の参加は年々増えて“みんなで住みやすい環境をつくる”目的に変わって来ました。

??????????????????????????????? 小山台遊園に集まり会長より作業分担を聞く

  作業当日も早朝から猛暑日を予測させる陽射しの強い日になりましたが、40名もの会員が思い思いの道具を手に小山台遊園に集まって来ました。氷川台自治会内は日頃から会員がボランテイアで氷川台通りの清掃やポイ捨てゴミ拾い、防犯ウオーキング時のごみ拾い、空き地・空き家の管理等ができている為、氷川台を訪れた皆さんに“綺麗な町”との評価を得る様になって来ました。その様な中で、今回は氷川台通りの支援学校側の清掃と氷川台緑地道路際の草刈を主体にして行いました。

??????????????????????????????? 氷川台緑地道路際の草刈清掃

3 支援学校フェンス際の清掃

 大勢が協力しての作業は素晴らしい自治会の連帯感を醸成するとともに住み続けたくなる素晴らしい環境を創り上げます。目的を一つにした会員が早朝から汗を流して取り組む姿は自治会に活力をもたらしています。

 早朝清掃終了後は小山台遊園に集合しての第2部の幕開けです。作業を終えた会員は汗だくになって充実した顔で三々五々小山台遊園に戻って来ました。そこには、冷たいお茶と氷川台第2農園で収穫したスイカが冷やされて待っていました。乾いた喉を潤しながら懇親を深めた82日の早朝の出来事でした。

 ???????????????????????????????氷川台第2農園で収穫したスイカ

 5 甘いスイカで喉を潤す会員

健全な青少年の育成は青少協と地域の連携から! 2015年7月30日

     梅雨明け以来、とどまるところを知らない猛暑日が続いている最中の729()に青少協愛のひと声運動パトロールと氷川台自治会防犯ウオーキングが合同で町内をパトロールしました。

当日は自治会から10(子供1)、青少協から4(赤羽根校長先生と役員3)14名で通学路の点検検証をしながら町内を巡りました。

???????????????????????????????    学校・家庭・地域の連携

 愛のひと声運動は青少年の健全育成を図る目的で、全市民参加のもとに愛のひと声運動が展開されている。との認識でいますが、数年前までの愛のひと声運動パトロールは、青少協の呼び掛けに応じて自治会代表が1名参加する形だけのパトロールでした。その様な状況の中で、氷川台自治会では“児童の健全育成は地域の活性化と地域での見守り”を主眼に防犯ウオーキングやわんわんパトロールを平成244月から実施して“明るい地域づくり”に取り組んで来ました。

???????????????????????????????障碍者施設利用者も一緒に防犯ウオーキング

 ??????????????????????????????? わんわんパトロール隊員

平成24年度の青少協役員(愛のひと声運動担当)の皆さんがパトロールの形骸化に危機感を持たれたのか、平成253月から氷川台自治会防犯ウオーキング(水・土/毎週)に愛のひと声運動パトロールが合流して地域ぐるみで健全な環境をつくる活動に変わっていきました。

 ???????????????????????????????お母さんに手を引かれて参加する幼児も

  学校・家庭・地域がスクラムを組んで実施するパトロールの効果は、通学路の安全性を点検・確認したり、地域住民から見た児童の様子を話したり、校長先生と一緒にパトロールして喜ぶ児童がいたり、地域に住む児童の生活状況を目で見て感じてもらえたり、次は先生と一緒に歩くから教えてくれと言って来る児童がいたりと、大きな子育ての輪ができています。

 5 出会った高齢者とのふれあい

  地域は学校と違った部分で毎日の生活の場であり、友達や大人達との触れ合いを通して社会のルールを学ぶ場でもあります。従って、子ども達が親しみを感じるような地域をつくることが大人の責任です。子供たちを守り育てるには魅力ある地域社会でなければなりません。その為には、まず日常の挨拶が大切です。大人も子供も挨拶は人の心を和ませ、地域の繋がりを密にし、魅力ある地域づくりの基盤になります。地域に暮らす大人達が、自ら魅力ある地域づくりをしていけば必ず子ども達は学んでいき、善悪の判断ができる立派な大人に育つものと思います。

 東久留米市次世代育成支援行動計画事業推進状況が発表され、地区青少年健全育成協議会への支援、愛のひと声パトロールへの支援、安心・安全なまちづくりの推進等が行動目標に掲げられ進捗状況が記されていますが、愛のひと声運動パトロールに行政も参加されて地域を肌で感じて頂ければ効果も増大するかと思います。 

                             氷川台自治会 殿田 俊三