第2回要配慮者支援避難訓練 2014年11月22日

                昨年同様、快晴・温暖に恵まれて開催。要配慮者避難支援委員会は、昨年度避難訓練を見直して、より充実した内容で実施。また、要配慮者の登録漏れを発掘し、18名が新規登録し、82名となりました。さらに、要配慮者災害時支援隊の充実を図り、隊員の着用するオレンジ色のジャンバー(「氷川台自治会」の名入)を作成し、全54名の支援隊員に貸与しました。訓練への参加者総数204名、うち、自治会員は150名。

2 2-2

【発災・告知・避難】

9:00発災、支援隊員がサイレン付きハンドスピーカーで自治会内を回り、発災を告知し、避難所(小山台遊園)への避難を促しました。要配慮者をはじめ、自治会員は各家庭で備えている避難袋を持参して、避難所へ集まり、氏名の登録を行いました。合わせて自治会賛助会員ライフパートナーこぶし(自治会と災害時支援協定を結んでいる)からは、車椅子も交えて入所者5人が集団避難訓練として到着しました。

開会宣言・避難本部設置】

9:30殿田自治会長が「災害はいつ起きても不思議ではない。日ごろの訓練と、地域の支え合い・助け合いが災害時に力を発揮する」と強調して開会宣言。避難本部を自治会館に設置し、本部長に就任して訓練が開始されました。

3

街頭消火器取り出し・初期消火訓練】

自治会内の街頭設置消火器は30(自治会設置22・市設置8)あります。これが初期消火の要となります。幸い、今まで1度も使われていません。同時に取り出す訓練をしませんでした。今回、支援隊員が避難所近辺の街頭消火器6基を取り出して避難所に運び、初期消火訓練を実施。もちろん、訓練には消防署の用意した、訓練用消火器を使います。この訓練は毎年春の防災訓練でも繰り返し実施しています。氷川台で、最も怖い災害は火災だからです。

4 5

要配慮者安否確認

 要配慮者支援避難訓練」の名の通り、訓練の目的の第1は要配慮者の避難です。また、そのための支援隊です。その支援隊が3名×5組のチームを組み、自治会15組の、避難してきていない要配慮者の自宅へ赴き、安否の確認をし、本部に報告します。訪問した15人の安全が確認され、殿田本部長から全参加者にその旨報告されました。訪問した1軒では、「皆さんのお蔭で氷川台に安心して住めるようになりました」との言葉に、勇気づけられました。

6

【車椅子支援】

共同主催者である社会福祉協議会(社協)からは今回も、事務局長をはじめ13名のスタッフが参加。持参してくれた車椅子を使い、乗せ方・押し方・おろし方等を解説、モデルを乗せて道路まで試乗しました。前回、4台だったため、見学・体験がやりにくかったことから、今回は7台の車椅子を持参してもらいました。車椅子は、要配慮者の避難に有効な機材です、来年度にも自治会に導入する計画です。

7

【リヤカー搬送】

今回も、消防署が1台持参してくれ、自治会所有1台との2台を使用。消防隊員の解説でシートを使った乗せ方・引き方・おろし方等を実演しました。

IMGP00913

【担架搬送】

昨年同様、消防隊員の解説で乗せ方・運び方を実演。瓦礫などがある場所では、大変有効な搬送法ですが、搬送には最低4人が必要なことを体感しました。

8

【変身台車紹介】

社協で、最近導入した機材です。いろいろな用途に変身するということで「変身」と名付けられたものです。縦長のリヤカーにも、人を乗せる運搬車にも変身します。いずれ自治会でも導入を検討することになるでしょう。写真は、台車を体験する殿田本部長。

9

【簡易トイレ・トイレ用テント実演】

簡易トイレ用テントは、ワンタッチで組み立てられ、自治会には現在2基あります。簡易トイレは市販のプラスチック製と、段ボールの手製があります。災害時、トイレは最も深刻な問題です。会員の皆さんも、段ボールの手製を作ってみてはいかがでしょう。

10IMGP0110

【発電機運転実演】

発電機はガソリンが燃料なので、年46回のメンテナンスが必要です。災害時、停電になると、かなり深刻な状況になります。復旧までの動力源として貴重な役割を担います。今後、防災会役員には、その操作を習得してもらうことになります。今回も、発電した電力でハロゲンライトと投光器の発光実演をしました。

11

【イーバックチェア紹介】

 聞きなれない名の機材ですが、人を座らせて2階から階段を滑らせて階下に運ぶ機材です。消防署に装備されています。今回、その消防署の勧めで紹介。ゴム製のキャタピラがついており、2人いれば楽に階下におろすことができます。もちろん平らなところで、車椅子としても使えます。写真左は、東久留米消防署・新川出張所の小山所長がユーモアを交えた解説で見学者をリラックスさせている場面。右は所長自ら乗り込んで実演。

12 13

【スタンドパイプ放水訓練】 路上に「水道消火栓」と書かれた四角のマンホールがあります。これを開けてスタンドパイプを取り付け、ホースをつなげると、水道本管の強い水圧で放水でき、火災消火に有効です。今年度、自治会でこれを購入し、自治会館庭に格納箱を設置しました。今回の訓練では、消防署から「模擬消火栓」(写真左上)を借りて、取り付け訓練をしました。模擬消火栓は取り付け訓練用に作られたもので、ガラス張りにして、マンホールの消火栓では見ることのできないジョイント部を横から見られます。支援隊の有志に体験してもらいました。そして、農園前の消火栓への取り付けを、消防士に実演をしてもらい、放水は支援隊員が体験しました。

14 15

IMGP0121 17

18  19

【田無警察署】 今回も田無警察署が参加協力しています。警察は防犯のみでなく防災にも力を入れています。特に、氷川台通りの車両規制・一部道路の通行止めを実施し、その警備を担当してくれました。また、消防署と共に、防災資料の展示・提供をいただきました。

20 21

【炊き出し訓練】 炊き出し隊は前日から活動開始。自治会農園収穫の大根など新鮮な野菜をたっぷり使い、鉄製かまどとブロックかまどで「豚汁」200人分を作りました。またアルファ米200食を作成。市提供の備蓄用クラッカーとともに参加者に配給、なかでも手造り豚汁の味は最高で、今回も上々の評判でした。

22 23 N0011905

【避難グッズ展示】 今年、自治会員は避難袋を持参して避難所へ集まる訓練を実施、普段の備えを訴えました。その袋に詰める避難グッズのモデルを展示。社協と防災まちづくりの会・東久留米から貸し出されたモデルを社協ボランティアセンター会員が解説。加えて、実演後の車椅子体験もできるようにしました。

N001186424

【防災機器・レスキュー器具展示】  自治会の防災倉庫に備えている防災機器を展示しました。今年度レスキューセットを購入、防災倉庫内はかなり充実しました。また、消防署は今回もミニ消防服(防火衣)とヘルメットを準備し、子供たちの写真撮影に貸し出しました。

25 30

26 27

※避難訓練には、「防災まちづくりの会・東久留米」会員3名、近隣自治会役員等の方々合計18名が視察・参加しました。また、避難訓練を支援して下さった各機関には自治会より厚くお礼申します。

【殿田自治会長からのメッセージ】

要配慮者支援避難訓練を終えて・災害につよい地域づくり

昔から言われているように「天災は忘れたころにやってくる」「備えあれば憂いなし」ということわざがあります。誰でも知っている言葉だからこそ、誰にとっても大事な言葉です。

 東日本大震災から3年半が過ぎ、あの悲惨な大惨事も段々忘れられようとしています。1045日には南三陸寄木の浜の漁師さん家族16名が氷川台の地を訪れてくれました。彼らが一様に言っているのは、「あのような災害に遭うとは思ってもいなかった」「こうして生きていられたのは周りの皆のお蔭だ」「漁師は1匹狼だが、助け合うことの大事さを身に染みて感じた」と…。

 突然の災害に速やかな「公助」は期待できません。災害から被害を最小限にとどめるのは「地域の支え合い」です。一昨年から取り組んでいる「高齢者見守り」や昨年から始めた「要配慮者登録」「災害時支援隊員登録」は、まさしく「安心・安全で災害に強い町づくり」への手段であり「地域の支え合い」で成り立っています。

 奇しくも22日に自治会要配慮者支援避難訓練を終えた夜半、長野北部地震(震度6)が発生し白馬地区を中心に家屋全壊31棟・半壊56棟の被害が発生しました。夜半の大災害にも係わらず“死者ゼロ”の背景には何があったのか?とニュースになりました。

 これだけ大きな地震が起こったなかでも“死者ゼロ”という結果につながった一番の理由は、やはり「地域の強い結びつき」だったそうです。自分が助かった後も地域の方や友人を直ぐに助けにいっています。その中には、暗闇の中でも「助けて」という声を聞いただけで、その人が誰で、どこに居るのか瞬時に判断して仲間を呼んで助けたそうです。

今回の長野北部地震後の報道では、長野北部地震「死者ゼロ」を学びたい、安否確認もスムースに進んだ「77世帯220人全員」の顔が分かると胸を張った地域住人、首相が白馬村視察「地域の絆を再確認」などなど「地域のつながり・支え合い」が見出しになり「自助・共助」の大切さを訴えていました。

 災害につよい地域づくり」を目指した自治会活動も4年目を迎えました。今年度の要配慮者支援避難訓練も少しずつ活動の中身を濃くしました。そして、沢山の会員が参加して訓練に取り組み、要配慮者の安否確認や避難支援の訓練等で「支え合い」の大切さを確認しました。訓練当日夜の地震災害を知り、あらためて「地域のつながり・支え合い」の大切さを認識しました。

28

「防災頭巾のケンちゃん一家」と記念撮影の殿田会長

 

 

2014年11月 自治会だよりのコラム

 開かれた自治会館

今年、2組の役員が三役を担当するということで、庶務を引き受けることになりました。その庶務の仕事の一つとして、自治会館の管理に携わることになりました。現在の会館利用状況は、運動系では、健康体操教室・太極拳・フラダンスなど、文科系では、健康マージャン教室・パソコン教室・麺打ち道場など、カルチャーセンターさながらの内容です。さらに、喫茶型の「ふれあいサロン」や「子育てサロンひよこの会」など、地域の方々の交流を深めるための場も増えました。最近では、小学生の「習字教室」も始まり、習い事やパーティーなど、お子さんの利用も盛んです。

定期的な利用だけでなく、空いている日に催し物をするのも可能です。皆さんが、会館で生き生きと楽しいひと時を過ごしているのを見るにつけ、カーテンが閉まってひっそり佇む会館よりも、毎日使われている会館は、ほんとうに地元の会員のために開かれた、有意義な会館だなとつくづく感じている今日この頃です。【22班 福島 真由美・自治会庶務】

【写真は自治会館で仕事中の福島さん・編集部】

20141019-003 ツアー料金納入-

2014年11月 グリーンカーテンコンテスト優秀賞受賞

   市と市民環境会議ではエコを進めるため、グリーンカーテンを推奨、毎年春、ゴーヤの種を希望者に配布しています。昨年、体操教室の参加者から「自治会館に差す西日が暑い」と聞いた殿田会長は、早速その種を貰い受け、会館の窓に棚を作り、エアコン室外機の熱がゴーヤにかからないよう工夫して、毎日手入れをしました。そして立派なゴーヤが育ち、会員に好評でした。

今年、前記市民会議は「グリーンカーテンコンテスト」を始め、第1回の募集をしました。今年も同様の会館グリーンカーテンを作った殿田会長は、自らカーテンの写真を撮って自治会名で応募、見事「規定部門団体・優秀賞」に入選しました。規定部門とは市からもらったゴーヤの種を使ったものです。

114日市役所で表彰式が行われ、殿田会長が、並木市長から表彰状と楯を授与されました。

4応募した写真

???????????????????????????????市長と記念撮影の殿田会長

2表彰状

???????????????????????????????表彰楯

 

         

2014年11月 こどもサツマイモ掘り

 112()午前、「こどもサツマイモ掘り」氷川台農園にて実施しました。会員有志の農夫が毎日のように農園で作業をし、丹精込め育てたサツマイモです。子供たちにもそのことを知ってもらい、直接土に触れて、自らの手で収穫する体験をしてもらいということで、イベント企画委員会が企画しました。

 当日は天気に恵まれ、小学生以下の子供たちが10名集まり、それぞれ軍手をはめた小さな手で大きく育ったイモを喜々として掘り出していました。自ら掘った大収穫のイモは、それぞれお土産として持ち帰りました。付き添いの親御さん・農夫を含め、参加会員は30名を超えました。

???????????????????????????????

1

2014年10月 麺打ち道場開設

10月から「麺打ち道場」を開設しました。毎月第1日曜日と、空きが生じた「日曜日」の2回開きます(午前と午後の2部制)。氷川台会館改築後、利用率が高まり空きが減少、特に日曜日は自治会役員会や行事で使われているからです。指導するのは、道場主・田中康雄(43)さん。田中さんは自治会農園のリーダー農夫としても活躍しています。参加会員は、家のすぐ近くで、うどん打ちが習えると、よろこんでいます。もちろん打ったうどんはその日の夕食になります。

1

2014年10月 殿田会長が事例報告 防災情報交換サロン

 昨年秋、社会福祉協議会主催「防災情報交換サロン」で殿田会長が事例報告を依頼されて講演し、好評を得ました。1024日、その続編として「氷川台自治会の取り組み・要援護者支援避難訓練を終えて」と題して再び講演をしました。昨年秋に自治会で実施した「要援護者支援避難訓練」を中心に要援護者対策について語りました。今回もたいへん好評で、講演後のグループ討論でも、会長や自治会への質問が飛び交いました。

???????????????????????????????

2

 

 

2014年10月29日 富士山五合目バスツアー

 「地域の支え合い」が後押しする

    「紅葉の富士スバルラインと富士山五合目」バスツアー

 

1029()秋晴れの下、第2回自治会バスツアーを実施しました。

 昨年世界文化遺産に登録された富士山五合目までバスで往き、眼前に迫る勇姿に感動し、帰りには山梨のぶどう園で秋の味を満喫してきました。東久留米から普段何気無く眺めている富士山ですが、紅葉真只中のスバルラインを上りながら眼前に迫りくる富士山の素晴らしさに新たな感動と英気を貰いました。

1

紅葉と富士山

 

昨年から始めたバスツアーは、自治会高齢者の「往きたくても往けない」「人混みの中へは怖くて往けない」「足が悪くて長くは歩けない」等々の言葉を得て、地元ら出発して地元へ帰る高齢者に負担の無いバスツアーを企画しました。

 今回の参加者の中には90歳の女性や足が悪く歩行車を利用されている方、富士山五合目広場を杖を付きながら闊歩する人等、普段の行動が制限されている方も参加されました。これも参加会員の皆さんの「支え合い・助け合い」があって実現出来た楽しいバスツアーでした。    「来年はどこへ連れて行ってくれますか。」「また行きたければ健康でなければ駄目ですよ。」との言葉が飛び交う楽しいバスツアーでした。

2

支え合いの仲間たち