氷川台緑地下草刈り 2014年8月

830()9時~12、氷川台緑地の草刈りを行いました。朝方からの雨で、実施が危ぶまれましたが、開始前には晴天になり、自然ふれあいボランティアの皆さんと共に、氷川台自治会と下山親睦会から参加の自治会員が協力し、この夏生い茂った雑草の刈取りを行いました。

開始前にボランティア代表の下村さんから、「ヤブラン」等の希少野草は刈らないよう説明がありました。参加会員は、手に手に鎌やハサミを持って刈取りを開始。殿田会長は、最近自治会で購入した動力草刈り機を使って作業。3時間後には、見違えるような森の姿になりました。

14作業中

15作業終了後

 

 

第4回 夕涼み会 8月24日

7月に発足したイベント企画・実施委員会の初仕事です。参加者は253(うち子供約72)と昨年を大きく上回りました。特に、ポスター制作(神山さん・43班役員)や司会等、若い会員の活躍が目立ちました。

 

今回は司会(庶務役員福島さん・22)が進行をつとめました。殿田会長の開会宣言後、アルファ米(五目ご飯)の作成実演、ソーメン流しと続きます。この間スーパーボール釣り・輪投げに子供たちは熱中、特に今回初のボール釣りは大好評でした。また、輪投げの景品は駄菓子のつかみ取りで、これも好評。ビャガーデンのつまみは国産から揚げ枝豆、から揚げはすぐに売り切れました。去年から登場のかき氷は手回し機による本格派。ハイライトは初登場フラダンス。毎週、自治会館で教室を開いているチーム「プメハナ」の皆さんが華やかな衣装を着て、特設舞台で披露しました。待望のスイカ割りには今年もたくさんの子供たちが並びました。締めくくりは、小池さん(31)アコーデオン演奏で参加者が合唱、これも初登場の仕掛け花火ナイアガラを楽しみ殿田会長の閉会宣言となりました。2ポスタ

3司会

4殿田会長「開会宣言」

5アルファ米作成実演

6スーパーボール釣り

7輪投

8ソーメン流し

910スイカ割

1112フラダンス

13「ナイアガラ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏季早朝清掃 2014年8月

83日、今年も夏期一斉清掃を実施しました。午前650分、用具を持った会員が小山台遊園に集合。殿田会長が挨拶し、清掃場所の説明と分担割りがあり、それぞれの分担場所へ。「たけの子広場を中心とした氷川台通り」「氷川台緑地の道路にはみ出した下草」「空き家・空き地前等の汚れた箇所」など、6か所に分かれて清掃しました。集合した参加者は昨年(50)より大幅に増え72名に達しました。参加会員の「自分たちのまちを清潔に」の熱意が溢れていました

1