東京スカイツリー&浅草散策バスツアー 2013年10月

  体操教室参加者との会話から殿田会長が発案し、このバスツアーが実現しました。晴天に恵まれた朝、1名の欠席もなく集合した47名の参加者はバスに乗り込み、出発。一路両国の江戸東京博物館へ、かつての江戸の風情を楽しみました。ちょうど前日から始まった「幕末の江戸城大奥展」も見ることができました。そして今人気の東京スカイツリーへ。ここは個人で出かけると入場に時間がかかりますが、契約したバス会社のツアーは優先的に入場できます。それが今回のツアーの目的でもあります。高速エレベーターは50秒で350mの天望デッキへ、いや~見事な展望でした。20名ほどの希望者はさらに100m上の天望回廊へ。皆さん高所からの眺めに興奮気味の様子でした。バスは浅草へ。改修中の雷門脇にある、日本で一番古いてんぷら店「三定」で少し遅めの昼食。老舗のてんぷらに舌鼓を打ちました。昼食後は浅草自由散策。仲見世でお土産を買ったり、人形焼を食べたり、ここからよく見えるスカイツリーを撮影したり・・・。そして、バスは予定通りオザム前に到着。無事故でした。

自治会旗を持つ会長

IMG_5544

スカイツリー入り口

IMG_5548

三定での昼食

IMG_5566

浅草での集合写真

IMGP2621

「地域で防ごう消費者被害」 出前講座開催  2013年10月

  10月27日東久留米市市民部生活文化課が主催する「消費者被害 出前講座」が自治会館で開催されました。講師は消費生活相談員の高垣 美宝氏がつとめました。テーマは「高齢者の消費者被害」。最初に、実際にあった事例に基づいた悪質業者の手口を、時代劇仕立てのビデオで解説しました。その後、高垣講師は、参加会員に質問して、実際に被害に遭いそうな体験談を引き出し、それを例にした わかりやすい解説をしてくれました。参加者には「くらしの豆知識」(消費者センター発行・264ページ)最新版が配られました。

IMG_5510 IMG_5517

防災情報交換サロン 殿田会長が事例報告 2013年10月

  東久留米市社会福祉協議会では定期的に「防災情報交換サロン」を開催し、参加者の防災情報共有を図っています。10月22日午前、市役所・大会議室でのサロンでは殿田自治会長が事例報告を依頼されました。会長は氷川台自治会で立ち上げた「見守りネットワーク」「要援護者避難支援」を中心に活発化した自治会活動を1時間にわたって講演。ユーモアを交えた話に、50名の聴衆にはたいへん好評でしたIMG_5445

IMG_5441