癒しの郷野島農園 育成管理・薬膳スープ(平成30年2月23日)


白キクラゲの薬膳美容スープ


薬膳スープの具材
中央皿 白キクラゲ
左皿 上:花豆、左:ハスの実、下:落花生、右:白豆
右皿 左:ナツメ、下:干しブドウ、右:グミ

来訪者の皆様へ

2月中旬ごろは、寒い日が多いです。会員の皆様が野菜の育成管理するのは体力を消耗します。休憩時間に薬膳スープなどを食して頂き、身体が温まり、人間力(病気を予防し、元気に楽しく、前向きに歳を重ねること)が向上し、心身ともに美しき健康生活を営んで頂きたいと念願しています。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。


寒波の中で育成管理の農作業に励む会員の皆様

野島農園で収穫した野菜などを使って、MOAインターナショナル「MOA食育指導員」認定者による調理メニューの紹介


バランスの取れた食事が長寿の秘訣です
金柑、玉ネギの酢漬け、薬膳スープ、干し芋

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

癒しの郷野島農園 育成管理(平成30年2月17日)


寒波の中育った芽キャベツの収穫時期です


収穫した芽キャベツ

来訪者の皆様へ

春の声が聞こえてくるこの時期になると、冬の寒波を乗り越えて成長した芽キャベツを収穫します。キャベツの茎の側面に直径3~4cmの球状の小さなキャベツが約50個つきます。芽キャベツは炒め物、味噌汁の具材などいろいろな料理に使用できる野菜です。

芽キャベツの収穫は大変面白いと思い、来年度の高齢者いやし収穫体験の収穫野菜にしたいと思いますので、楽しみにしていて下さい。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

野島農園で収穫した野菜などを使って、MOAインターナショナル「MOA食育指導員」認定者による調理メニューの紹介


バランスのとれた食事が長寿の秘訣です


味噌汁の具材で芽キャベツを入れると大変おいしいです


焼き鮭、キャベツの水菜サラダ、ドクダミの根サラダ、おろし大根明太子


リンゴとポンカンのヨーグルトかけ

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

癒しの郷野島農園育成管理・恵方巻(平成30年2月3日)


節分の料理:恵方巻、味噌汁(大豆入り)、大根サラダ、大豆、キンカン、イチゴ


残雪の中、梅の蕾が春をまっています
春が近づいていますね!

来訪者の皆様へ

東久留米市内は農地があり、食の環境に恵まれています。市内の多くの農家が直売所を設置しており、朝採り野菜が買えるので健康増進生活を維持する環境が整っています。この環境を生かし、自分・子供たち及び家族のため、日々の美しき健康生活を向上して頂きたいです。

日本の伝統ある四季折々の食文化を前向きに食して美しい健康生活を維持したいですね!

2月3日節分、冬より春に向かう季節の変わり目です。先祖代々の食文化の祭事を、自分自身の健康維持に生かしたいですね!

高齢者になると、大豆を歳の数まで食べるのは大変なことです。最近は大豆を味噌汁の具材として入れたり、大豆をもやしにして、日本の伝統食文化を食して自分自身の健康増進に生かしていきたいと念願しています。

近年、節分に福を願う為、恵方を向いて願掛けをしながら無言で食べる「恵方巻」が広く知られるようになりました。
今回、野島農園ふれあい交流会の会員の方達が収穫した野菜を使用した恵方巻寿司を調理してくれました。当日、寒波の中で親子農業体験ジャガイモ掘りに使う畑づくりや育成管理の農作業に従事している方達と一緒に食しました。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

野島農園で収穫した野菜などを使って、MOAインターナショナル「MOA食育指導員」認定者による調理メニューの紹介

恵方巻
(きゅうり、たくあん、ほうれん草、マグロのおろし、カニカマ、のり)

 

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

癒しの郷野島農園 育成管理・干し芋(平成30年1月30日)


小型サイズのサツマイモ(紅あずま)を選定


サツマイモの皮をむいて、蒸してから天日干しする。
寒波の中で乾燥させると大変おいしいです。


干し芋(食するときは電子レンジで温めて食すと大変おいしいです)

来訪者の皆様へ

子供の頃から冬場になると、自宅で生産したサツマイモを蒸して、冬の寒気にさらすことで保存食となり、大切な食材となっていました。寒波の中で農作業を行い、休憩時間(午前10時、午後3時)に干し芋とお茶を飲むことが楽しい思い出です。

日本の食文化を大切に継承するために干し芋を作りました。

門前自治会が委託した野菜作りに励んでいる野島農園ふれあい交流会の皆様に食して頂き、寒波の中で元気に楽しく健康的な野菜作りをして頂きたいと願っています。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

野島農園で収穫した野菜を使った、MOAインターナショナル「MOA食育指導員」認定者による調理メニューの紹介

「食」は「人」を「良」くすると書きます。「医食同源」

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

癒しの郷野島農園 育成管理、梨・西洋梨など植え換え(平成30年1月28日)


西洋梨の植え換え作業

 


梨の果樹を植え換え作業
(ボカシ・牛糞堆肥)


農園周辺では寒波の中、黄梅の花咲がいています


農園周辺では梅の蕾が咲く季節を待っています
もう春の足音が聴こえてきます

来訪者の皆様へ

1月28日に植え換え作業を行いました。今回、梨、西洋梨(ラ・フランス)、リンゴを植えました。約5年後に実るでしょう。

現在、野島農園内では、柿、ミカン、ブドウ、キュウイフルーツなどの果樹があります。それぞれの収穫時期に感謝祭を行い、野島農園ふれあい交流会会員の皆様と一緒に収穫して食します。また、お土産として持ち帰って頂き、各家庭で食して頂いています。
また、親子農業体験や高齢者いやし収穫体験の参加者に配布しています。

植え換え作業は野島農園ふれあい交流会会員の方が行って下さいました。感謝いたします。(80歳前後の方達で、皆様農作業で元気です。)

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

防災まちづくりの会より資料を頂いたのでお知らせ

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

癒しの郷野島農園 白菜の漬物(平成30年1月26日)


白菜の漬物
寒波に晒された白菜を漬けたのは大変おいしいです


漬物の材料


予め白菜を塩漬けしておく


瓶で再度味付け

来訪者の皆様へ

野島農園で育成された旬の野菜を収穫し、漬物にしました。毎日ご飯のおかずとして食すことで、野菜から元気を頂けます。

今回は、白菜の漬物を作りました。野島農園ふれあい交流会の方が調理して頂きました。ありがとうございます。

高齢者元気長生き体操向けいやし収穫体験及び野島農園ふれあい交流会共同作業日などで試食して頂き、人間力(病気を予防し、元気に楽しく、前向きに歳を重ねること)を向上して頂きたいと願っています。

子供のころ、漬け物、白米、生卵、味噌汁が最高なメニューでした。

東村山税務署からお知らせ

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

野島農園で収穫した野菜などを使って、MOAインターナショナル「MOA食育指導員」認定者による調理メニューの紹介

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

癒しの郷野島農園 育成管理・冬景色(平成30年1月22日)


癒しの郷野島農園雪景色(今年は豊作)


近所の方々と一緒に通学路の雪かき作業


野島農園ふれあい交流会の皆様が雪かきしながらホウレン草や大根などを収穫


保温室にて、坊ちゃんカボチャの芽が成長
(今年は1月1日にいやし収穫体験用にトマト、ナス、カボチャなどの種蒔き実施)

来訪者の皆様へ

1月21~22日に東久留米では大雪が降り、畑一面に雪で覆われました。冬場は野菜をビニールトンネルやネットなどで覆い育成しています。今回の雪の重みでビニールトンネルの支柱が折れてしったのもありました。

野島農園ふれあい交流会の皆様が雪が降り止んだ後、畑に入り、それらの補修作業などを行いました。その後、ほうれん草、大根、人参、カブ、小松菜などを収穫して帰宅する方がいました。寒波の中で育った野菜は、歯応えがあり、甘みが深く大変おいしいです。

大雪が降ると、その年は豊作であると言われています。今年も、自分たちが希望する野菜を作り頑張っていきましょう。

東京消防庁から資料を頂いたので紹介致します

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

癒しの郷野島農園 育成管理・たくあん漬け(平成30年1月9日)


漬け上がったたくあん漬け


樽に干し大根を漬けている様子


フキノトウが大地から顔を出しました
もう春が近づいて来ていますね!

来訪者の皆様へ

野島農園でたくあん漬け専用大根を栽培し、成育したものを野島農園ふれあい交流会の会員の方がたくあん漬けを行いました。
高齢者いやし収穫体験及び野島農園ふれあい交流会の共同作業日の会食会・懇親会で食して頂く予定です。手作りたくあん漬けを食して頂き人間力(病気を予防し、元気に楽しく、前向きに歳を重ねること)を向上して頂きたいと願っています。

門前自治会は、東久留米市の特徴を生かし、地元の農地から生産される旬の野菜を多くの住民に食して頂き、心身ともに美しい健康生活を営んで頂きたいと願っています。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

野島農園で収穫した野菜などを使って、MOAインターナショナル「MOA食育指導員」認定者による調理メニューの紹介

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

癒しの郷野島農園 育成管理(平成29年10月10日)


ほ場整備


休憩時間には野島農園で収穫物の試食などを行います


今回の休憩時間には野島農園で収穫した柿を試食

来訪者の皆様へ

10月29日(日)親子農業体験及び自主防災(炊き出し)訓練を行う為に、農園内の整備(除草)及び炊き出し訓練用燃料(小枝)の準備作業を行いました。

約300人弱の地域の方が集まり、防災(炊き出し)訓練を行いますので、事故がないように農園内を整備

炊き出し訓練にて、トン汁を参加者全員に食して頂きます。トン汁に入れるサトイモは豊作で大変おいしくなっています。
また、柿を1個配布予定しています。希望者には防災井戸が設置されていますので、地下57mよりくみ上げる深層水を提供致します。持ち帰る方はペットボトルなどご持参下さい。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

癒しの郷野島農園 育成管理(平成29年3月7日)


菜の花が咲き始めました


トウモロコシ畑の畝作り作業


カボチャ、ミニトマト、ピーマンの芽が顔を出し始めました

来訪者の皆様へ

これから夏野菜の種をはいたり、野菜の苗を植え付けるために、畑を耕し、畝作りが忙しい時期になります。

また、この時期はいろいろな野菜が収穫出来ますので、収穫した野菜を天日干しでよく乾燥させて保存しておくと、いろいろな料理に活用することができます。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

 

野島農園で収穫した野菜などを使って、MOAインターナショナル「MOA食育指導員」認定者による調理メニューの紹介


バランスの取れた食事が長寿の秘訣です


ホッケの塩焼き、ベーコンとブロッコリー・ニンジンのニンニクさっぱり炒め、

  
長芋と納豆と温泉玉子和え、白菜のゆず風味の浅漬け、ワカメと豆腐の味噌汁


バランスの取れた食事が長寿の秘訣です


ソーセージと白菜・人参の鶏ガラ煮、鮭の塩焼き


カボチャサラダ、豆腐とわかめの味噌汁


バランスの取れた食事が長寿の秘訣です


ホッケの塩焼き、ブロッコリーの茎とベーコン・ニンジンのニンニク炒め、

 
明太子と大根おろし、豆腐と白菜の肉スープ、自家製ミカンの花茶

 

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済