いやし収穫体験(ニンニク油 認知症予防:平成30年5月18日)


いちごの収穫体験


スナップエンドウ収穫体験


野島農園で収穫された野菜を使用したまかない料理の試食会及び懇親会


収穫体験後記念撮影

 
試食したおまかせ料理(スナップエンドウごはん,大根甘酢漬、ニンニク油、汁物)

来訪者の皆様へ

高齢者見守りサービスの一環として、いやし収穫体験を行いました。

日時:平成30年5月18日(金)正午~午後1時30分
会場:野島農園(MOA自然農法認定圃場)
参加者:約30名

収穫野菜はスナップエンドウ、絹サヤ、キャベツ、タマネギなどです。

また、参加者全員にニンニクを配布して、野島農園特産ニンニク油の作り方を紹介しました。日頃よりニンニク油を調味料などとして使用して、脳の活性化に役立てば大変うれしく思います。

ニンニク油について

 都立駒込病院脳神経外科部長篠浦伸禎氏が提唱しており様々な効能があります。

・効能

(1)抗酸化作用
(2)血小板の凝集抑制
(3)結球コレステロール値の改善
(4)尿酸値の改善
(5)細菌抗ウイルス採用
(6)抗がん作用

篠浦氏自身もニンニク油を日常生活の調味料として摂取しています。また自分の手術患者などに進めており、生活成人病、認知症の特効薬として効果があると医学的に実証されています。

「ニンニク油」をとれば、物忘れがなくなる! 免疫力もアップする! 決め手はニンニクの有効成分「アホエン」にあります。アホエンは脳血流をアップさせるため、認知症改善や脳梗塞予防効果も期待できます。

ニンニク油の作り方

材料

・オリーブオイル 150ml (エキストラバージンがよい)
・ニンニク    3片

作り方

①ニンニクは1片ずつにばらし、薄皮をむき、みじん切りにする。
②オリーブオイルを耐熱容器に入れ、オリーブオイルが50度になるまで湯せんで温める。
③②を湯せんからはずし、その中にニンニクを入れ1日漬けこむ。
④翌日ニンニクをこして、密封容器に入れて出来上がり。(冷暗所で1ヶ月保存可能)

 

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

 

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

高齢者元気長生き体操5周年記念感謝祭 いやし収穫体験(平成30年3月2日)


参加者一同記念撮影


野島農園で収穫された野菜を使った料理を食しながら懇親会・懇談会


いやし収穫体験

来訪者の皆様へ

高齢者元気長生き体操5周年記念感謝祭を実施致しました。

日時:平成30年3月2日(金) 正午~午後1時30分
開場:癒しの郷野島農園
内容:食事会・懇親会及びいやし収穫体験
参加者:42名

高齢者元気長生き体操は平成25年より始めて、今年で5年経過致しました。東部包括支援センター施設長、職員、専任トレーナー清水先生と参加者の皆様と一緒に感謝会を行いました。
食事会・懇親会、いやし収穫体験を行い、今後とも皆様と一緒に元気に楽しく体操を行っていきたいと思います。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

  

まかない料理

いやし収穫体験

当日のまかない料理準備

 

高齢者元気長生き体操参加者随時募集中

日時 毎月第1・第3金曜日 午前10時~11時30分迄

会場 マザアス東久留米 地域交流ロビー(3階)住所:氷川台2-5-7

高齢者元気長生き体操参加者随時募集中

日時 毎月第1・第3金曜日 午前10時~11時30分迄

会場 マザアス東久留米 地域交流ロビー(3階)住所:氷川台2-5-7

詳細:2018年度上期_高齢者元気長生き体操のご案内(2018年4月~9月)

ご興味がある方は事前連絡不要・直接会場に来場ください。

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

高齢者元気長生き体操向けいやし収穫体験(平成30年1月19日)


参加者一同記念撮影


試食会・懇談会の様子


収穫体験の様子

来訪者の皆様へ

いやし収穫体験及び試食会・懇親会を実施致しました。

日時:平成30年1月19日(金)正午~午後1時30分
会場:野島農園(東久留米市大門町1-3-19)
内容:・収穫体験(赤カブ、赤大根、小松菜、おふくろ大根、
         聖護院カブ、聖護院大根など)
   ・試食会・懇親会
ご案内詳細:いやし収穫体験のお知らせ

畑で収穫する前に野島農園のまかない料理「けんちん汁」を試食して頂き、懇親会を実施致しました。
その後、畑に入り、自らの手で赤カブ、赤大根、小松菜、おふくろ大根、聖護院カブ、聖護院大根などを収穫して頂きました。
収穫した野菜は各自調理して食してもらい、人間力(病気を予防し、元気に楽しく、前向きに歳を重ねること)を向上させ、美しい健康生活を営んで頂きたいと願っています。

尚、野島農園のまかない料理は、門前自治会会員の方が料理してくれました。又、収穫体験の段取りなどはMOA自然農法ネットワークのボランティアの方に協力頂きました。多くの方が協力して下さり感謝しています。

野島農園は自然農法ガイドラインに基づいて育成管理を行っています。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。


けんちん汁(野島農園のまかない料理)
(材料:大根、人参、生シイタケ、ゴボウ、サトイモ、豆腐、豚肉、こんにゃく、油揚げ、出し汁、サラダ油など)

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

高齢者元気長生き体操向けいやし収穫体験(平成29年11月17日)


いやし収穫体験参加者一同記念撮影


食事会(懇談会)の様子
門前自治会会長挨拶


野島農園で収穫した野菜を使った料理


いやし収穫体験の様子(聖護院カブ収穫)


いやし収穫体験の様子(キャベツ収穫)


東部地域包括支援センター長の挨拶
この様な行事を各地域で行うことで、高齢者が外に出る機会となります。
それが見守りサービスに繋がりますので、行事が増えることを願っています。

来訪者の皆様へ

マザアスで高齢者元気長生き体操終了後、野島農園に集合していやし収穫体験と食事会(懇親会)を実施致しました。

日時:平成29年11月17日(金)正午~午後1時30分
会場:野島農園
参加者:25名
収穫野菜:キャベツ、聖護院カブ、大根など
試食会:スナップエンドウスープ、キウイフルーツ、柿

「食」という字は人を良くすると書きます。取り立ての旬の野菜を食すことで、人間力(病気を予防し、元気に楽しく、前向きに歳を重ねること)を向上して頂きたいと思っています。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

 

高齢者元気長生き体操参加者随時募集中

高齢者元気長生き体操に参加して健康寿命を延ばしてみませんか?

月2回の体操以外に、年5~6回高齢者元気長生き体操参加者向けいやし収穫体験を行っています。このいやし収穫体験は無料で実施しています。また、試食会などを行って交流の機会の場を作っています。
体操や収穫体験、試食会などを通して仲間づくりのきっかけになれば良いと思います。

日時 毎月第1・第3金曜日 午前10時~11時30分迄

会場 マザアス東久留米 地域交流ロビー(3階)住所:氷川台2-5-7

詳細:高齢者元気長生き体操のご案内(平成29年度後期)

ご興味がある方は事前連絡不要・直接会場に来場ください。

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

いやし収穫体験(平成29年8月18日)


いやし収穫体験の様子


癒しの郷野島農園で収穫したカボチャ使用したパウンドケーキ


野島農園で収穫したササゲを使ったぼた餅

来訪者の皆様へ

いやし収穫体験を実施致しました。

日時 平成29年8月18日 (金) 12時~13時30分
会場 癒しの郷野島農園
参加者 約25名

今回、収穫した野菜はゴーヤ、ナス、ピーマン、パプリカ、ジャガイモ、シソ、ミニトマトなどです。
収穫体験後は会食会及び情報交換会を行いました。会食会では、野島農園で収穫されたカボチャを使用したパンケーキとササゲのぼた餅を試食して頂きました。
旬の野菜を食して人間力(病気を予防し、元気に楽しく、前向きに歳を重ねること)をこうじょうして健康増進を図って頂きたいと思います。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

いやし収穫体験(平成29年7月21日)


いやし収穫体験の様子


試食会・懇親会の様子

来訪者の皆様へ

いやし収穫体験、試食会・懇親会を実施致しました。
日時 正午~1時30分
会場 野島農園
参加者 約20名

猛暑の中でしたが、和気あいあいと楽しく行えました。

自らの五感で堪能してもらい、自分で選んで収穫して頂きました。
収穫野菜はミニトマト、トマト、ナス、ささげ、ピーマン、玉ネギ、大根、ニンニクです。
大根は埋まっているため、抜くのに力がいりますが、高齢者元気長生き体操で足腰強化などしていますので、皆様抜くことができました。
玉ネギとニンニクは事前に収穫しておいたのを配布致しました。
収穫しながら収穫した野菜の料理方法の話題をしていました。

育成する場合、ナスの良い点は花が咲いたら、すべて実がつくことです。普通は30分の1~10分の1程度しか実がなりません。

収穫体験を行う前に、熱中症予防するために野島農園の地下57mの自然の地層で濾過された深井戸水を試飲して頂きました。
門前自治会役員研修で豊島酒造に見学したとき、地下からくみ上げた水を使って酒をつくっていました。おいしい酒ををつくるにはきれいな水が必要だと聞きました。

この深井戸水は災害時に市民のための水として使われます。平時は野島農園の畑の水まきなどに使っていますので、井戸内の水は循環しているのでいつでも使えます。また、年1回水質検査が義務付けられています。
この場所に緊急時に使える深井戸があることを参加者に知って頂けたと思います。

試食会では「焼きナス」と「ミニトマト・トマトのレモン砂糖漬け」を食して頂きました。
焼きナスは冷やして、ショウガを合わせて食しました。
「ミニトマト・トマトのレモン砂糖漬け」はフルーツみたいでおいしいという声が多数ありました。

東久留米は都内では農地が多くある場所です。
収穫体験に参加して、季節の野菜を食して、野菜大好きになって人間力(病気を予防し、元気に楽しく、前向きに歳を重ねること)を向上して頂きたいです。
これからも門前自治会は市民、高齢者の方に体験して頂き、地域で採れる野菜を食して頂きたいです。
地場野菜のファンになって頂きたいです。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

いやし収穫体験(平成29年5月5日)


いやし収穫体験参加者一同記念撮影


いやし収穫体験の様子


試食・懇談会の様子

来訪者の皆様へ

いやし収穫体験を5月5日(金)12時~1時30分まで行いました。参加者21名。

収穫した野菜は絹サヤ、スナップエンドウ、玉ネギ、ニンニクなどです。
収穫体験後、野島農園で収穫された野菜を使った、スナップエンドウ入りパンケーキ、キャベツの漬物などを食して頂きました。

旬の野菜を自ら収穫して、食して、人間力(病気を予防し、元気に楽しく、前向きに歳を重ねること)を向上して、日々心身共に美しい健康生活を営んで下さることを念願しています。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

ご案内時のチラシ

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

いやし収穫体験(平成29年4月21日)


いやし収穫体験の様子

 試食・懇親会の様子


参加者一同記念撮影

来訪者の皆様へ

いやし収穫体験を4月21日(金)12時~13時頃まで行いました。参加者は27名。
当日は10時~11時30分までマザアスにて体操を行い、終了後に野島農園にて収穫体験と試食会などを行いました。

収穫した野菜は、茎レタス、長ネギ、ホウレン草、小松菜、菜の花などです。参加者自ら畑に入り、収穫体験を行いました。
収穫体験終了後、野島農園で収穫されたホウレン草のパンケーキなどを試食して頂きました。

旬の野菜を自ら畑で収穫し、自ら調理し、食して頂き、人間力(病気を予防し、元気に楽しく、前向きに歳を重ねること)を向上して心身ともに美しい健康生活を営んで下さることを願っています。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

 

野島農園で収穫した野菜などを使って、MOAインターナショナル「MOA食育指導員」認定者による調理メニューの紹介

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

いやし収穫体験サツマイモ掘り及び自主防災(炊き出し)訓練(平成28年12月17日)

H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (37)
高齢者向けいやし収穫体験(サツマイモ及び葉物野菜など)に参加した皆様

H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (39)
いやし収穫体験としてサツマイモ掘りの様子

H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (11)
東部包括支援センターの施設長・職員の挨拶

H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (23)
いやし収穫体験として聖護院大根・赤カブを収穫

来訪者の皆様へ

親子農業体験サツマイモ掘り・高齢者対象いやし収穫体験及び自主防災(炊き出し)訓練を12月17日(土)に行いました。今回、参加者約190名と関係者約20名の参加がありました。
当日は天気がよく、みなさん元気にサツマイモ掘りをしていました。

今年は前班(午前9時30分~10時30分)は、子供たちの親子農業体験を行い、後班(午前11時~12時30分)は、高齢者対象のいやし収穫体験を及び自主防災(炊き出し)訓練を行いました。

高齢者の方が、約40名参加し、サツマイモ掘り、赤カブ、聖護院大根の収穫などを行いました。その後、野島農園で収穫された野菜(里芋、ニンジン、大根、ネギ、ショウガ、白菜など)が入ったトン汁を試食して頂きました。

東部包括支援センターの職員の方も参加頂きました。施設長より地域包括支援センターの役割について説明と、このような地域の行事に参加して仲間づくり・絆づくりを行って頂きたいというお話がありました。

 

サツマイモ掘りについて、収獲体験するサツマイモの品種は紅はるかです。紅はるかはホクホク感を有しながら、安納芋なみの甘みがあるサツマイモです。また線虫の被害が少ないです。サツマイモの苗は1100本植えました。

今年は8月~10月の間、雨天やくもりなどが多かったため、サツマイモの成育状況が悪かったため、開催日時を11月20日から12月17日に変更致しました。サツマイモ掘りは、一人2株を掘ってもらいました。サツマイモの大きさは、品種の関係で大きくなりにくい他、悪天候で育成状況が完ぺきではありませんでした。それでも、大きいサツマイモを収穫している人が多数いました。尚、あまりにも小さいサツマイモを収穫した方には別の株を収穫して頂きました。

今年は、雪が降ったことにより、土中のサツマイモが腐ってしまうものが出ました。来年度は11月中旬に行い、サツマイモが寒波及び雪の影響で腐らないうちに収穫して頂きたいと思っています。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (1) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (2) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (3) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (4) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (5) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (6) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (7) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (8) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (9) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (10) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (11) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (12) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (13) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (14) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (15) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (16) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (17) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (18) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (19) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (20) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (21) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (22) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (23) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (24) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (25) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (26) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (27) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (28) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (29) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (30) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (31) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (32) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (33) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (34) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (35) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (36) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (37) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (38) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (39) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (40) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (41) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (42) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (43) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (44) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (45) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (46) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (47) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (48) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (49) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (50)

反省会の様子

H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (51) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (52) H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (53)

関係者に配布するサツマイモ収穫様子

H281217いやし収穫体験サツマイモ掘り (54)

野島農園で収穫した野菜などを使って、MOAインターナショナル「MOA食育指導員」認定者による調理メニューの紹介

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

癒しの郷野島農園 いやし収穫体験(平成28年8月19日)

H280819いやし収穫体験 (1)
いやし収穫体験ゴーヤの収穫

H280819いやし収穫体験 (2)
参加者一同試食会・懇親会

来訪者の皆様へ

8月19日(金)にいやし収穫体験を行いました。

日時:平成28年8月19日
会場:野島農園
内容:ゴーヤ、ミニトマト、ナス、ピーマン、赤シソの収穫
参加者:30名

門前自治会は政府が推進する「健康日本21」に基づき、健康寿命を伸ばしたいと考えています。そのため行政、東部包括支援センターの指導に基づき、高齢者元気長生き体操、いやし収穫体験、茶の湯・一輪の花・茶器や版画鑑賞会、親子農業体験、もちつき大会を実施しています。

高齢者が家に閉じこもることがないようなふれあい交流の機会を多く設定し、日々人間力(病気を予防し、元気に楽しく、前向きに歳を重ねること)を向上して頂くことを願っています。

今回は、ゴーヤを畑から自ら収穫や料理方法などの情報交換などを行い絆を深めて頂きたいと思い開催致しました。

試食会として、野島農園で収穫された「ささげ」の豆ごはんを出しました。
米は、玄米で自然農法にて育成したお米です。
味噌汁の具は、野島農園で収穫された長ネギが入っています。
キュウリのつけものも出しました。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

H280819いやし収穫体験 (3) H280819いやし収穫体験 (4) H280819いやし収穫体験 (5) H280819いやし収穫体験 (6) H280819いやし収穫体験 (7) H280819いやし収穫体験 (8) H280819いやし収穫体験 (9) H280819いやし収穫体験 (10) H280819いやし収穫体験 (11) H280819いやし収穫体験 (12) H280819いやし収穫体験 (13) H280819いやし収穫体験 (14) H280819いやし収穫体験 (15) H280819いやし収穫体験 (16) H280819いやし収穫体験 (17) H280819いやし収穫体験 (18) H280819いやし収穫体験 (19) H280819いやし収穫体験 (20) H280819いやし収穫体験 (21) H280819いやし収穫体験 (22)

試食会・懇親会

H280819いやし収穫体験 (23) H280819いやし収穫体験 (24) H280819いやし収穫体験 (25) H280819いやし収穫体験 (26) H280819いやし収穫体験 (27) H280819いやし収穫体験 (28) H280819いやし収穫体験 (29) H280819いやし収穫体験 (30) H280819いやし収穫体験 (31) H280819いやし収穫体験 (32) H280819いやし収穫体験 (33) H280819いやし収穫体験 (36)

H280819いやし収穫体験 (35) 多くの方がいやし収穫体験に参加して下さり感謝しています。
今後ともいろいろな収穫体験を企画しています。

H280819いやし収穫体験 (37) H280819いやし収穫体験 (39)

H280819いやし収穫体験 (38) MOA健康生活ネットワークの方の挨拶
「私たち、MOAでは元気になる食事として、日本型の食事、お米をしっかりと食べ、旬の野菜を食べることを基本にしています。
主食であるお米は春に種をまき、夏の日差しを浴びて秋に収穫をするという「生命力の長い」穀物であり、加えて「生命力の強い」旬の野菜を副食として摂ることによって、身体の新陳代謝が盛んになります。
新鮮な野菜は栄養素を多く含んでおり、生命力が強いといわれています。「生命力の強い」旬の野菜を摂るということは「地産地消」のもの、有機農法、自然農法の土の力を生かした強いエネルギー蓄えた野菜であることが大事なことだと考えます。」

H280819いやし収穫体験 (41) H280819いやし収穫体験 (42)

H280819いやし収穫体験 (40)東部地域包括支援センター長挨拶
高齢者の皆様が家にとじこまらず、
このような地域の行事に参加する機会が増えてほしいです。

H280819いやし収穫体験 (43) H280819いやし収穫体験 (44) H280819いやし収穫体験 (45) H280819いやし収穫体験 (46) H280819いやし収穫体験 (47)

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済