癒しの郷野島農園 共同作業日(平成30年10月28日)


参加者一同記念撮影


移植作業の様子

来訪者の皆様へ

野島農園ふれあい交流会会員及びボランティアの方が13名前後参加がありました。参加者の中には中学生の方もいました。野島農園ふれあい交流会会員の多くは80歳前後の方で、若い人が参加してくれるのは非常に助かります。

作業は来年度に行ういやし収穫体験のためのキャベツ、ブロッコリー、カリフラワーの苗などを移植致しました。これらの野菜は2月末~3月初旬に収穫を行います。

キャベツなどは冬の厳しい寒波を超えることで、甘みが増して美味しくなります。
季節の変わり目はこの野菜を食して免疫力向上をして頂きたいです。

 

休憩時間に野島農園で収穫した小豆を使ったおしること箸休めにホウレンソウのお浸しを食して頂きました。
休憩時間の話題として、今年の複数回にわたり大きな台風訪れたことにより、果樹の木や枝が折れてしまったのがあったので、丸太などで補強しようという流れになり、次回の共同作業日で補強することになりました。

今年の柿は虫の被害が非常に少なく、大きくて見事な柿が実りました。昨年の12月、1月と柿の木の根元にに堆肥とぼかしを施したのと、防虫対策として、同時期に柿の木の表皮を削り、虫を取り除いたの結果だと思います。

帰りのお土産として大根、柿、ミカンを収穫して持って帰ってもらいました。

自分で育成管理する魅力は、他の人と情報共有を行い、自ら試行錯誤を重ねて安心安全な野菜や果物の育成管理を真剣に行い、その結果、できた野菜・果物を採りたてでおいしく食べれることです。

 

 

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済