資源ゴミ回収(平成30年9月8日)


資源ゴミ(ダンボール、新聞・チラシ、雑紙、紙パック、古着、アルミ缶)を
分別して玄関先に出している様子

来訪者の皆様へ

回収日(毎月第二土曜日)以外でも大掃除などで資源ゴミが大量に出た場合資源ゴミ回収担当者へお電話ください。

今回の回収(9月8日)と資源ゴミ回収の依頼(9月12日)を合わせての資源ゴミ回収金は26,640円になります。(尚、資源ゴミを出した協力者に渡すトイレットペーパー代約13,000円差し引かれます。)

門前自治会役員などが毎月2回(回収日お知らせチラシ配布と回収日)各家庭(約500軒)の玄関先に訪問することにより見守りサービスを兼ねて実施しています。

資源ゴミ一覧

  • ダンボール、新聞・チラシ、雑紙(菓子箱、ハガキ、封筒(窓なし)、本、週刊誌等)、紙パック
  • 古着
  • アルミ缶

ゴミは分別すれば資源です。 この資源ゴミ回収補助金を活用して、自治会行事を補助し、各種行事を実施しています。資源ゴミ回収の協力者に感謝しています。今後も継続していきますので、ご協力お願いいたします。 ゴミ回収チラシ

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

高齢者元気長生き体操(平成30年9月7日)


脳トレ体操の説明


ボールを使用した下半身強化トレーニングの様子 

来訪者の皆様へ

今回で133回目です。参加者45名。

毎回異なった脳トレを実施しています。
今回の脳トレはリズムに合わせて左右別の手の動きをさせます。
最初は、左が左右、右が上下に動かします。左右の動きを逆にしてまた行います。

今度は左右のリズムが異なる手の動きになります。右手は三角形。左手は上下に移動させます。6拍子毎に左右が上でそろいます。次は左右の動きを入れ替えて、同様に行います。
その次は、右手は円、左手は左右に移動させます。その後左右入れ替えて行います。
最後はさらに足踏みを加えて行います。

今回はボールを使用しての下半身強化トレーニングを重点に行いました。

当日配布資料

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。


MOA健康生活ネットワークの皆様が季節の花を活けています

マザアス入居者作品

野島農園で収穫した野菜などを使って、MOAインターナショナル「MOA食育指導員」認定者による調理メニューの紹介


バランスの取れた食事が長寿の秘訣です

 
ナスとパプリカの肉詰め、甘酢玉ネギ、肉団子とヘチマのスープ

高齢者元気長生き体操参加者随時募集中

日時 毎月第1・第3金曜日 午前10時~11時30分迄

会場 マザアス東久留米 地域交流ロビー(3階)住所:氷川台2-5-7

高齢者元気長生き体操参加者随時募集中

日時 毎月第1・第3金曜日 午前10時~11時30分迄

会場 マザアス東久留米 地域交流ロビー(3階)住所:氷川台2-5-7

詳細:平成30年下期高齢者元気長生き体操のご案内(2018年9月~2019年3月)

ご興味がある方は事前連絡不要・直接会場に来場ください。

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

癒しの郷野島農園 共同作業日・炊き出し訓練用薪づくり(平成30年8月26日)


参加者一同記念撮影


自主防災(炊き出し)訓練用薪づくり作業


自主防災(炊き出し)訓練用薪保管所

来訪者の皆様へ

自主防災(炊き出し)訓練用薪づくりを行いました。
この薪は門前自治会主催以外にも東部第二分団自治会連合会や大門中学校地区青少年健全育成協議会主催の自主防災(炊き出し)訓練などに提供します。

門前自治会は自主防災(炊き出し)訓練を年間9回実施しています。自治会員及び地域住民対象に年間3回(親子農業体験2回・もちつき大会1回)、高齢者対象に6回(いやし収穫体験・試食会)実施しています。
自主防災(炊き出し)訓練を実施するのは、災害時に温かいスープなどを食すことで、二次災害を軽減するためです。また、人間関係及び絆を深化させたいためです。

自主防災(炊き出し)訓練は水道・電気・ガスなどが使用不可だと想定して行っています。そのため、料理に使う水は地下60mからポンプでくみ上げて使います。この時の電力は太陽光発電などを使います。調理はかまどを使い、薪で火をおこします。
料理はトン汁や雑煮、おしるこ、スープなどを作ります。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

六小避難防災訓練 ~災害時 避難所体験訓練~ ご案内(平成30年11月4日)

来訪者の皆様へ

周辺自治会と第六小学校・消防署・社会福祉協議会・行政・防災関係機関等が連携して、地域の市指定避難所・第六小学校で体験型防災訓練を行います。

日時 11月4日(日) 9時30分~11時頃
場所 市立第六小学校 校庭・体育館 (金山町1-17-1)
持ち物 上履き(スリッパ)

防災力向上のため、第六小学校通学区域の方、自治会に入っていない方もお気軽にご参加ください。参加自由無料です。

過去に行った様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

    

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

「喜多院・湯遊ランド・観劇の旅」日帰りレクリエーションのご案内(平成30年10月25日(木))

門前自治会及び周辺自治会会員等とのふれあい交流事業としてレクリエーションを実施いたします。多数のご参加をお待ちしています。        

日 時 平成30年10月25日(木) 

  • 川越大師
    喜多院~平安初期に建立。千二百年の歴史がある天台宗の寺院。
    「日本三大羅漢」の1つ・五百羅漢は538体の石仏が鎮座する。石仏はすべてが異なる表情です。

  • 湯遊ランド~川崎温泉
    大浴場には全部で9つのお風呂があります。館内3F『小江戸座』は収容人数300人の大宴会場。ここでは浅草木馬館でおなじみの大衆演劇の公演があります。10月公演はスーパー兄弟 13時~16時

利用交通  貸切大型観光バス (農協メモリー観光)

集合場所  大門郵便局前 午前 8時30分 集合出発
   (希望者がいらしたら東久留米駅西口りそな銀行前 午前8時35分)

参加費       金6,000円(昼食・温泉・観劇代・拝観料含む)

参加人数 先着40

申込方法 10月19日(金)までに会長へ、電話・FAX等でご連絡下さい

問合せ先 会長 野島貞夫

TEL 090-3224-0278
FAX 042-476-2555
Eメール nojima.sadao@jcom.home.ne.jp

申込用紙日帰りレクリエーションご案内(喜多院・湯遊ランド・観劇の旅)

行 程:

8時30分 大門郵便局 出発

⇒8時35分頃 東久留米駅西口 

9時30分着 喜多院 10時40分発

⇒11時着 湯遊ランド[昼食・温泉・観劇13時] 16時15分発

⇒ 17時30分頃着 東久留米駅西口、大門郵便局到着予定 

過去に行った日帰りレクリエーションの報告

文責:門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

 

癒しの郷野島農園 育成管理:稲づくり(平成30年8月23日)


稲穂が実りました


バケツで稲づくり

来訪者の皆様へ

門前自治会会員などへ配布したバケツで稲づくりの稲が成長して、稲穂が実りました。

JA東京みらい東久留米駅前支店より稲の種を500セット寄贈して頂いています。この行事は今年で6年間継続して行っています。お米を食べて、美しき健康生活を営んで頂きたいために実施しています。

門前自治会の会員が住んでいる門前地域は、昭和35年頃までは田圃があり、稲づくりが行われていました。東久留米市内でも黒目川の豊かな水を活用して一番広く作られており、おいしいお米を食すことができました。

日本は「瑞穂の国」です。近年のお米一人当たり年間消費量は約55㎏であり、昭和37年の118kgに比べ半分以下になっています。お米を大好きになって毎日食して頂きたいです。

 

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済

癒しの郷野島農園 育成管理:ヘチマ(平成30年8月25日)


ヘチマ

来訪者の皆様へ

農園内にヘチマが実りました。夏の暑い盛り、ヘチマ料理は体にやさしい料理です。味噌汁や玉子炒めなどに入れて食すのが一番手軽に食すことができます。
ヘチマは誰でも手軽に育成することができ、プランター種をまけば成長します。成長すると、緑のカーテン(日よけ)と観賞で涼を楽しみ、果実を食すことができます。

野島農園で収穫した野菜などを使って、MOAインターナショナル「MOA食育指導員」認定者による調理メニューの紹介
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。


ヘチマと玉子炒め

材料:ヘチマ、玉子、ニンニク、ネギ、塩、コショウ、
    醤油、油、鶏がらスープまたは水

  1. ヘチマの皮をむいてスライスにする。
  2. 卵を二個、スライスしたニンニクとネギ、塩、コショウを混ぜて置く。
  3. フライパンに油を引き、混ぜた玉子を軽く炒める。
  4. プライパンにヘチマを入れ、鶏がらスープまたは水を入れて柔らかくなるまで炒める。
  5. 醤油で味を調えて完成。


バランスの取れた食事が長寿の秘訣です


ベービヘチマと玉子炒め、ハンバーグとジャガイモ・オクラ、イクラ丼


キュウイフルーツ、豆腐とわかめの味噌汁

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済