共同作業日 スベリヒユの試食(平成30年7月22日)


参加者一同記念撮影


スベリヒユ
畑の至る所に生えてくる雑草です。
油でいためたり、茹でたり、干して保存食として食されています。
独特なぬめりがあり、夏バテ防止に役立ちます。

来訪者の皆様へ

サツマイモのツルの広がり防止のため、ネットがけを行いました。
また、トマト、ミニトマト、キュウリなどを収穫し、配布致しました。

休憩時間に薬草おかゆとミニトマトのフルーツ漬けを食しました。

猛暑の中生き延び、畑に生えている「スベリヒユ」は、食して、人間力(病気を予防し、元気に楽しく、前向きに歳を重ねること)を向上させるのに大切であると思います。(雑草から学ぶことが多いです。)

効能として、抗酸化物質(グルタチオン)、オメガ3脂肪酸を含み、ビタミンB,マグネシュウム、鉄分が豊富で、解毒作用、コレステロール値、血圧、心臓冠動脈とうの血管系に優れていると言われている、薬草です。

癒しの郷野島農園は、門前自冶会より親子農業体験、防災(炊き出し)訓練用野菜、高齢者長生き癒し収穫体験用野菜の育成管理等を委託されています。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。

野島農園で収穫した野菜などを使って、MOAインターナショナル「MOA食育指導員」認定者による調理メニューの紹介


スベリヒユの中華風サラダ
材料:スベリヒユ、ニンニク、塩、しょうゆ、酢、ゴマ油

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済