東久留米市シルバー人材センターで応急手当の実技指導実施

日時 平成25年9月3日(火)12時~13時45分

場所 東久留米市シルバー人材センター事務所2階

受講者 24名

指導者 川島、岸川、小山、佐藤、須藤、田村

使用器具 成人人形2体、AEDトレーナー2個、三角巾25本

内容 AEDを使った心肺蘇生法、止血法、異物の除去法、三角巾を使った包帯法等の実技指導

 当会の出前講座と同時に体力測定が行われました。体力測定をする班と応急手当をする班の2班に分かれスタートし、途中で入れ替わり全員が体力測定と応急手当を行いました。止血法では間接圧迫法で簡単に止血ができることに驚いていました。包帯法は正しい本結びをすると簡単に解けることにびっくりして繰り返し繰り返しやるよう求められなかなか先へ進めず困りました。今年は新人の人が多く半数以上が初体験者でした。

応急手当の目的、必要性、カーラーの救命曲線の説明をしているところP1030291

止血法で手の間接圧迫止血をしているところ
P1030294

止血法で足の間接圧迫止血をしているところ
P1030318

包帯法で三角巾のたたみ方をしているところ
P1030321

包帯法で膝の補強をしているところ
P1030322

包帯法で手の骨折の吊り方をしているところ
P1030312

心肺蘇生法で指導者が実技の流れの説明をしているところ
P1030314

心肺蘇生法で反応の確認をしているところ
P1030303

心肺蘇生法で電気ショックをした後蘇生しなかったので再度胸骨の圧迫をしているところ
P1030311

心肺蘇生法で人工呼吸をしているところ
P1030304

心肺蘇生法でAEDを持って来てくれるよう依頼された人がAEDを持って来たところ
P1030300

心肺蘇生法でAEDのパットを貼っているところ
P1030307