チャレンジボランティア講座で応急手当全般の実技講習を実施

日時 8月19日(月) 10時~12時5分
場所 東久留米市社会福祉協議会会議室
内容 応急手当全般AEDを使った心肺蘇生法を中心
参加者 女性3名(中学生2名、大学生1名)
指導者 川島、桜井
使用器具 心肺蘇生法の訓練用人形2体(成人1体、幼児1体)、AEDトレーナー1個

 応急手当の目的、必要性、カーラーの救命曲線、救命の連鎖等の説明をした後、止血法の実技を実施、やけどの説明をして、異物の除去法の実技を行い、成人の心肺蘇生法をAEDを使って行った。最後に幼児の心肺蘇生法も行った。予定時間を5分オーバーして12時5分過ぎに終了した。受講者にチャレンジボランティア講習の感想文を書いて社協に提出するようお願いして終えました。

異物の除去法のハイムリック法をしているところ

P1030266

心肺蘇生法で反応の確認をしているところ

P1030272

心肺蘇生法でAEDのパットを胸に貼っているところ

P1030276

心肺蘇生法で胸骨の圧迫の仕方を指導しているところ

P1030279

幼児の心肺蘇生法で胸骨の圧迫をしているところ

P1030285