東久留米紙芝居サークル「いずみ」8周年公演 ~五山賞作品を楽しもう!~

日時: 2015年4月25日(土) 午後1時半開演 (午後1時開場)

場所: 東久留米市立中央図書館 1階 視聴覚ホール

8周年公演のテーマは「五山賞作品を楽しもう!」

五山賞とは?

教育紙芝居の生みの親、髙橋五山氏の業績を記念して、1962年に創設されました。各年度の出版紙芝居から選考された年間優秀作に与えられる紙芝居唯一の賞です。加古里子、松谷みよ子、滝平二郎、田島征三などそうそうたる方々が受賞しており、現在まで52回を数えています。

そんな五山賞を受賞した紙芝居の中から、「いずみ」のメンバーが自分の持ち味にあった作品を選び、演じます。さあどんな紙芝居が見られるか、ぜひまで会場まで足を運んでみてくださいね。

メンバー一同お待ちしております!

 

夏休み・紙芝居スペシャル 

8月に入りましたね。毎日、夏休みを楽しんでいますか?暑い夏には、図書館もイベントがいっぱい待っていますよ。 

    11-059A

毎年開催されるおはなし会の特別版、紙芝居スペシャル。今回のプログラムは「すずちゃんのぼうし」「アリとバッタとカワセミ」など東久留米初公開の作品から、アンパンマンでおなじみのやなせたかし作「チリンのすず」など、ちょっとめずらしい作品まで全12作品をお届けいたします。赤ちゃんからおじいちゃん、おばあちゃんまで、ご家族みんなで楽しめる紙芝居の世界へぜひお越しください。お待ちしています♪

【日時】 8月27日(水) 1回目 午前11時~     2回目 午後3時~ 

【場所】東久留米市立中央図書館 1階  視聴覚ホール

お問い合わせは中央図書館へ(TEL 042-475-4646)