ポリ袋クッキング教室

災害時、調理環境が整わない中、お湯を沸かせるお鍋一つとポリ袋があれば調理ができる。災害への意識が高まる中、今、話題の調理方法を習得します。

平成29年4月22日(土曜日)
主催、東久留米市東部地域センター
共催、団塊くるねっと
によるポリ袋クッキング教室を開催しました。

災害時の食、その時何ができるか、一度経験して「いる」と「いない」では大きな違い。
災害時の他、様々な場面に応用可能なこの調理方法を一度体験しようと会場には28名の方が集まりました。

団塊くるねっとでは、今年2月に「ポリ袋料理教室」を開催、多くの方に参加して頂きました。
今回の「ポリ袋クッキング教室」には4名の団塊くるねっとのメンバーが参加し調理指導に当たりました。

ポリ袋クッキング教室のスタートです。

◇ポリ袋クッキング教室の主催者側、石井東部地域センター長とスタッフの方々。
◇挨拶する主催者代表、統括責任者の山田様と調理指導に参加した団塊くるねっとの
メンバー。

 

 

 

 

◇先生は団塊くるねっとの得平副代表です。

 

ポリ袋クッキングは、お湯を沸かせる鍋があれば、いくつかの料理を一度に作る事ができ、調理器具がいらない、洗う必要もない、調理後のお湯も再利用可能、等々、様々なメリットがあります。経験者のアイディア一つで、家庭でも、屋外での調理にも、様々な場面へ応用可能な調理方法とも言えます。

今日のレシピは、「ポリ袋で作る一人分のごはんとおかず」
・鶏肉ロール     ・卵焼き    ・ひじきと大豆の煮物
・ポテトサラダ    ・即席漬け

先生の説明を聞いて、いよいよ調理の開始です。

下ごしらえに入ります。
加熱時間の長いものから順番に、そして、ポリ袋へ。
材料を入れたらポリ袋の中の空気を抜くなど、ちょっとしたコツが必要。
袋を結び、準備OKです。

最初に、お米と水を袋に入れて・・・・・・ごはんも炊けます。

ポリ袋が並ぶ調理台、見慣れた調理台とはちょっと様子が違います。
今回、一人前づつの調理としているため、ポリ袋の数が多くなっています。
家庭ではこれほど多くはならないでしょう。
加熱中は次の料理の下ごしらえ、順番に調理を進めていきます。

 

 

 

 

皆さん、楽しみながらの調理に見えましたが、さて、仕上がりは。

盛り付け方は各テーブルで異なるものの、ほぼ同じ時間に盛り付けが終了。

皆さんそろって「いただきまーす」。・・・さてそのお味は?

 

 

 

 

 

 

 

今回は、一人前づつの調理、ポリ袋から直接食べる方に話を聴くと
「食器を洗う必要がないから」、確かに。これ、宇宙食につながるかも。

<各テーブルそろって食事中>

ポリ袋を使った調理方法、仕上がりにも皆さん満足した様子。
筆者もポリ袋料理をいただきました。ポリ袋で作った料理とは思えない仕上り、おいしかったです。
会話も弾み、楽しみながらの「ポリ袋クッキング教室」でした。

参加した方からは
・一度経験しておくことで役立てられる。経験しないとわからない。
・一つの調理方法として知っていると、様々な場面で役立つのでは。
・災害時だけではなく、屋外活動での調理に使える。
等々、感想がありました。

参加の皆様ありがとうございました。
この調理方法を何かの機会にぜひ試して頂きたいと思います。

___________________________________
活動紹介:団塊くるねっと

さくらウォーク(都立小金井公園)

平成29329日(水曜日
天候は晴れ。
満開のさくらの下を歩く「さくらウォーク」を
開催しました。
団塊くるねっとのメンバーと一般の方々を含め
て16名が参加。場所は都立小金井公園。
満開のさくらの下を巡る予定でしたが・・・。
開花予報を基にこのころが満開と日時を設定し
たのですが、開花宣言の後の低い気温、冷たい
雨とさくらの開花は足踏み状態。
ソメイヨシノは1分咲未満、満開まであと数日
を待たなければならない状況でした。

 

 

 

そんな中、
陽光(ヨウコウ)という品種のさくらは満開。
紅色の大きな花を咲かせるこのさくらの下に
我々は陣を取りました。
他のさくらがまだまだといった開花状況の中、
紅色の鮮やかな色が人目を引いていました。

 

 

陽光(ヨウコウ)という品種。
天城吉野とカンヒザクラを交配してつくった品種で、また、天城吉野はオオシマザクラとエドヒガンを交配してつくった品種とのこと。
(公園内説明板より)

 

さくらを探すさくらウォークとなってしまいましたが、二番目のさくらは、寒緋桜
(カンヒザクラ)このさくらもほぼ満開、釣鐘方の変わった花びらを持つさくら、
濃い紅色のかなり目立つ存在で興味をひかれます。
花びらの形の違い、色の違い、それにしても桜の品種の多さに驚きます。

 

 

 

 




 

寒緋桜(カンヒザクラ)という品種。
中国南部、台湾に分布、日本では沖縄県石垣島に自生しているとのこと、濃い紅色で鐘形の花弁は下へ向き、平花しないとのこと。
(公園内説明板より)

 

 

この後は、
先ほどの陣を取った陽光というさくらの下へ戻り昼食。
その前に、江戸東京たてもの園で行われている特別展に関連して「川崎平右衛門」について、団塊くるねっとのメンバーの飯塚さんからの講義が行われました。
皆、資料を見ながら熱心に耳を傾けます。

食事の後、
自由参加ということで、江戸東京たてもの園へ。
飯塚さんから講義を受けた「川崎平右衛門」の特別展を見学。武蔵野新田開発とその背景、その運営を任せられた「川崎平右衛門」の活躍が紹介されています。
その後、園内をぐるり。
我々年代には昔を思い出す「なつかしさ」が目にはいります。

今年のさくらウォーク。
満開のさくらの下で、とはなりませんでしたが、これも自然。
風もなく穏やかで、春らしい陽気の中にさくらウォークを無事終わらせることが出来ました。

 

 

 

満開には少し早かったですが、春を感じた一日でした。
参加して頂いた方々、ありがとうございました。

主催 : 団塊くるねっと

第五回東久留米チャリティー手づくり小物市

平成29年3月11日(土曜日) 東久留米市役所1階市民プラザにて、35店もの出店を
頂き、第5回東久留米チャリティー手づくり小物市を開催しました。

沢山のお客様に来場を頂き、木と緑とふれあいのまち東久留米にふさわしく、緑に囲
まれ、やわらかな早春の日が差し込む中、賑わいのある街が誕生したかの様です。

店先には、心を込めて作った、アクセサリー、陶芸品、手編み作品、木工品、等々
盛りだくさんの手作りの作品が並びました。
お店の人との会話を楽しんだり、全てのお店を回り作品を一つ一つ手にとり確認し
ながら歩いたり、掘り出し物を探したり、それぞれのお客様が、それぞれに楽しま
れたと思います。

あの 3.11から6年、未だ被災地は
復興途中。避難生活を続ける被災され
た方々が心を込めて作った多くの作品
が届きました。
「東北応援ショップ」が出店、石巻の
「希望の鶴」など数多くの作品が並び
ました。
お話を聞くと東北の方々の力強さを感
じます。
一日も早い復興を祈るばかりです。

手作り小物市を楽しんだのは大人ばかりではありません。
手づくりの木工作品、オカリナ、笛の名演奏。心地良く、そして不思議な笛の音色に、子供たちも興味を誘われた様です。なかなかその場を離れようとしないでいるのが印象的でした。

 

そして、バルーンアートに子供たちが注目。風船から何ができるのか、手元をのぞき込む子供たち。
いぬ・ねこ・リンゴ・ぶどう・ロケット・・・・・
バルーンのお兄さんは相変わらずの人気でした。

16時の終了まで賑わいが続きました。
来場して頂いた方、ありがとうござい
ました。
出店をして頂いた方、お疲れ様でした。

出店者の方々からお預かりした募金は、
責任をもって社会福祉協議会へ届けさ
せて頂きます。
ありがとうございました。

最後に、出店頂いたお店の名前と作品を紹介させて頂きます。(順不同)

お知らせ
東久留米チャリティ小物市は年1回の開催でしたが、来年度から年2回の開催と
なります。
次回は、今年9月に、そして、来年3月に開催を予定しています。
詳細は後日チラシ等でご案内します。

 

主催  団塊くるねっと(手づくり小物市実行委員会)
共催  たま団塊交流会(小平市・東村山市・清瀬市・西東京市・東久留米市)
後援  東久留米市・東久留米市社会福祉協議会

 

 

 

ポリ袋料理教室

 

平成29年2月18日(土曜日)団塊くるねっとは、「ポリ袋料理教室」を開催しました。

大きな災害が頻発する昨今、災害への不安は誰もが持つものと思います。
災害時、調理環境が整わないことも予想されます。
そうした場面で、少しでも役立つ調理方法を広く紹介したい、と、今回の料理教室を
企画。

災害でインフラが止まったら、
食事はどうしよう?
そんな時でも、美味しく栄養のあるものを!
お湯を沸かせる鍋が一つあれば、ポリ袋を
使って同時にいくつもの料理ができる。
日常でも、アウトドアにでも
                     応用ができるエコな料理ワザ

私たちの呼びかけに、とにかく、作って、食べて、
体験しようと会場には30名の方々が集まりました。
ポリ袋料理指導は、団塊くるねっとの得平副代表
です。

◇挨拶する
団塊くるねっと石川代表と得平副代表 ☞

◇得平さんから「ポリ袋料理」の目的、今日の料理のレシピなどの説明 ☟

 

 

 

 

 

 

ポリ袋料理は、お湯を沸かせる鍋があれば、いくつかの料理を一度に作る事ができ、調理器具が使えない場面では、器具がいらない、洗う必要もない等、大きなメリットがあります。また、そう考えると、家庭でも、そして、屋外での調理にも有効な料理方法とも言えます。

今日のレシピは、
・鶏肉ロール        ・ミックスベジタブル入りオムレツ
・ひじきと大豆の煮物    ・肉じゃが
・蒸しケーキ        ・パスタサラダ    の合計6品目
これらの料理を同時進行します。

◇いよいよ調理開始です。

 

 

 

 

 

 

◇調理台を拝見
調理台の上は普通の料理とはちょっと違った雰囲気。
加熱時間の長い料理から下ごしらえ、そして、ポリ袋へ。
材料を入れたらポリ袋の中の空気を抜いて袋を結び、これで準備OKです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇加熱時間の長い料理から鍋に入れていくため、出来上がりはほぼ同じに。

 

 

 

 

 

 

肉じゃがの出来上がり、おいしそうです。


 

 

 

 

 

そして、盛り付け。
皆、ほぼ同じ時間に盛り付けも終わり、そろって試食。
普段の料理と変わらず、この様な方法でと、試食中は皆さん満足された様子でした。

 

 

 

 

参加した方からは
・一つの調理方法として知っていると、様々な場面で役立つのでは。
・災害時だけではなく、屋外活動での調理に使える。
・男性でも料理の可能性が広がる。          等々、感想がありました。

参加の皆様ありがとうございました。
この調理方法を何かの機会にぜひ試してみてください。

主催  団塊くるねっと
共催  東久留米まちづくりサポートセンター

 

 

ライフプラン講座

 

平成29年1月28日(土曜日)
講師に澤木明様を迎え、第1回ライフプラン講座を
開催しました。

これからの人生、何が待ち受けているのか?
将来への不安や、いろいろわからないことばかり。
しかし、知ることで不安を解消し、安心に変えることも出来る。
これからの生活に待ち受ける様々な
不安や疑問についてお話を伺いました。

そして、今回の講座では特別に
ファイナンシャルプランナーの
伊藤 魅和様
加藤 義彦様
得丸 靖晃様
をお迎えして個別の相談に対応して頂
きました。

司会をお願いした 生活文化課 塚田様
挨拶をする 団塊くるねっと 石川代表

会場の市民プラザには50名を超える方々が参加、年齢は、60代、70代の方が多かった
ように思います。
お金、健康、相続、これから先の生活、どうなっていくのか予測が立たない、どんな
リスクが待つのか、不安ばかりが先行、
皆さん、何か少しでもいい答えを求めての参加と思います。

 

講師 澤木明様


先行きが見えない現代社会、自分で何とかしていか
なくてはならないと考えつつ、何をしたらいいのか、
やはりそこには疑問や不安が。
講師の話に耳を傾けます。

講座が始まって間もなく、講師から夢を語ろうとの
問いかけ。
我々と同じ年代(筆者65才)の仲間が集まると夢よ
りも、健康、年金、将来への不安ばかり、夢を語っ
たのは何十年も前のこと。

定年後の夢で多いのが「旅行をすること」とのこと。忘れてならないのは、その夢に
向い行動すること、常に何かに向かって行動しようとする気持ち(心)と体を動かすことが大切なんだ、と感じました。

 

今回の講座は、
・老後にかかる費用は?
・年金のこと、生涯年金は?
・生命保険のこと、必要、不要?
・介護のこと、
・相続のこと、
これからの生活に直接関係することばかり、今回の講座ではその全般についてのお話を聞きました。将来への不安やリスク、その様々な具体的な場面やその対策、問題が発生しても予め知っていれば、リスクを回避したり、対応できることも数多くあるのでは。
おろおろすることはない、前向きに生きるヒントをもらった様な気がします。
知らないことの不安、知ることで安心へも変えられる、あらためて知ることの重要性強く感じた講座でした。

講師、澤木様の経験に基づく、事例を交えた話はとても分かりやすく、皆さん、まだまだ聞いてみたいといった雰囲気でした。
このライフプラン講座は今後も澤木様など地元のファイナンシャルプランナーを講師に迎え継続して実施します。

次回は7月に市民プラザホールにて、テーマを絞りより掘り下げての講座を予定しています。詳細はチラシを配布します、皆さんの参加お待ちしてます。
主催  団塊くるねっと
共催  東久留米市

クリスマスリース作り

Microsoft PowerPoint - ac?acÊaö?ac3ac?ac?aöEac˜ac31

                                                                         自分だけのオリジナルリース作りに挑戦  
                                                                         製作指導に 玉木恵子さんを迎えて

DSC_0512DSC_0568

DSC_0572-1

 

 

 

 

平成28年12月4日(日曜)、子供から大人まで
20名(付き添いの方を含む)がクリスマスリース
作りに挑戦しました。
   団塊くるねっと、石川代表の挨拶に続いて、
   玉木さんの製作指導でクリスマスリース作
   りがスタートです。

 

どんなクリスマスリースが出来るか、発表が楽し
みです。

DSC_0524

 

 

 

親と子の協同作業
親子で参加された方が多かったですね。 
何ともいえない「ほのぼの」とした雰囲気です。
製作途中、時には、意見の違いなどもあった様で
すが、完成してみれば、
         どちらも笑顔で、満足、満足。
02

 

 

 

 

 

イメージ通りのクリスマスリースに仕上がったでしょうか?

 03

 

 

 

 

 

参加のみなさん、クリスマスリース作りを楽しまれた様です。
最後に、完成したクリスマスリースを製作者それぞれが発表。
参加したこどもたちが、リース作りに当たっての考え(コンセプト)を明確に
発表していたのに感動しました。

参加した方々の作品紹介です。(2名様の作品を除く)

作品00-1作品00-2作品01-1

 作品01-2

 

 

 

 

みな素晴らしい仕上がりです。
参加して頂いた皆様、ありがとうございました。

主催  団塊くるねっと

健康寿命を延ばそう

第9回 団塊くるねっとシンポジウム

20161022                メタボ・ロコモ・ココロ 予防と対策

 平成28年10月22日(土曜) 国立健康・栄養研究所 健康増進研究部長 
宮地元彦氏を講師に迎えて、講演会を開催しました。
宮地氏はNHKの番組「ためしてガッテン」「きょうの健康」等、数多くの番組
への出演、また、厚生労働省の「エクササイズガイド」「健康日本21」等々、
皆様の健康づくりのために活躍されています。

DSC_0012DSC_0004DSC_0034

 

 

 

 

 

 

成美教育文化会館の会場準備も整い、団塊くるねっと講演前の最後のミーティング。
会場前では、「るるめちゃん」が来場の皆様をお出迎え。

会場には、健康寿命について少しでも知識を得よう、健康には気を付けなくては、と考える人たちが数多く集まりました。

DSC_0056

東久留米市生活文化課 塚田様の
司会で講演会がスタート

壇上には、
講師の宮地元彦氏、
東久留米市長様、
生活文化課長様、
団塊くるねっと代表 の方々。

 

団塊くるねっと 石川代表
の挨拶。

DSC_0066DSC_0070東久留米市 
並木市長からお言葉を
頂きました。

市長からは、
今回の講演の意義を高く
評価して頂き、また、
市も市民の健康寿命に大
いに関心を持っているこ
とを強く感じました。

 

宮地元彦氏の講演が始まります。
会場に到着前、会場の周辺、黒目川沿いの遊歩道を歩いてこられたとか。
東久留米の環境の良さに感心されていました。
私が驚いたのは、事前にそうした調査を実施、会場に来て頂いた方々の
生活環境など、一部ではありますが確認してからお話を始める。
さすが・・・と思いました。

DSC_0097DSC_0087

 

お話はメタボ・ロコも・ココロ、予防と改善。DSC_0111

私も、60代半ば、身体活動がめっきり減っていること、その分歩いているつもりでも、具体的な歩数はわからない。歩数計を買おうと決心。
そして、歩きながらの算数(100-3は97・97-3は・・・・認知症予防につながるとのこと。出来ることから、ウォーキングにもう少し真剣に取り組もうと決心。

 多くの方々が運動しなければ、と思いつつ、具体的にどうすればよいか、と思っていた方も多いのでは?

DSC_0117
答えを出して頂きました。

 そして、プラス10
1日10分の身体活動を増やすこと。
少しがんばれば出来そうです。

先生の実技。
皆さんついて行けましたか。

最後にまとめ
1.運動器障害(ロコモ)と認知機能の低下予防は、健康寿命の延伸、抗加齢に
  必要な要素である。
2.適切な身体活動量を保持することは、ロコモや認知症の予防に有効であり、
  1日10分の身体活動量増加は約10%のリスク低下と関連している。
3.筋トレやストレッチング、頭を使う運動などの運動介入はロコモや認知機能
  の低下の改善に特に有効である。
                         ※宮地元彦氏の資料から

 

最後の質問の時間 最初に立たれた方
「他に行く予定があったが、チラシを見て変更した。
         こちらの講演に来て本当に良かった。」
主催者側としては本当にありがたい言葉でした。

来場頂いた 177名の方々 ありがとうございました。
健康寿命を1日でも長く、1日々を大切に、がんばりましょう。

主催  団塊くるねっと ・ 東久留米市
共催  たま団塊交流会(小平・東村山・清瀬・西東京・東久留米)
後援  東久留米市社会福祉協議会

 

 

 

立川防災館見学体験ツアー

      普段体験する事がない災害時や緊急時、どう行動したらよいか? 
  その時に必要な判断や行動を体験を通して身に着けよう! と、
       防災月間の9月21日(水曜日)立川防災館を訪れました

立川防災館は東京消防庁が管理運営する災害時の行動を身に着ける体験学習施設です。様々な体験コーナーや子ども達が楽しみながら防災意識を身に着けるコーナー等が整備されています。
防災館を知ってはいてもなかなか足を運ぶ機会が少ない、という方々が多いのでは。
今回の参加者は14名、今日は「応急救護訓練」と「煙体験」に挑みます。

 DSC00010

応急救護訓練体験DSC00013
突然人が倒れたら。「だいじょうぶですか?」と声はかけられてもなかなか救護行動ができる人は少ないのでは。

 ◇急ぎ、呼吸の確認、呼吸をしていないと判断したら直ぐに心臓マッサージ、血液の流れを確保。

 ◇1分間に120回の胸骨圧迫を行いながら、周りの人に声をかけAEDを手配。

 インストラクターの方の説明の後、実際にその体験をします。胸骨圧迫はかなり強く行う必要があり、のその強さの度合いや1分間に120回という回数は実際に行動、体験してみないとわからない数値です。DSC00015

 AEDを実際に使います。機材が指示をしてくれるとは言え、経験のない人は戸惑います。一度でも経験があれば無駄なく進められるのでは。見る、聞くだけではなく、体験の重要さを感じました。

 

 

 DSC00017

煙体験
もし、火災に遭遇し煙にまかれたら、それが、全く知らないビルの中だったら、どう対応する?

 ◇煙は一秒間に3mから5mの勢いで階段を昇るとのこと、我々がいくら階段を駆け上がっても追い越される。横へも1秒間で数十㎝進み広がる。
DSC00018のコピー

◇どっちへ逃げようか、考えている時間はない。

 インストラクターの方から火災時の煙の恐ろしさ、怖さを聞き少しの不安を持ちながらいよいよ煙体験室へ。

(煙の中をうろうろ)
全く前も見えない煙だったらとDSC00021思うとぞっとします。閉ざされた空間の中で方向感覚を完全に失ってしまう、と感じました。
参加者の皆さん、煙の中では衣類やハンカチを湿らせ口、鼻に、姿勢を低く、誘導灯を確認できるか等、今日聞いた話を忘れないよう。

 

そして、スーパーや都内の地下街、普段の生活の中でも建物の中に入ったら誘導灯、非常口の場所等、最低限の事だけでも確認する癖をつけておきたいですね。

DSC00028実際に体験「している」「していない」は災害の場での行動に大きな差が生じると思います。立川防災館には、今日、体験した事のほか、消火体験や地震体験等の施設があります。また新たな防災体験ツアーを企画したいと思います。

最後に参加者全員で記念写真。

主催 団塊くるねっと
共催 たま団塊交流会

 

 

 

団塊くるねっと 夏まつりへ参加

8月28日(日曜日)朝からの雨も夏まつりが始まる頃には上がり、夏の日差しは雲に
遮られましたが、まずまずの天気です。

DSC_0183DSC_0303

今年で10回目を迎えた市民プラザ夏まつり。団塊くるねっとはテントの設営や会場準備等実行委員として、そして、今年も子どもたち向けの缶つりゲーム、ドリンク販売で夏まつりに参加しました。

 

いよいよ夏まつりのスタート   屋内会場では

DSC_0206DSC_0219

夏まつりのオープニングステージ「大江戸ダンス」。
子どもたちが見事なダンスを披露しました。日ごろの練習の成果を余すところなく発揮、生き生きとした表情に感動しました。

屋外 団塊くるねっとのテントでは

屋内のまつり会場が盛り上がるころ、001
団塊くるねっとの缶つりゲームにも
多くの子どもたちが集まり、熱が入
っていました。
子供たちの真剣な顔つきに皆が応援。
そして、釣り上げた時の満足げな顔、
お父さん、お母さんの笑顔も印象的
でした。
皆が喜ぶ顔に、
団塊くるねっとスタッフの顔もほころびます。

 2

子どもたちの人気を集めた缶つりゲーム、夏まつりの終了時間を待たずに缶も景品も終了してしまいました。
本当に多くの子どもたちに参加してもらい、喜んでくれたことに感謝、    そして、
「また、来年もかな?」 
団塊世代も頑張ります。

 

最後に
団塊くるねっとの隣では、テラス東久留米さんが簡単なDSC_0301
整体テストを行っていました。
自分の整体とは? 
団塊くるねっとの石川代表が挑戦
「代表...枠から出てますよ・・・。」

普段、体験することが出来ないことに挑戦するのも
「まつり」の楽しみですね。

 

 

缶つりゲームへ参加して頂いた方々、ありがとうございました。
市民プラザ夏まつり実行委員会の皆様、お世話になりました。

◇写真は承諾を頂いての掲載です。
◇市民プラザ夏祭りの主催は「東久留米市市民プラザ夏まつり実行委員会」です。

報告 団塊くるねっと

 

 

 

「おもしろ映画講座~4」開催

7月9日(土)に今回で4回目となる「おもしろ映画講座~4」を、シネクラブ
HIBARIの協力により、東久留米市立中央図書館・視聴覚ホールにおいて
開催しました。
IMG_5146

 

おもしろ映画講座4

 

今回は、映画史上最もスリリングな作品を
作り続けたご存知「ヒッチコックの世界」が
テーマでした。  
なぜ観客は彼の仕掛けた罠に、こうも
翻弄され続け
たのか?

英国時代の25作品、米国に渡ってからの
32作品のうち多数の代表作を上映しながら
多くのエピソードを交え、解説していただきました。

 

IMG_5154

 

 講師は、お馴染みの秩父誠さん。

いつもながらの軽妙な語り口に
どんどんヒッチコックの世界に引き
込まれて行きました。

講師曰く、ベスト3は、「裏窓」、「サイコ」、そして「鳥」だそうです。

IMG_5158                

映画を観賞する場合、とかく出演者で 観たい作品を選びがちだが、映画は監督で選んだ方がいい。

なるべく一人で観ること。室内は、暗く
して観た方が集中出来て、その作品が持っている感動が、より伝わってくるとのことでした。

IMG_5155

 

 

あいにくの悪天候の中での開催でしたが、映画愛好者の方々に集まっていただき、 有意義な講座となりました。