第13回 東久留米市民プラザ夏まつりに参加


令和元年8月4日(日曜日)
第13回東久留米市民プラザ夏まつりが開催されました。会場は、市庁舎1階の屋内ひろば、市民プラザホールと屋外ひろばです。
くるねっとは、夏まつり実行委委員としてまつりの運営に当たり、また、子ども達へ向けての缶つりゲーム、飲み物販売で参加しました。

主催:東久留米市民プラザ夏まつり実行委員会
参加:27団体(ステージ・展示/体験・屋外)

🔶オープニングステージ

毎年恒例の九小舞組によるオープニングステージ。
大江戸ダンス、創作ダンスが、ステージ狭しと躍動的に、そして、元気いっぱいに繰り広げられました。

 

九小舞組による「第13回東久留米市民プラザ夏まつり」の
開会宣言に続いて、並木市長の挨拶が行われ、夏まつりが始まります。

🔶ステージ・屋内ひろば・ホール
ステージでは、クルメイザーのヒーローショーに子ども達の歓声が上がり、そして、空手道演武、ストリートダンス、タップダンスなど、子ども達の元気いっぱいのステージに、大きな拍手が沸き上がりました。
屋内ひろば、ホールでの展示/体験コーナーでは、手作りの木工品、手作りノート、うちわ工作など、様々なワークショップへ多くの子ども達が参加、物づくりに挑戦しました。

🔶屋外ひろば
焼きそば、大阪焼き、フランクフルトソーセージ、かき氷などの屋台、そして、バルーンアート、缶つりゲーム、金魚すくいなどのゲームコーナーのテントが並びます。美味しい食べ物に冷たい飲み物、ゲームコーナーでは子ども達の元気な声が響いていました。

***くるねっとの缶つりゲーム***
人気の高い缶つりゲーム、猛暑の中、子ども達の挑戦が続いていました。
中には、お父さん、お母さんの力の入った応援に大きなプレッシャーを受けて挑戦する子どもさんの姿も。

 今年は、猛暑の中での夏祭りとなりましたが、多くの子ども達が缶つりゲームに挑戦してくれました。つり上げた時の子ども達の嬉しそうな顔を見ると、私達も笑顔になります。
チンドン喜助さん、炎天下での熱演、お疲れ様でした。
くるねっとのメンバーも酷暑にも負けずにガンバリました。

缶つりゲームに参加してくれた、たくさんの子ども達「ありがとう。」

*************************************

活動紹介 : くるねっと