第7回 おもしろ映画講座

   2018年6月21日(木曜日)、7回目となる
   「おもしろ映画講座」を開催しました。
   会場は、まろにえホール・会議室です。
   主催はくるねっと、シネクラブ HIBARIの
   協力を得ての開催です。

会場には多くの映画ファンが集まり、用意した座席はほぼ埋まりました。
開講を前に、くるねっとの石川代表が挨拶。おもしろ映画講座の歴史、くるねっとの活動とその目的などを紹介させて頂きました。
講師は、いつもの、くるねっとのメンバーでもある秩父氏です。
そして、今日のテーマは、

◇会場に集まった映画ファンの方々。        ◇講師の秩父氏

秩父さんのいつもの名調子で映画講座が始まります。
終戦直後、占領下での映画制作、そこからの日本映画の発展について、映画界の変遷や当時の世相に触れながら、映画作品と制作者を紹介します。

<1945年 ~ >   

終戦。先の見えない暗い時代に明るい話題をとGHQの管理下で制作された戦後初の映画、民主主義の啓蒙を目的に制作された映画などが紹介された。社会では組合活動が活発化し、映画制作会社も闘争や分裂を繰り返し、新たな映画会社の設立など、混乱の時期を迎えた。
※紹介された映画
「そよ風」・・・戦後初、GHQの管理下
「安城家の舞踏会」・民主主義啓蒙映画
「酔いどれ天使」・・東宝争議
「小原庄助さん」・・新東宝発足  等々

<1950年 ~ >

映画界の混乱も落ち着きを取り戻し、映画制作会社にも五社体制が出来上がった。
そして、日本で制作された映画、その中に海外で高い評価を受ける作品があった。この頃から映画の国際化へ向けての動きが現れ、国際的に高い評価を受ける作品が多く誕生した。
 
※紹介された映画
・黒澤明監督 「羅生門」「七人の侍」他
・溝口健二監督「山椒大夫」「雨月物語」他
・小津安二郎監督「彼岸花」「東京物語」他
 この頃、監督が会社を離れ独立する動きや、また、映画制作、映像表現に様々な試みが行われた。
日本初のカラー映画が制作され、映像表現の世界を大きく変えた。また、見る側に創造力を求める映画制作では、例えば、映画の四角いフレームを楕円のフレームに変えたり、
 セリフの無い映画などが制作された。

※紹介された映画
「どっこい生きている」独立プロダクション
「カルメン故郷に帰る」・初のカラー映画

「二十四の瞳」「浮雲」「夫婦善哉」
                等々

 

  <1960年 ~ >

高度成長期、映画が娯楽の一つに定着し、様々なジャンルの、数多くの映画が制作され、そして、多くの監督が誕生した。シリーズ化された映画が誕生するなど、映画界が大きく成長する時代であった。

※紹介された映画
「用心棒」「秋津温泉」「キューポラのある街」
「日本昆虫記」
「赤ひげ」
「太平洋一人ぼっち」
「東京オリンピック」
「白い巨塔」
「男はつらいよ」 等々

<講座を終わって>

1945年、終戦直後から1960年代まで、紹介された映画は30作品以上、その時代の世相や映画界の動向を読み解き、それと対比しながら制作された映画と制作者(監督)の紹介は大変興味深いものでした。そして、1950年代前半、それら作品の中に海外で高く評価された作品があること、既に国際化へ向けて動き出した時代であったことを知りました。
そこで秩父さん曰く。
「外国の人の多くはこれらの映画を観ている、日本人が一度も観ていないでは話が通らない・・・!!。」
さらにもう一言。
「映画は映画として集中して観る(日常から離れる)こと。テレビはダメ、日常の中に入り込み過ぎている。」

「日本人が一度も観ていないでは・・・・・」、筆者の心に突き刺さる言葉でした。

第7回おもしろ映画講座へ参加して頂いた皆様、ありがとうございました。

*************************************

おもしろ映画講座も今回で7回目、毎回多くの映画ファンが集まりますが、その内容は、映画のことを知らなくても楽しめる内容であり、一度は聞く価値のあるものと感じています。今後もおもしろ映画講座を予定しています。ぜひ講座をお訪ね下さい。

活動紹介:くるねっと