臨床美術 脳が目覚める!           感じて描くアート制作

平成29年11月22日(水曜日)
   くるねっとのメンバー10名が
                        
臨床美術を体験

「臨床美術」、その耳なれない言葉に初挑戦。
 くるねっとのメンバーであり、臨床美術士の
 資格を持つ天本さんの発案でこの体験講座が
 実現。もちろん天本さんが講師を務めます。

◇体験講座の開始です。
モチーフは旬のリンゴ。
色や形、品種の違う様々なリンゴからお気に入りの一つを選びます。

色や形をじっくり観察していると、最初は中身(実)から描くと言うのでビックリ。
皮をむいた実の色をパステルの中から選びます。
そして、輪郭ではなく実の中心から塗り始め・・・と、描き方は独特です。そこに「実感の感じられる絵」を描く秘密があるようです。

 

皆さん、「絵を描くことなどないから」と最初は少し緊張気味。時間が経過すると、
リンゴの形、色、表面の細かな模様を忠実に描いていました。

 

そして、1時間が経過。
絵が完成したら集めて壁にはっての鑑賞会です。

どの作品も一枚一枚違っていてとても良い感じです。全てに個性が光り、皆ちょっとした満足感にその場の空気も和みました。

◇体験講座を終わって。
参加者皆が「楽しかった。」との感想。そして、鑑賞会の時に感じた「ちょっとした満足感」とは、最初のリンゴ選びから鑑賞会までの臨床美術の一連のプロセスを体験することで得られたもの、と思います。
臨床美術には絵を描くだけでない何かがあるように思いました。

◇講師の天本さんから。
皆さんの笑顔が見られて一番満足したのは講師です。
アートの力によって臨床美術は自己表現の充実感をもたらし、人と人とを繋ぐコミュニケーションツールとなることを実感しました。
皆様、参加頂きありがとうございました。

*************************************

今回の臨床美術・体験講座は会員を対象に行いましたが、くるねっとでは、その一連のプロセスを市民の方々にも体験して頂きたいと考え、次年度の活動計画に盛り込むこととしました。

活動紹介:くるねっと