ライフプラン講座

 

平成29年1月28日(土曜日)
講師に澤木明様を迎え、第1回ライフプラン講座を
開催しました。

これからの人生、何が待ち受けているのか?
将来への不安や、いろいろわからないことばかり。
しかし、知ることで不安を解消し、安心に変えることも出来る。
これからの生活に待ち受ける様々な
不安や疑問についてお話を伺いました。

そして、今回の講座では特別に
ファイナンシャルプランナーの
伊藤 魅和様
加藤 義彦様
得丸 靖晃様
をお迎えして個別の相談に対応して頂
きました。

司会をお願いした 生活文化課 塚田様
挨拶をする 団塊くるねっと 石川代表

会場の市民プラザには50名を超える方々が参加、年齢は、60代、70代の方が多かった
ように思います。
お金、健康、相続、これから先の生活、どうなっていくのか予測が立たない、どんな
リスクが待つのか、不安ばかりが先行、
皆さん、何か少しでもいい答えを求めての参加と思います。

 

講師 澤木明様


先行きが見えない現代社会、自分で何とかしていか
なくてはならないと考えつつ、何をしたらいいのか、
やはりそこには疑問や不安が。
講師の話に耳を傾けます。

講座が始まって間もなく、講師から夢を語ろうとの
問いかけ。
我々と同じ年代(筆者65才)の仲間が集まると夢よ
りも、健康、年金、将来への不安ばかり、夢を語っ
たのは何十年も前のこと。

定年後の夢で多いのが「旅行をすること」とのこと。忘れてならないのは、その夢に
向い行動すること、常に何かに向かって行動しようとする気持ち(心)と体を動かすことが大切なんだ、と感じました。

 

今回の講座は、
・老後にかかる費用は?
・年金のこと、生涯年金は?
・生命保険のこと、必要、不要?
・介護のこと、
・相続のこと、
これからの生活に直接関係することばかり、今回の講座ではその全般についてのお話を聞きました。将来への不安やリスク、その様々な具体的な場面やその対策、問題が発生しても予め知っていれば、リスクを回避したり、対応できることも数多くあるのでは。
おろおろすることはない、前向きに生きるヒントをもらった様な気がします。
知らないことの不安、知ることで安心へも変えられる、あらためて知ることの重要性強く感じた講座でした。

講師、澤木様の経験に基づく、事例を交えた話はとても分かりやすく、皆さん、まだまだ聞いてみたいといった雰囲気でした。
このライフプラン講座は今後も澤木様など地元のファイナンシャルプランナーを講師に迎え継続して実施します。

次回は7月に市民プラザホールにて、テーマを絞りより掘り下げての講座を予定しています。詳細はチラシを配布します、皆さんの参加お待ちしてます。
主催  団塊くるねっと
共催  東久留米市