2016・黒目川クリーンエイド、河童のクウのクリーン作戦

黒目川クリーンエイド「河童のクゥのクリーン作戦」報告

開催日  2016年10月23日 実施

参加団体;東久留米市少年野球連盟・都立東久留米総合高校・東京湧水ライオンズクラブ・(株)山水、及び黒目川クリーンエイド実行委員会。

集合場所  本村小学校校庭

清掃区間 黒目川都大橋から神宝大橋 距離4.5㎞

集合時間 8時:00分  開会式  8時:30分

清掃開始 8時45分から現場へ移動 清掃時間 9時15分から11時00分

 参加者 子供310名 大人128名 計 438名 回収ゴミ袋 102袋

 トン汁配布 10:30分~11時30分

 撤収 12時から12時半 終了

黒目川クリーンエイド「河童クゥのクリーン作戦は、少年野球チーム・環境市民団体・都立高校生徒、ライオンズクラブと企業の協力により、約500名近くの参加者で実施出来ました。子どもたちが川に展開すると、川沿いを散歩する人々は子供達に「川を綺麗にしてくれてありがとう」と声を掛けてくれました。川は一見ゴミが少ないと思いましたが、水辺の草木の間や、遊歩道の植え込みにゴミが有り、子供達は「こんな所にゴミが有る」と拾って調査カードに記録してくれました。子ども達に川のゴミは何処から来たのか聞きました。子ども達からは「川のゴミは人が捨てた」「川にゴミがある川の水が汚れていると、そのゴミが海まで行き、私たちの食べている魚などにも影響があるのでコワイと思います」等と答えてくれました。

黒目川に直接近づいてゴミ拾いの活動できるのはこのクリーンエイドの時等、限られています。これからも、皆で何時も湧き水の川に近づける仕組みを造りたいと思います。

黒目川、散乱ゴミワースト10 2016年:2015年(2年間推移)

 2016年(速報・参考値)         2015年荒川クリーンエイドへ報告値

1 タバコの吸殻      777       1 タバコの吸殻     681

2 食品のポリ袋      377       2 食品のポリ袋     604

3 食品以外のポリ袋    235       3 食品以外のポリ袋   273

4 飲料缶         195       4 飲料缶        216

5 買い物レジ袋      157       5 飲料ペットボトル   152

6 飲料ペットボトル    122       6 買い物レジ袋     139

7 食品のプラスチック容器  80       7 食品のプラスチック容器  78

8 ポリ袋の破片       60       8 紙の袋         72

9 紙の袋          44       9 ポリ袋の破片      68

10 その他生活用品     40       10 その他生活用品     64

参加者の感想

●ゴミ拾いで感じたことを話し合い、記入しました。

タバコのポイすてが多かった。
おかし類の袋
昨年よりゴミが減った気がする。
ゴミが沢山ありすぎてびっくりしました。
けっこう綺麗だった
子供たちは楽しそうにゴミ拾いをしていた。その上、ゴミは捨ててはいけない事がわかるようになるのでとても良いと思いました。
去年より少なかった。
去年よりゴミが少なかった。
カッターがおちていてビックリした。
カッターが落ちていてこわかった。。
タバコのゴミが多かった。
ガラスのゴミが多かった。
燃えるゴミより燃えないゴミが多い
お菓子のゴミが多かった
でかいゴミが多かった

意外に探すとゴミがたくさんあった

食品のポリぶくろが大量にあった。
あかちゃんのやつがあった。
いろいろあった。
ゴミが意外とすくなっかた。
ゴミがいっぱいあった。
意外に楽しかった。
つかれた。
草でかくれているゴミがあって、探すのが大変でした。
前よりきれいになった。
ゴミを捨てないでほしい。
タバコとかがたくさん落ちていて、火がついていたりしたら葉っぱとかが燃えちゃうから危険棚と思いました。
下の方にはカンやペットボトルがたくさん落ちていました。
思ったよりもゴミが多かったのでポイ捨てする人が多いんだなと思いました。
タバコのゴミは昨年より減ったと思われる。
去年よりきれいになっていたのでよかったです。
らいねんもゴミ拾いをやるとおもうのできれいにしていきたいです。
大人が悪い
思った以上にゴミが少なく感じた。
自然が多く川もきれいなので、捨てる人も少ないと思います。
きれいに保つ事がポイ捨ての抑止効果になっていると思います。
今後も参加していきます。
 
 
 
 

散乱ゴミ集計表2016集合写真

 

 

 

   報告者

東久留米市民環境会議環境学習部会長 菅谷 輝美
川辺高校生清掃中集積ゴミ袋

ひばりエコクラブ 草取り体験&ゆでまんじゅう作り

DSCN88074月20日(日)、「ひばりエコクラブ」の第6回イベント、「草取り体験&ゆでまんじゅう作り」が開催されました。「ひばりエコクラブ」では子どもたちに農業と農地の大切さを知ってほしいと①麦の種まき、②麦踏み、③草とり、④収穫の4つの行程の体験イベントを毎年開催しています。今回は③の草とり体験です。

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

毎回南町の秋田緑花農園さんがご協力くださっています。 秋田家は、江戸時代、武蔵野の地で新田開発が始まった享保年間にこの地に入植したという、300年も続く農家さんです。

 草取り

DSCN8840

今回の麦畑の体験は、麦の畝の間に生えている草を抜いて、麦に栄養をつけます。先日、秋田さんのお父さんが草取りを済ませて下さっていたので、少しだけ残っていた草を「これは取っていいの?」と訊きながらすべて抜き取り、きれいな畝となりました。

よく耕された土なので、ふんわりと根から抜ける感触に子ども達は夢中になり、あっという間に完了してしまいました。

DSCN8843

 

≪草取れたぁ。なんの草かなぁ?≫

  aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa 

  そこで、麦畑の新しい体験「土かき・土よせ・土いれ」の三つの作業を教えてもらいました。

土かき・土寄せ

DSCN8818

まず、鍬で土をかいて、柔らかい土を集めます。

そして、それを麦の根本に寄せるようにしてかぶせていきます。これが土寄せです。

DSCN8857

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

これは、茎がもっと伸びたときに倒れないように、また根をしっかりはれるようにするためです。

  子ども達もぶつからないように一畝ずつ土かきに挑戦しました。初めての鍬体験です。

 kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

DSCN8875

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

 お母さんも挑戦!
秋田さんから鍬の持ち方から土に入れる角度、引き方まで詳しくご指導いただき、ひと汗かきました。

 kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

土入れ

DSCN8828

「土いれ」です。

麦の株に、上から畑の土をかけてていきます。土がはいると、麦の株が大きく広がり、根本までお日様の光が入ります。

 kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

 

 kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkDSCN8884

この 「土いれ」の道具は明治時代か ら、大正・昭和・平成と壊れずに使われて、「百年」をここ東久留米の麦畑で迎える事になりました。

 kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

DSCN8810

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

今日の作業で使った道具です。

「土かき」「土よせのクワ」と「土いれ」

どれも永年使われた道具です。

これからも、大切に!

 kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

ゆでまんじゅう作り

畑仕事の後はゆでまんじゅう作りです。

DSCN8904

DSCN8903

今回、秋田さんの畑で収穫した麦の地粉とスーパーで買った外国産の小麦粉で、食べ比べをしました。上下の写真のどちらが東久留米産かわかりますか?

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

正解は上です。真っ白ではなくて、少し茶色みがかっています。

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

でも、子ども達には内緒。つくって食べ比べてからのお楽しみです。

DSCN8917

まず、粉と水を軽く混ぜておいたものを耳たぶぐらいの固さにこねながらまとめていきます。

「わたしもやる!」とみんな積極的に取り汲みました。

 kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

DSCN8960

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

おだんごづくりは手触りが気持ちよく、楽しい~!

形も思い思いに。

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk 

DSCN8946

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

昔ながらのゆでまんじゅうは中にあんこを入れますが、今回はチーズやチョコ、くるみ、黒砂糖などいろいろ試してみました。

チーズだけはアレルギーのお子さんが間違えて食べないように形を統一しました。

 kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

                                  kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

DSCN8972大きなお鍋で茹でます。

一度沈みますが、ぷく~と浮き上がってきたら出来上がり。

日頃からお手伝いをしているおねえちゃんは茹でるのも上手。

 kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

DSCN8975

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

 小さな手でつくった小さなおまんじゅう。持参した、マイ箸とおわんで試食しました。

自分でつくると、ことの他おいしいですね!

 kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

 さて、子ども達はどちらが地粉でつくったおまんじゅうかわかったでしょうか。

「こっちのほうが、色がついてる」「もちもちしてる」・・・と口々に、違いを言い当てていました。

確かに、食べてみると噛みごたえが違い、地粉のほうは香りというか独特の風味がありました。

粉と水を混ぜて茹でるだけでおまんじゅうに変身する・・子ども達はびっくり!

「おいしい」「おいしいと」とおまんじゅうの山があっという間になくなりました。

 メッセージ記入

DSCN8992

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk 

 最後に今日の感想を書いてもらいました。

DSCN9019

 kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk 

  「楽しかった」「おいしかった」、「またつくりたい」「秋田さん、ありがとう」とうれしい感想がいっぱい集まりました。

 初めて鍬を持ち土寄せに精を出したお母さんは、「もうこの麦畑をただ通り過ぎるなんてできませんね。どうなったか・・って絶対見ちゃいますよね」(笑)とお話されていました。

DSCN9023

kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

知識として知るだけでなく、身を以て体験し、五感をフルに使って体感すると、これまで見過ごしていた環境への関わり方も深まりますね。

次回は、6月29日(日)午前10時から、いよいよ麦の収穫です。この青々とした麦が黄金色に変わっている景色に、子どもたちはさぞや驚くことでしょう。

ひばり子どもエコクラブ・「麦ふみ体験&煮ぃだんごづくり」の参加者募集

IMG_8978

寒さにめげずすくすくと育つ小麦

昨年の麦踏みの様子 麦は踏まれる事により株立ちがしっかりして行く事を学びました。

昨年の麦踏みの様子
麦は踏まれる事により株立ちがしっかりして行く事を学びました。

 ●実施日時

 2014年2月9日(日)午後1時~3時

 ●集合解散場所 南町運動公園正門

 ※麦ふみ作業は南町運動広場南側の麦畑

 ※煮ぃだんご作りは南町秋田家の庭先

●持ち物・服装 タオル、飲み物、汚れてもよい服、長靴、お椀はし。

●募集期間 2014年1月13日(月)~

煮イだんごづくり この料理は昔から東久留米に伝わる料理です。初夏に収穫された小麦と、地場産の冬野菜で作ります。

煮イだんごづくり
この料理は昔から東久留米に伝わる料理です。初夏に収穫された小麦と、地場産の冬野菜で作ります。

●募集人数 先着15名(保護者の方は含みません)

●受付・問合せ 子どもセンターひばり(TEL;042-464-9300)

主催:市民環境会議環境学習部会 後援:こどもエコクラブ全国事務局( 財団法人日本環境協会)、子どもセンターひばり、南部地域センター、(学)自由学園

   

ひばりエコクラブ 麦の種まき&わらべ唄&麦わらで焼き芋

 

DSCN7397縦

さわやかな秋晴れの11月15日(日)、「ひばりエコクラブ」の第5回イベント、「麦の種まき&わらべ唄&麦わらで焼き芋」が開催されました。

「ひばりエコクラブ」では子どもたちに農業と農地の大切さを知ってほしいと①麦の種まき、②麦踏み、③草とり、④収穫の4つの行程の体験イベントを毎年開催しています。毎回南町の秋田緑花農園さんがご協力くださっています。 

秋田家は、江戸時代、武蔵野の地で新田開発が始まった享保年間にこの地に入植したという、300年も続く農家さんです。

麦の種まき

DSCN7423畑で種まきの準備とこれからの作業についての説明がありました。

手に持っている棒は、種まきをするのに、畑の土に筋を付ける棒です。これから、棒と縄(ロープ)を使って、直線の畝筋を引きます。

お父さん方も一緒に行いました。

DSCN7437

麦の種は参加の子どもたち・お母さん・お父さんも初めて見ます。種は小さなお皿に分け一人一人、受け取りました。

種は畝筋に点々に20粒づつ、撒く事を教えてもらいました。

 

DSCN7445

  DSCN7454

小皿に分けてもらった種を、棒と縄で南北に直線に引いた畝筋に沿って、自分の体を物差しにして、歩幅の間隔に合わせ、教えてもらった通りに、1点毎に20粒づつ手に取り撒きました。中には、バランスを崩してうね筋からはずれ、倒れそうになった子どもも。親がすかさず助けました。真っすぐに種を撒く事は簡単なようですが、大変な作業ですね。

撒いた後は、霜で上に上がって来ないよう足で踏んで埋めます。「踏んじゃってもいいの?」「踏んで土の中に埋めないと芽が出ないんだよ」と会話が弾みます。

最後に秋田さんから「もう少したったら強風で飛ばないよう畑の縁に土盛りをしておきます。みんなが撒いた種が順調に育つようお世話をしておくので、皆さんも時折麦が育つ様子を見に来てください。」とお話しがありました。

お日様の元、親子、友達と共に良い体験学習ができました。

近頃、猛暑と厳しい寒さで人間にはきついけれど、「暑い時は暑く、寒いときは寒い」と寒暖の差が激しいほうが、農作物には好条件、おいしくできるそうです。これから寒い冬の中、麦の種は芽を出してくれます。節分を過ぎると、春になりますので、今度は根が良く張るように「麦踏み」です。楽しみですね。

麦わらでたき火

DSCN7474

種まきの後は、欅の大木に囲まれた秋田家の庭先でたき火体験。

秋田家でも長年たき火はしておらず、久しぶりとのこと。たき火の場所は風の通り道や蔵の近くは避ける、下にはかまどの灰を敷く、などたき火ひとつとっても奥が深い・・・思わぬ学びとなりました。

 

また枯葉や木の幹・枝、麦わらなど、くべるもので炎や煙が違うのに、子どもたちも興味津々です。麦わらをくべると炎が大きく燃え上がって大歓声!

そして、おいしくな~れと願いながらひとりひとりサツマイモを熾火(おきび)の中に入れました。

  みんなでわらべ唄

IMGP2132            IMGP2130

 焼いもが出来上がるまで、子どもたちはわらべ唄遊び。お名前紹介、手遊び、「あぶくたった煮え立った」、「かごめかごめ」など、お母さんもお父さんも童心に帰っていっしょに遊びました。この日初めて出会ったのに、思いっきり遊んで素敵な時間を過ごせました。

焼きいも 

IMGP2141子どもたちがわらべ唄で遊んでいる間に大人たちは必至で焼いも作りです。

子どもたちにホクホクの焼いもを食べてもらおうと焼き加減に大苦戦。

 

 

IMGP2148

 

がんばった甲斐あって、おいしい焼きいもが出来上がりました。

みんな夢中で食べています。

 

 

メッセージ記入

IMGP2153

最後に参加した子どもたちにメッセージを書いてもらいました。「楽しかった」「おいしかった」がいっぱい!

メッセージは「子どもセンターひばり」に貼り出されます。

 

 

DSCN7537

 

昨年できた麦で作った自由学園特製のクッキーも「今日撒いた麦がこうして変身するよ~!」とお土産に。

吸い込まれそうな蒼い空のなか、金色の秋の陽射しに落ち葉がきらめき、土と火、あたたかい唄と笑い声、そして美味しさに恵まれた午後のひと時でした。

 次回2月9日(日)は「麦踏み」。麦は踏んだほうが根が横に貼り、しっかり育つ基盤ができるそ うです。楽しみです!

※ご本人より許可を得て画像を掲載しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

件名
99721 エコキッズのエコ体験バスツアー報告
92040 環境フェスティバル2012年6月
82640 エコクラブ・麦踏みとヒンメリ作りの報告
81781 節電チャレンジで家計を守る!
68681 平成22年度環境ウオッチング「冬の渡り鳥観察会」
61172 虫と一緒に木にもやさしく
59260 ツリマナーポスターの掲出
56760 野鳥観察会
53440 2009年10月緑ウオッチング
26900 環境ウォッチング 環境学習施設の見学
24320 「緑ウォッチングウォ-ク」
16420 第12回「東久留米市環境フェスティバル」
10800 環境ウォッチング 冬の渡り鳥観察
10000 「水とみどり部会」活動紹介 1
9280 「くらし部会」活動紹介 1
7920 環境ウォッチング 環境エネルギ-施設見学
7040 環境シンポジウム