みのり塾 「竹林を整えるお手伝いをしよう」の報告

みのり塾「竹林を整えるお手伝いをしよう!」

  日時:2019年(平成31年)4月14日(日)午前10時~12時

  場所:竹林公園 (東久留米市環境政策課公園係管理)

 参加者:小学生15名、保護者・幼児18名 、環境政策課6名 

      市民環境会議環境学習部会1名、市民サポータ4名 

      ふれいあいボランテア 3名 計47名 

  • 当日参加に配った、参加カード
    みのり塾の竹林整備は昨年に続き2回目になりま

    • 竹の本体は地下茎と言われていますので、ふれボラの方に地面を掘り起こしてもらい、地下茎とタケノコ・竹を参加者に観てもらいました。竹はイネ科の植物です。
    • 竹は1本1本が其々独立した植物ではなく、地下茎と呼ばれる根の部分でつなっがています。
    • タケノコの皮は何かな?

何故タケノコに皮がついているのでしょか?  又、タケノコはどのようにに成長していくのかな?

タケノコには節が約60個あります。節毎に皮があり、皮に包まれて真直ぐに成長していきます。タケノコの時に皮を剥がされると、真直ぐ立てなくなり、曲がってしまします。

又、節数は竹になっても数は変わりません。節毎に同時に生長していきます。タケノコは最大で1日1m伸び事も有り、約50~60日で成長を止め、竹になり、高さは20mになります。タケノコが竹になり成長が止まると、今度は地下茎が伸び出し約4ヶ月で約8m伸び、その後停止します。タケノコを間引かないと一面に竹は増えてしまいます。

タケノコと竹の生長のお話のあと、小学生・保護者の参加者とスタッフと一緒に竹林整備(タケノコ堀)が始まりました。その時の画像と感想です。 

 

 

       今回の竹林公園の体験学習はいい思い出の場になりました。

 

みのり塾「竹林を整えるお手伝いをしよう!」は、東久留米市環境政策課との協働事業として、市民環境会議環境学習部会が主催して、子どもセンターひばり・学校法人自由学年・NPO法人ゆいまぁる南沢が共催で実施しました。

 

 

 

 

みのり塾 サトイモを収穫しよう!の報告

◎サトイモを収穫しよう

平成31年(2019年)1月20日(日)午前10時から12時、南沢篠宮農園(仁ファーム)で実施しました。

*農地で普段なかなかできないサトイモ掘りをして、収穫したてのサトイモを茹でたり、焼いたりして試食した体験学習の報告です。

○当日参加人数は小学生6名、保護者・幼児7名。スッタフ10名計23名で開始しました。

始めに農園の篠宮仁さんから「今日収穫するサトイモは昨年4月に種イモを植え付け、5月末に芽だし、夏の暑さ、秋の台風等を経て10ヶ月間育て冬に収穫する。春に植えた種イモから幾つの子イモ・孫イモが育っているかを知って貰う体験学習です」と話がありました。その後、サトイモ洗い機の見学、サトイモ畑で手でサトイモ掘り、サトイモの数当て、サトイモの学習、そして試食をし最後に感想をみんなでしました。

サトイモは水で育つ:サトイモは夏・秋の雨量が多いと良く育つ。今回のサトイモは昨年夏に雨が少なく毎年1株で30~40個の子イモ・孫イモが収穫していたが、今年は、1株平均20数個で関東一体でサトイモの収穫量が激減した。

・サトイモは命をつなぐ野菜:サトイモは畑で取れた子イモ・孫イもは保存して何時でも食べる事が出来、春に子イモを次の親イモとして植え付ける代々畑で引き継がれる「命をつなぐ野菜」です。

・サトイモは茎も食べられる:サトイモは葉が大きく、茎が沢山あるイモは子イモ・孫イモを一杯つける。茎は乾燥させて「芋がら」として市内の産直売店で販売されて「クウシンサイ」と同様に食べられます。

・サトイモの試食:サトイモは茹でとアルミホイルの焼きサトイモの2通りで調理して味付け無し、塩味、ユズ味噌、カレー味でし試食。又普段は食べない親イモも試食しました。

当時の様子:

 

 

みのり塾「秋野菜の収穫とピザ」報告

みのり塾を2018年11月18日に「秋野菜の収穫とピザ!」を開催しました。

参加者は小学生15名 保護者・幼児8名、スッタッフ市民環境学習部会1名、環境政策課2名、自由学園2名、子どもセンターひばり1名、市民サポター3名、

講師:篠宮仁さんで計33名、秋空の元に実施しました。

当日の模様と参加した小学生・保護者の方の感想を紹介します。

みのり塾 秋野菜の収穫とピザ

農園で、とりたての野菜パワーを学びます。

今回はピザ窯でとりたての秋野菜をピザ生地にのせて焼き試食します。

 

どんな野菜が収穫できるか楽しみに参加して下さい。

又、秋野菜の生食も体験します。

実施日時 2018年11月18日(日)午前10時~12時

みのり塾の場所 南沢篠宮農園:ひとしファーム 住所 東久留米市南沢1-14-11

野菜の先生 篠宮 仁さん

参加者・服装 汚れても良い服装                  

  持ち物 筆記用具・ノート、エプロン、三角巾、とりわけ皿、飲み物、タオル等

募集期間 2018年11月5日(月)から 定員に成り次第終了

募集人数 小学生1年生~(畑の作業をします)先着15名(保護者の方は含みません)

募集受付・問合せ先 東久留米市環境政策課 (TEL:042-470-7753)

    ・電子メール kankyoseisaku@city.higashikurume.lg.jp

主催 東久留米市市民環境会議 環境学習部会

共催 子どもセンターひばり、学校法人自由学園、NPO法人ゆいまぁる南沢

チラシをご覧下さい


リバーウォッチング2018 in黒目川の報告

2,018年7月29日 東部図書館が主催して、東久留米市民環境学習部会が協力して、

黒目川と落合川の合流点で「いきもの」をつかまえて、図書館の本をつかい、

「いきもの」の環境学習!みる・しらべる「川のいきもの図鑑」づくりの報告です。

 

みのり塾「竹林を整えるお手伝い」の報告

2018年4月22日(日)に竹林公園の整備のお手伝いをしました。

事前の市広報では実施日を4月15日で案内をしていましたが、15日は午前中雨の為、22日に延期して実施しました。

延期の為、小学生4名と保護者5名が参加できませんでした。

当日、午前10時~12時より、小学生11名と保護者10名、市役所職員と市民環境会議・環境学習部会・市民サポータ、計34名で実施しました。

みのり塾 里芋の収穫と春野菜の種まきを体験しよう


春野菜の種マキと普段なかなか出来ない里芋掘りを行います。収穫したての里芋をゆでて味わいましょう。

 

 みのり塾は、東久留米の湧水の川や清流を未来に引き継ぐ為、薄いを浸透させる土の力を農地で学びます。

農家さんのご協力の元に四季を通じて農作業を体験し、みのりをもたらす水と土の力を実感しましょう。

実施日時 2018年1月28日(日)午前10時から12時 (雨天中止)  ◎集合場所 :南沢・篠宮農園(ひとしファーム入口)       ◎活動場所 :南沢篠宮農園 地図下記参照 南沢1-14-11

◎服 装: 汚れても良い服装、長靴

◎持ち物:筆記用具、ノート、新聞紙、お椀、箸、飲み物、タオル等

◎募集  :2018年1月9日(火)から 定員に成り次第終了

◎募集人数:小学生1年生から(畑の作業をします。)       先着15名(保護者の方は含みません)

◎参加費 :保険代等 100円

◎受付  :東久留米市環境政策課 電話 042-470-7753 電子メール kankyoseisaku@city.higashikurume.lg.jp

 主催 東久留米市民環境会議環境学習部会 共催 子どもセンターひばり、学校法人自由学園、NPO法人ゆいまぁる南沢

 

 

 

 

 

 

 

 

みのり塾 蒸し野菜の報告

蒸し野菜を体験するみのり塾は、市広報で10月29日に開催の案内をしていましたが、

10月初めから長雨と台風の影響により畑に多くの水が浸み込み、作業が出来ない為に11月5日に延期して開催しました。

今回のみのり塾はカブの種蒔きと、ブロコリー、キャベツ、大根のアブラナ科(十字花科)の野菜を収穫して、野菜を蒸して試食しました。キャベツと大根は生食と蒸したとの味比べをしました。その報告です。

次回のみのり塾は、1月28日にサトイモの収穫と春野菜の種マキを予定しています。

年明けに市の広報等で、開催内容をお知らせします。

みのり塾「トウモロコシと枝豆の収穫体験」報告

みのり塾 トウモロコシ・枝豆を収穫して野菜の不思議を学ぼう!

農園でもぎたて、とりたての野菜パワーを学ぶ体験学習の報告です。

実施日・時間 :2017年7月9日 午前9時半~11時半

実施場所   :南沢・篠宮農園(ひとしファーム)

主催     :東久留米市市民環境会議 環境学習部会

協催     :子どもセンターひばり、学校法人自由学園、

        NPOゆいまーる南沢

当日参加者   :児童17名 保護者8名 計25名 講師1名 

         スッタフ12名 合計38名

当日の天気   :晴  気温32度

収穫と試食した野菜:トウモロコシ(ゴールドラッシュ】。 

          枝豆(湯あがりむすめ)

当日の様子