第257回 元気で歩こう会 多摩川下りNO.3 29.9.23

歩行コース

東久留米駅・・武蔵小金井駅・・立川駅・・成隣小前⇒多摩川・大神公園⇒くじら運動公園⇒立日橋⇒柴崎体育館・・東久留米 
      歩行距離 約6㌔

 

 

 

 

 

 

 秋の空は変わりやすい。当日の朝5~6時頃は音を立てて降っていた雨は、集合時間の頃にはすっかり止み、気温も10月下旬並みに下がり、時には晴れ間もでて重ね着の一枚も脱ぐ始末、多摩川自然歩道を気分も晴れやかに歩いた。この2,3回は真夏日だっただけに、爽快なウォークとなった。

 自然歩道は河川敷を見下ろせる高段にあるので目に入るものも多い、運動公園では少年や大人の野球が観戦でき、その向こうの多摩川ではダイサギやカワウが乱舞している様を愛で楽しみながらのウォーキングとなった。


 突然現れた奇岩は若しかして古い多摩川の名残りではなかろうか?確か上流の奥多摩渓谷にはロッククライミングができるような大規模な巨岩群があったが・・・約9万年前の武蔵野期の古多摩川の礫層かもしれない等々、浅学の身でありながら想像をたくましくして歩いた。
 帰路はモノレールを利用し、これまた高い視野で広角の街並みを眺望し、22名が秋の日を愉しんだ。

次回の予定はこちらをご覧ください⇒PDF29.7.23多摩川を下る(裏面)29・9.14元気で歩こう会(表)