★ 2017年4月16日「南沢緑地保全地域苗圃地区(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:4月16日(日) 9時~15時 天気:晴

今回の活動場所は、昭和60年に東京都が緑地保全地域に指定した南沢緑地保全地域です。ここでは、日量1万トンもの清らかな湧水により沢頭流や海老沢流などと呼ばれる流れを作り、落合川本流へと注いでいます。多くの方々が清らかな湧水や緑を求めてやってくる場所です。今日は、我々が苗圃と呼んでいる同緑地西側の場所で、帰化植物の草刈りと抜根、イネ科:オギの刈取り、日陰作りのための植樹などの活動を行いました。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真: 名前も知らないイネ科と思われる植物をスコップで掘り起こし、根に付着している土を落とす作業をしています。生命力が強く駆除できるか否か分かりませんが・・・。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔4月の活動予定〕 22日(土)観察会(横沢入り)、29日(土)午前/氷川台緑地、午後/南沢樹林地と南沢緑地
〔5月の活動予定〕 5日(金)前沢緑地(含森の広場)、13日(土)午前/学芸大学緑地、午後/小山緑地、19日(金)金山緑地、27日(土)歴環下里
6月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真: 初夏の陽気で熱中症も心配されるような陽気でした。汗を流しながら、とてもハードな草刈りと抜根作業を行いました。今後の草の生長がどう変化するのか状況を観察していきます。

※写真: 今回の活動時に見つけた植物です。
上から順番に『ニワトコ』、『カキドオシ』、『ウラシマソウ』、『アケビ』

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2017年4月14日「南沢樹林地(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月25日(土) 9時~15時 天気:晴

当ボランティア団体では、毎年春と秋にCAJ(クリスチャン・アカデミー・ジャパン)の生徒と一緒に緑地保全ボランティア活動を行っています。今回の活動場所は、南沢樹林地(南沢3丁目13番:面積約1,800㎡)で、教師と生徒13名が参加して2時間余りですが一緒に保全活動を行いました。活動内容は、林立するモウソウ竹の伐採と切り詰め、竹割り、枝払い、それらの整理作業です。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真: 活動を終えた皆さんの笑顔が素敵でした。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔4月の活動予定〕 16日(日)南沢苗圃、22日(土)観察会(横沢入り)、29日(土)午前/氷川台緑地、午後/南沢樹林地と南沢緑地
〔5月の活動予定〕 5日(金)前沢緑地(含森の広場)、13日(土)午前/学芸大学緑地、午後/小山緑地、19日(金)金山緑地、27日(土)歴環下里
6月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真: ボランティア活動の前に南沢緑地保全地域を案内している所です。白い花は、キンポウゲ科:イチリンソウの花です。

※写真: 左上から順番に竹の伐採、伐採竹の引き倒し、枝下し、輪切り、ナタとカケヤ、平竹を使った竹裂き、竹垣用部材の整理作業、最後が大きな溝をスコップで埋め戻しているところです。


※写真:活動を終えた生徒さんが学校へ戻るところです。『皆さん!お疲れ様でした。』

※写真掲載については許可を得ております。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2017年4月8日「南沢緑地保全地域(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:4月8日 9時~15時 天気:小雨のち曇り

今回の活動場所は、昭和60年に東京都が緑地保全地域に指定した南沢緑地保全地域です。ここでは、日量1万トンもの清らかな湧水により沢頭流や海老沢流などと呼ばれる流れを作り、落合川本流へと注いでいます。多くの方々が清らかな湧水や緑を求めてやってくる場所です。今日は、朽ち始めていたロープ柵の木杭の補強と海老沢流左岸側法面の土留めおよび粗朶柵を設置する活動を行いました。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真: 冬の寒さのせいでしょうか?イチリンソウやニリンソウは例年より約1週間遅れての開花です。写真は、『キンポウゲ科:ニリンソウ』です。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔4月の活動予定〕 14日(金)午前/南沢樹林地、午後/南町緑地、16日(日)南沢苗圃、22日(土)観察会(横沢入り)、29日(土)午前/氷川台緑地、午後/南沢樹林地と南沢緑地
〔5月の活動予定〕 5日(金)前沢緑地(含森の広場)、13日(土)午前/学芸大学緑地、午後/小山緑地、19日(金)金山緑地、27日(土)歴環下里
6月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真: 新設から時間を経て生物保護のためのロープ柵も大分劣化してきています。数年物のモウソウ竹を切り出して添え木として活用しました。ロープ柵の見栄えも良くなっています。

※写真: 海老沢流れ左岸沿いの法面は踏み固まり裸地状態です。自然を保つためジャノヒゲの植込みと竹枝を使って植物再生の取り組みを実施しました。また、倒木があり法面土砂の流出する危険をはらんでいたため、水生植物や低木の移植、粗朶を設けました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2017年3月31日「野火止用水歴史保全地域(小山5丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月31日 9時~11時30分 天気:曇り

この緑地は、野火止用水が小金井街道松山3丁目交差点を潜り抜けて約30m下流右岸側に位置しています。周りには用水沿いの道路と病院や住宅地があり、散策路は多くの人が行き交う生活道路として利用されています。今日は、緑地内に生育する野草のための保護柵設置や伐採木などの整理作業を行いました。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真: 径30㎝超えの伐採木:コナラを造林用ノコギリで3等分しているところです。手分けしましたが20分ほどの時間を要しました。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔4月の活動予定〕 8日(土)南沢緑地、14日(金)南町緑地、16日(日)南沢苗圃、22日(土)観察会(横沢入り)、29日(土)午前/氷川台緑地、午後/南沢樹林地と南沢緑地
〔5月の活動予定〕 5日(金)前沢緑地(含森の広場)、13日(土)午前/学芸大学緑地、午後/小山緑地、19日(金)金山緑地、27日(土)歴環下里
6月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真: 当緑地には「イネ科:メダケ」と呼ばれる高さ2~4m径1~3㎝にもなる竹の仲間が生育しています。竹柵を設置するために伐採しているところです。

 

 

 

 

 

 

※写真: 広範囲に生育する野草の周辺に踏圧から守るため弓型柵を設置しているところです。

※写真: ロープ柵内に設置した「弓型柵」です。弓の端が交差する部分は跳ね上がり防止のためシュロ縄で結束しました。竹の性質からして悪戯などなければ3年以上持つのですが・・・。

※写真: 花を咲かせていた「タチツボスミレ」と芽生え始めていた「コバギボウシ」

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2017年3月25日「向山樹林地と南沢緑地保全地域(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月25日(土) 9時~15時 天気:晴

今日は東久留米市管理地の「向山樹林地」の活動日です。昨年は5、6日保全活動を行っています。そのためなのか大分整備が進んできています。一日作業でしたがアズマネザサ刈やクズの蔓駆除が早めに終え、午後からは南沢緑地保全地域で野草の保護作業と湧水エリアの清掃作業を行いました。残念なことに沢山の投棄ゴミが見られました。大切な市民の財産である南沢湧水を大切にしてください。そして、これからの時期は多くの野草が花を咲かせます。皆さんが観察に来るのをお待ちしています。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真〔向山樹林地〕: 樹林地内の崖面で厄介なクズ蔓を探しているところです。今の時期に駆除できないと傍にある真竹や樹木を昇り頂上付近までクズ蔓が覆ってしまいます。


今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔3月の活動予定〕 31日(金)歴環小山
〔4月の活動予定〕 8日(土)南沢緑地、14日(金)南町緑地、16日(日)南沢苗圃、22日(土)観察会(横沢入り)、29日(土)午前/氷川台緑地、午後/南沢樹林地と南沢緑地
5月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真〔向山樹林地〕: 樹林地の傍らに出ていたツクシと当日の活動模様です。

※写真〔南沢緑地〕: 野草保護柵用竹材を切り出して部材を作っているところです。それらで弓型柵を作りました。道路際からは心無い輩の投げ込んだ植木バチが大量に出てきました。

 

 

 

 

 

 

※写真: 「スミレ科:アオイスミレ」と「ヒガンバナ科:キツネノカミソリ」


※〔南沢緑地〕: 市民の憩いの場所から拾い集めたゴミの山です。大切な場所です大切にしましょう!その他盗難にあったと思われる自転車も投げ込まれてました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2017年3月18日「竹林公園(南沢1丁目)と南沢緑地苗圃地区(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月18日(土) 9時~15時 天気:晴

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域のほかに、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地が存在します。今回は、湧水と多くの孟宗竹で有名な市立の「竹林公園」と都の「南沢緑地保全地域(苗圃地区)」での緑地保全活動です。竹林公園では、湧水池の砂利除去や広場などの草刈り、弓型柵の更新。南沢緑地苗圃地区では、落ち枝拾いと整理、苗木の竹柵囲いと添木による保護、倉庫整理作業を行いました。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真〔竹林公園〕:園内に生育する植物を保護するための弓型柵の部材のモウソウ竹を伐採して竹割と両端を尖らせているところです。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔3月の活動予定〕 25日(土)向山樹林地、31日(金)歴環小山
〔4月の活動予定〕 8日(土)南沢緑地、14日(金)南町緑地、16日(日)南沢苗圃、22日(土)観察会(横沢入り)、29日(土)午前/氷川台緑地、午後/南沢樹林地と南沢緑地

5月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真〔竹林公園〕: 草刈りや弓形柵の更新、樹皮にノキシノブが生育している枯れたウメノキを伐採するなどして園内を整備しました。

※写真〔南沢苗圃〕:倉庫内の整理や落木拾い、実生から育てているクヌギ苗の養生をしている所です。

※写真〔南沢苗圃〕: 芽生えていたフウロソウ科:ゲンノショウコとすでに花を咲かせていたシソ科:カキドオシ

 

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2017年3月17日「柳窪緑地保全地域(柳窪4丁目・5丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月17日(金) 9時~14時 天気:晴

活動場所は、東久留米市の西側(柳窪4丁目・5丁目)にある都の緑地保全地域で広さは約13,500平方メートルあります。今回も恒例となった、「(仮)柳窪 黒目川・周辺樹林をきれいにする会」の方々と協同で活動しました。同会の方々は、隣接の竹林と新青梅街道側の「さいかちの道」沿いを担当。当ボラは柳窪緑地保全地域内のテングス病の調査や竹垣設置、落木の整理、ゴミ拾いなどの活動を行いました。
今回は1名のちょこボラ参加がありました。お手伝い頂ける方々の参加をお待ちしています。

以下に活動写真を掲載しましたのでご覧ください。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真: 左側の巨木はムクノキです。中央部はマダケの枝先ですが、何かの巣のように見えます。これは、「テングス病」に侵されたものです。残念ながら緑地全体に広がっていました。

今後も年間活動予定表に基づき、市内各地の雑木林保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しております下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔3月の活動予定〕 18日(土)午前/竹林公園、午後/南沢苗圃、25日(土)向山樹林地、31日(金)歴環小山
〔4月の活動予定〕 8日(土)南沢緑地、14日(金)南町緑地、16日(日)南沢苗圃、22日(土)観察会(横沢入り)、29日(土)午前/氷川台緑地、午後/南沢樹林地と南沢緑地
5月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真: 緑地内の「テングス病」の状況調査を行っているところです。病気の濃淡はありますが、重病や罹りかけの物など様々ですが・・・。最良の皆伐と搬出を試みる予定です。

※写真: 竹を切り出して部材作りをして緑地の開口部を竹垣で塞いでいるところです。

 

 

 

 

 

 

 

※写真: 完成した開口部の竹垣です。中々見栄えにする良いものが出来上がったと思います。お近くに来た際には出来ばえをご覧になってください。

※写真: 活動時に見られたスミレ科:コスミレ 開花が少し遅れているようです。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2017年3月11日「南沢緑地保全地域(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月11日(土) 9時~15時 天気:晴

東久留米市内には、東京都指定の7つの緑地保全地域があります。その他、市内を流れる野火止用水沿いも歴史環境保全地域として指定されています。今回の活動場所(南沢緑地保全地域)は、昭和60年に指定された緑地保全地域です。ここでは、日量1万トンもの清らかな湧水により沢頭流や海老沢流などと呼ばれる流れを作り、落合川本流へと注いでいます。多くの方々が昏々と湧きだす湧水や緑を求めてやってくる場所です。今日は、野草の保護活動や湧水の流れを確保するための整備作業、朽ちた竹柵の撤去作業などを行いました。
今回は3名のちょこボラ参加がありました。お手伝い頂ける方々の参加をお待ちしています。

以下に活動写真を掲載しましたのでご覧ください。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真: 活動中に突然倒れてきたウワミズザクラです。散策者や我々には被害はありませんでしたが突然の災害には気を付けたいものです。

今後も年間活動予定表に基づき、市内各地の雑木林保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しております下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔3月の活動予定〕 17日(金)柳窪緑地、18日(土)午前/竹林公園、午後/南沢苗圃、25日(土)向山樹林地、31日(金)歴環小山
〔4月の活動予定〕 8日(土)南沢緑地、14日(金)南町緑地、16日(日)南沢苗圃、22日(土)観察会(横沢入り)、29日(土)午前/氷川台緑地、午後/南沢樹林地と南沢緑地
5月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真: 倒木が散策路の頭上に達していたため入口付近を通行止めにしている所です。

※写真: 南沢氷川神社側での活動風景です。また、上から順番に芽生え始めた「イチリンソウ」「ソクズ」「ニリンソウ」です。昨年に比べると多少遅いような気もします。


※写真: 活動に参加した方々の活動模様を拡大してご覧ください。


※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2017年3月3日「野火止用水歴史環境保全地域(野火止2丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月3日(金) 9時~14時 天気:晴

今回の活動場所は、都立東久留米西高校裏手にある野火止用水沿いに残された雑木林になります。この緑地には、昆虫や植物の生息エリアを守るための散策路があり、ロープ柵で仕切られています。以前設置されたロープ柵は根元が朽ちて倒れており、新しいロープ柵を設置する作業を継続して行っています。今回は、用水側から南側の通りに抜けている散策路右側のロープ柵を更新しました。
お手伝い頂ける方々のちょこボラ参加をお待ちしています。

以下に活動写真を掲載しましたのでご覧ください。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真: 左側から中央部へ延びるロープ柵が今回の活動で更新した区間です。散策路は良好な自然の生態系を保護するために必要なものです。

今後も年間活動予定表に基づき、市内各地の雑木林保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しております下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔3月の活動予定〕 11日(土)南沢緑地、17日(金)柳窪緑地、18日(土)午前/竹林公園、午後/南沢苗圃、25日(土)向山樹林地、31日(金)歴環小山
〔4月の活動予定〕 8日(土)南沢緑地、14日(金)南町緑地、16日(日)南沢苗圃、22日(土)観察会(横沢入り)、29日(土)午前/氷川台緑地、午後/南沢樹林地と南沢緑地

5月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真: ロープ柵更新作業です。まずは等間隔に20cm程の穴を掘り木杭を立てロープ用穴の方向を見定めながら基礎を固めていきます。

 

 

 

 

 

 

※写真: 次に末端や角になる杭へ添え木を立てカスガイで固定、杭にロープを通していきます。

※写真: 終了後のロープ柵です。試行錯誤ですが少しずつ完成度が高まっている様に感じます。

※写真: 活動時に見かけた開花間近なカヤツリグサ科:ヒメカンスゲとキンポウゲ科:ジロボウエンゴサクです。


※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2017年2月25日「野火止用水歴史環境保全地域(下里6丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:2月25日(土) 9時~15時 天気:晴

小平市から当市に至る野火止用水流域と隣接する雑木林については、東京都の歴史環境保全地域として指定されています。今回の活動場所は、東村山市と東久留米市(下里6丁目)の市境を西から東へと流れる野火止用水沿いにある雑木林です。東西約350m、南北約50mの細長い緑地で、皆伐更新地区では萌芽した「クヌギ」などの樹木が径20cm、高さ6mを超えるまで育ってきています。今日は、緑地中央部萌芽更新地区の南側でアズマネザサの刈取りや落木、枯損木伐採、整理、ごみ拾い等などの活動を行いました。
多くの方々のちょこボラ参加をお待ちしています。

以下に活動写真を掲載しましたのでご覧ください。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真: 梯子を掛けて伐採樹木に牽引用のロープを掛けているところです。この樹木は生長の早いトウダイグサ科:アカメガシワで樹齢は15年程です。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔3月の活動予定〕3日(金)歴環野火止、11日(土)南沢緑地、17日(金)柳窪緑地、18日(土)午前/竹林公園、午後/南沢苗圃、25日(土)向山樹林地、31日(金)歴環小山
〔4月の活動予定〕8日(土)南沢緑地、14日(金)南町緑地、16日(日)南沢苗圃、22日(土)観察会(横沢入り)、29日(土)午前/氷川台緑地、午後/南沢樹林地と南沢緑地

5月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。
※写真: アズマネザサの刈取りや灌木類の間引き、ゴミ拾いなどの活動模様です。

※写真: 伐採したサワラの木の枝を切り、幹を切り詰めて整理しているところです。

※写真: 伐採対象樹木の枝剪定と樹木を伐採しているところです。

※写真: 林床のアズマネザサを刈り取り樹木数本を伐採したことから見通しが良くなりました。多くの野草が芽生えることを期待しています。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、そして女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!