★ 2017年9月23日「南沢緑地保全地域(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:9月23日(土) 9時~15時 天気:雨のち曇り

 今回の活動場所は、昭和60年に東京都が緑地保全地域に指定した南沢緑地保全地域です。ここでは、日量1万トンもの清らかな湧水により沢頭流や海老沢流などと呼ばれる流れを作り、落合川本流へと注いでいます。今日は、天候不安定のため、いつもより開始時間を遅らせて開始しました。そして、氷川神社参道沿いの草刈りと道路上へはみ出した枝葉の剪定、御神酒沢流左岸側の草刈りを中心とした枯枝拾いと整理作業を行いました。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真: 氷川神社参道沿いに伸びていたイヌシデの支障枝を剪定しているところです。梯子を枝に固定、勿論作業者も安全帯を着けての作業です。林床が明るくなり道路標識も見えるようになっています。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔9月の活動予定〕 23日(土)南沢緑地、30日(土)前沢緑地(含森の広場)
〔10月の活動予定〕 6日(金)小山緑地(※向山樹林地から変更)、14日(土)歴環小山、20日(金)南町緑地、28日(土)南沢苗圃
※11月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真: 参道沿いへ倒れていたソクズの刈込や剪定した枝を整理しているところです。

※写真: 活動中に見かけた花を咲かせていた「ノシラン」とキノコの仲間のツチグリです。

※写真: 午後からの作業で、来年に向けてイチリンソウやニリンソウの生育エリア内のヤブミョウガやイワガネソウ、アズマネザサ、オカメザサなどの刈取り作業をしました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2017年9月16日「竹林公園(南沢1丁目)と向山樹林地(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:9月16日(土) 9時~15時 天気:くもり
東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域のほかに、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地が存在します。今回は、湧水と多くの孟宗竹で有名な市立の「竹林公園」と「向山樹林地」での緑地保全活動です。竹林公園では、花壇周辺と公園入口部などの草刈りと樹木剪定・間引き、ゴミ拾い。向山樹林地では、若竹の伐採と整理、野草保護を兼ねた林床を暗くしている中層木の間引きと剪定、整理作業を行いました。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真〔竹林公園〕: 竹林公園入口付近ではクズが繁茂して樹木などを覆っていました。花の香りを漂わせますが景観など考えると厄介な植物です。蔓を引きずりおろすなどして駆除しました。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔9月の活動予定〕 23日(土)南沢緑地、30日(土)前沢緑地(含森の広場)
〔10月の活動予定〕 6日(金)向山樹林地、14日(土)歴環小山、20日(金)南町緑地、28日(土)南沢苗圃
※11月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真〔竹林公園〕: 以下は竹林公園で草刈りなどしている作業写真です。

※写真〔竹林公園〕: 上段のヒガンバナは近郊では巾着田が有名です。市内でも今が見ごろで仲間の白花ヒガンバナやショウキズイセンなども花咲かせています。下段のクズは花が甘い香りを漂わせるマメ科の仲間です。

※写真〔向山樹林地〕: 樹林地に入ると曇り空という事もありましたが竹などが鬱蒼として辺り一面が薄暗い状態でした。皆伐ではなく間を抜くように間伐、樹林地に明るさと取り戻しました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2017年9月15日「柳窪緑地保全地域(柳窪4丁目・5丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:9月15日(金) 9時~15時 天気:晴
今回は、恒例となった「(仮)柳窪 黒目川・周辺樹林をきれいにする会」として、緑地保全地域西側飛地で民有地との境界部にロープ柵設置と例大祭を迎える柳窪天神社参道沿いの草刈りなど行いました。また、「黒目川越処橋特別緑地保全地区」では、真竹の『テングス病』対策として風通しを良くする目的で重篤な竹の間引きと整理作業を行いました。今後も、伐採と整備作業を進めていきますのでよろしくお願いします。
お手伝い頂ける方々の参加をお待ちしています。

以下に活動写真を掲載しましたのでご覧ください。
⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真: 民有地との境界部の35m前後の区間へ設置したロープ柵です。地面の下は多くの根が張り腐葉土のため、杭の固定に苦労しました。立派に仕上がっていると思います。

今後も年間活動予定表に基づき、市内各地の雑木林保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しております下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔9月の活動予定〕 23日(土)南沢緑地、30日(土)前沢緑地(含森の広場)
〔10月の活動予定〕 6日(金)向山樹林地、14日(土)歴環小山、20日(金)南町緑地、28日(土)南沢苗圃
※11月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真: 基幹杭に添木を固定するためにカスガイで固定、そして木杭下段のロープ穴にロープを通し、更に上段へと作業を進めて行き完成させました。最初の35m区間の作業写真です。 

※写真: 次は別の3か所でロープ柵を設置している作業風景です。今回準備した50本の木杭を全て使い切りました。

※写真: 柳窪天神社の例大祭に向けて参道に沿った緑地内部の草刈りと枯損枝などの整理作業を行いました。神社へお参りされる方々が気持ちよく歩くことができるはずです。
  

 

 

 

 

 

 

※写真: 黒目川上流部ではテングス病対策のため重篤な真竹を伐採・整理しました。

※伐採竹は、東久留米市が撤去することになりますので暫らくご容赦ください。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2017年9月9日 「柳窪緑地保全地域と柳窪ケヤキ森の広場」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:9月9日 9時~15時 天気:晴れ

今回は、東久留米市の西側(柳窪4丁目・5丁目)にある都の緑地保全地域(約13,500㎡)と同市管理緑地(柳窪ケヤキ森の広場)で緑地保全活動を行いました。柳窪周辺では、「マダケのテングス病」が大発生しています。その対策のため、なんと半年振りの活動になります。繁茂状態のため、フェンス沿いや路肩などの限定してアズマネザサやつる性植物の草刈りを実施しました。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

活動模様については、以下の写真をご覧ください。
⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真: 活動時に見かけたカナムグラで雄花です。蔓性植物で鉄の様に強靭なことからこの名前が付けられたようです。蔓には下向きの棘があり、肌を露出していると危険です。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔9月の活動予定〕 15日(金)柳窪緑地と周辺緑地、16日(土)午前/竹林公園、午後/向山樹林地、23日(土)南沢緑地、30日(土)前沢緑地(含森の広場)
〔10月の活動予定〕 6日(金)向山樹林地、14日(土)歴環小山、20日(金)南町緑地、28日(土)南沢苗圃
※11月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真: 柳窪ケヤキ森の広場林縁でアズマネザサなどの草刈り作業です。最後は、道路や入口付近に残った草を掃いて綺麗にします。

※写真: 午後からは保全地域へ移動して草刈り作業。通り沿いのフェンスから緑地内が見えるようになり、何となく風通しも良くなったように感じます。残念なことはビールの空き缶などが沢山投げ込まれていた事です。ポイ捨てはご遠慮ください!

※写真: 活動時に出会った草花です。順番にアオイ科カラスノゴマ(開花の時期)、キク科オオブタクサ(帰化植物)、キク科:キクイモ(帰化植物)

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2017年9月2日「野火止用水歴史環境保全地域(下里6丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:9月2日 9時~14時30分 天気:雨のち晴
小平市から当市に至る野火止用水流域と隣接する雑木林については、東京都の歴史環境保全地域に指定されています。今回の活動場所は、その保全地域の一部で東村山市と東久留米市(下里6丁目)の市境を西から東へと流れる野火止用水沿いにある東西約350m、南北約50mの細長い雑木林です。緑地中央部の皆伐更新地区では萌芽した「クヌギ」などの樹木が径20cm、高さ6mを超えるまで育ってきています。今回の活動は、企業とNPO法人、東京都、当ボランティアが協力して緑地保全活動を行う、「グリーンシップアクション」です。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。
活動模様については、以下の写真をご覧ください。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真: 今回参加された皆さんが、木の実(松、マテバシイ、ムクロジなど)や枝(桜)、樹木を輪切りしたものなどを使い作った作品です。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔9月の活動予定〕 9日(土)柳窪緑地、15日(金)柳窪ケヤキ森の広場、16日(土)午前/竹林公園、午後/向山樹林地、23日(土)南沢緑地、30日(土)前沢緑地(含森の広場)
〔10月の活動予定〕 6日(金)向山樹林地、14日(土)歴環小山、20日(金)南町緑地、28日(土)南沢苗圃

※10月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真: 開催挨拶時の企業と当ボラの皆さん方の様子です。このイベントが11年目という事もあり皆さんリラックス状態でした。

※写真: 刈込バサミでアズマネザサを刈取り、それらをクマデで掻き集めているところです。お子さんも上手に使いこなしていました。

※写真: 散策路でカケヤを使って木杭を打込んでいるところです。木杭の耐用年数は3年から5年です。朽ち始めていた木杭を新しいものと交換する活動を体験してもらいました。

※写真: 今回一番人気のあった活動です。皆伐更新から7年程経過して、主に優勢な萌芽樹木を残すように間伐および不要枝を剪定しました。初めてノコギリを握ったお子さん達も安全に上手に伐倒作業をしました。

 

 

 

 

 

 

※写真: 貴重種を保護するための竹柵を設けているところです。以前、支柱の間がシュロ縄だったところへマダケの胴縁を水平に渡して針金で結びました。当分の間持ちそうです。

※写真: 参加された皆さんで木の実人形作りをしている所です。作品は冒頭の大きな写真をご覧ください。

※写真掲載の許可を得ています。
※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい。

★ 2017年9月1日 「小山緑地保全地域」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:9月1日 9時~15時 天気:晴れ
  今回は、東久留米市小山1丁目にある小山緑地保全地域で実施した緑地保全活動報告です。同緑地は、黒目川左岸側の河岸段丘上に位置しており、緑地に接して走る西武池袋線を眼下に望むことができます。5月の活動を他緑地の活動上の都合で中止したことで緑地内は想像以上の繁茂状態。機材倉庫周辺から西武線側、そして線路沿いを南に向かって「アカメガシワ」などの間伐、「アズマネザサ・ヤブガラシ・イネ科植物・ダンドボロギク」などの刈取り、整理作業、ゴミ拾いなどの活動を行いました。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

活動模様については、以下の写真をご覧ください。
⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:大いに繁茂した緑地をボランティア仲間総出で草刈りしている所です。左上に見えるのが西武池袋線の電線になります。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔9月の活動予定〕 9日(土)柳窪緑地と周辺緑地、15日(金)柳窪緑地と周辺緑地、16日(土)午前/竹林公園、午後/向山樹林地、23日(土)南沢緑地、30日(土)前沢緑地(含森の広場)
〔10月の活動予定〕 6日(金)向山樹林地、14日(土)歴環小山、20日(金)南町緑地、28日(土)南沢苗圃
※11月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真: 当ボラ機材用倉庫際から西武線側に向けて草刈りや樹木の剪定をしている所です。

※写真: 西武線沿いの保護林の様子です。線路側へ越境している樹木の間伐や剪定、塀際に繁茂している蔓性植物などを草刈りしている所です。

※写真: 活動中に見かけた植物(キク科ノコンギク、オミナエシ科オトコエシ、キンポウゲ科センニンソウ、サルトリイバラ科サルトリイバラ)とナミヘビ科ヒバカリ体長約60㎝

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2017年8月26日 「学芸大学雑木林と金山緑地保全地域」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:8月26日 9時~15時 天気:曇り時々晴れ

今回は、午前中が氷川台緑地保全地域南側の学芸大学雑木林(氷川台1丁目)において、傾斜地の危険防止柵(竹垣『四ツ目垣根』)を追加で設置および散策路沿いの草刈りを行いました。午後からは、金山緑地保全地域(金山1丁目)に移動して、北側通り沿いの繁茂した草刈りと樹木剪定、緑地内の枯損木伐採と整理作業を行いました。午前・午後ともに「ちょこボラ参加」があり、垣根作りや伐倒作業、草刈りなど体験していただきました。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

活動模様については、以下の写真をご覧ください。
⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真〔学芸大雑木林〕: 今回の活動で製作した『四ツ目垣根』。15m程の区間を延長することができました。やはり職人技とは行きませんが、更に南西側へと延長していきます。

※写真〔金山緑地〕:「ちょこボラ参加者」による枯損木の伐倒体験です。径15㎝程の枯木を手順通りに伐倒方向を見定め、ノコギリで受け口を作り、追い口を切り進めて見事に伐倒しました。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。
〔9月の活動予定〕 1日(金)小山緑地、9日(土)柳窪緑地、15日(金)柳窪ケヤキ森の広場、16日(土)午前/竹林公園、午後/向山樹林地、23日(土)南沢緑地、30日(土)前沢緑地(含森の広場)
〔10月の活動予定〕 6日(金)向山樹林地、14日(土)歴環小山、20日(金)南町緑地、28日(土)南沢苗圃
※11月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真〔学芸大雑木林〕:左上から順番に草刈り作業、竹の伐採、垣根用の杭の打ち込み、垣根結びで垣根を作っているところです。

※写真〔金山緑地〕:左上から順番に草刈り作業、刈草の運搬、剪定枝の整理作業、枯損木の伐倒、切った樹木を廃材置き場へ運搬する所です。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2017年8月18日「南沢緑地保全地域苗圃地区(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:8月18日 12時30分~15時 天気:曇り

今回の活動場所は、昭和60年に東京都が緑地保全地域に指定した南沢緑地保全地域です。ここでは、日量1万トンもの清らかな湧水により沢頭流や海老沢流などと呼ばれる流れを作り、落合川本流へと注いでいます。多くの方々が清らかな湧水や緑を求めてやってくる場所です。今日は、我々が苗圃と呼んでいる同緑地西側の場所で、隣接する民有地との境界付近や通り側に繁茂していたコセンダングサやヤブガラシなどの草刈、日陰作り用ヤマグワの間引き・剪定などの活動を行いました。今にも降り出しそうなお天気で湿度が異常に高い悪コンディションでしたが、予定したエリアの整備作業を終えることができました。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真: 緑地と民有地の境界付近の様子です。フェンス際は隙間も見えますが緑地側はコセンダングサやクズなどに覆われて踏み込めない状態です。今日は、これらの草刈り作業です。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔8月の活動予定〕 26日(土) 午前/学芸大学、午後/金山緑地
〔9月の活動予定〕 1日(金)小山緑地、9日(土)柳窪緑地、15日(金)柳窪ケヤキ森の広場、16日(土)午前/竹林公園、午後/向山樹林地、23日(土)南沢緑地、30日(土)前沢緑地(含森の広場)
※10月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真: 活動は午後からでしたが写真で分かるように至る所で足の踏み場もない状態でした。

※写真: 刈払機も投入しましたが、カマで踏み込みルートを作ってから使える有様。投入後はやはり機械力でした。

※写真: 活動後の隣接する畑と宅地側の様子です。日陰作り用のヤマグワも間引き・剪定したことで隙間から倉庫側も覗けるようになりました。

※写真: 作業中に見かけた コミカンソウ科:ナガエコミカンソウ 小型の帰化植物で関東以西で生育場所を広げているとの事

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2017年8月12日「南町緑地保全地域」での緑地保全ボランティア活動報告

東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:8月12日(土) 9時~15時 天気:曇り時々晴れ

東久留米市内には、東京都が管理している7つの緑地保全地域と1つの歴史環境保全地域があります。今回の活動場所(南町緑地保全地域:約11,000平方メートル)は、昭和62年に指定された緑地保全地域の一つです。同緑地は、東久留米市の南側(南町3丁目)に位置しており、南側には同市管理の森の広場が隣接しています。今回は、緑地北側と東側の宅地沿いの草刈りや支障樹木伐採・整理、野草の保護、ゴミ拾い等の活動を行いました。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真: 緑地北東側では日当たりが良くつる性植物のカナムグラやオニドコロ、イネ科アズマネザサなどが繁茂状態でした。刈取りで通りが見えるようになり、風通しも良くなりました。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔8月の活動予定〕 18日(金)午前/夏季打合せ(市庁舎602会議室)、午後/南沢苗圃地区、26日(土) 午前/学芸大学、午後/金山緑地
〔9月の活動予定〕 1日(金)小山緑地、9日(土)柳窪緑地、15日(金)柳窪ケヤキ森の広場、16日(土)午前/竹林公園、午後/向山樹林地、23日(土)南沢緑地、30日(土)前沢緑地(含森の広場)
※10月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真: 歩道とフェンス際に生えた草やフェンスに絡まった草、繁茂状態の緑地側の草を刈り取りました。オニユリなどが生育しており保護の必要な物は茎を残すように活動しました。

※写真: 緑地東側の住宅地沿いの草刈りと支障樹木を処分しているところです。午後からは、陽射しもあり蒸し暑さが増大する中で予定した活動を進めました。

※写真: 珍しい午前10時頃のセミの羽化現場です。本来は夕方頃に地中から出て日没位から羽化を始めます。明るい時間帯ですと補足されるためです。朝までの雨と緑地内が薄暗いことからこの様な昼間の時間帯に脱皮していたと思われます。他にも数匹見かけました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2017年8月4日「前沢緑地保全地域(含森の広場)」での緑地保全ボランティア活動報告

東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:8月4日(金) 9時~15時 天気:曇り時々晴れ

今回は、東久留米市の南部(前沢3丁目)に位置する、東京都の緑地保全地域で緑地の保全活動を行いました。この緑地は、北西側飛地と中央部(森の広場が隣接)、南東側飛地に分離しています。保護野草を含めて多くの草花が驚くほど繁茂してつる性植物は樹木などに覆いかぶさり、外来植物のオオブタクサは2mを超える程に生長していました。今日は、それらの草刈りと森の広場の落木の整理、投棄ゴミの回収作業など行いました。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。
⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:南東側飛地でフェンスに絡んだ蔓草や縁石上の草を除去している所です。絡んだ蔓は手強く網目から外すのは根気と時間を要します。また車も走行しており本当に大変でした。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔8月の活動予定〕 12日(土)南町緑地、18日(金)午前/夏季打合せ、午後/南沢苗圃地区、26日(土) 午前/学芸大学、午後/金山緑地
〔9月の活動予定〕 1日(金)小山緑地、9日(土)柳窪緑地、15日(金)柳窪ケヤキ森の広場、16日(土)午前/竹林公園、午後/向山樹林地、23日(土)南沢緑地、30日(土)前沢緑地(含森の広場)
※10月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真:径25㎝ほどの樹木名コナラの幹が折れて林床に横たわっていました。利用の多い広場で危険回避のため整理しやすい長さに切り詰めて集積場所へ運びました。

※写真:同緑地では恒例になっている柳新田通り沿いの草刈り作業風景です。今の時期は生長著しく暫らくすると繁茂状態に戻ってしまいます。残念ですが自然には逆らうことができません。

※写真:活動時に見かけたハゴロモ科スケバハゴロモ、シロチョウ科キタキチョウ、キク科オオブタクサ(大きいものでは2mを超えます。)、マメ科:フジカンゾウ

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!