★ 2019年8月16日「南沢緑地保全地域(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:8月16日9時~15時 天気:曇りのち晴

今日の活動場所は、昭和60年に東京都が緑地保全地域に指定した南沢緑地保全地域です。ここでは、日量1万トンもの清らかな湧水により沢頭流や海老沢流などと呼ばれる流れを作り、落合川本流へと注いでいます。今回も先週に引き続き、東京都が主催する「グリーンキャンパスプログラム※都のHPを参照」という事で、参加大学生と東京都、東京都環境公社、東久留米市の関係者が集まり緑地保全活動を行いました。内容は、竹垣設置場所の草刈りと古い竹垣の撤去、竹伐採、部材作り、竹垣作りなどです。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:今回参加した皆さん方です。活動を無事にやり終えて各自が作った「虫叩き」を持って笑顔でカメラに収まりました。「学生の皆様!2週連続の活動でしたがご苦労様でした!そして活動参加ありがとうございました。」

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。
〔8月の活動予定〕24日(土)金山緑地、31日(土)南町緑地
〔9月の活動予定〕14日(土)小山緑地、20日(金)柳窪けやき森の広場/柳窪緑地、21日(土)竹林公園/向山樹林地、28日(金)南沢緑地
※10月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:学生の皆さんが古い竹垣の撤去と廃材の整理、竹垣新設場所の草刈り、不足していた竹垣用部材を製作しているところです。前回と比べてノコギリやナタなど、道具の使い方が驚くほど上達していました。

※写真:沢頭沿いに竹の杭を2m間隔で打込み、杭を挟むように胴縁を固定、その間に割竹を挿してカケヤで打込んで約40m区間の竹垣を完成させました。大変美しく出来上がっています。沢沿いからも覗けますので是非ご覧ください。

※写真:次がシュロの枝葉を使った虫叩き作りです。皆さんが思い思いの作品を完成させお土産として持ち帰りました。「中々の出来栄えでした。」

※写真:最後に当会代表の挨拶をもって、8月10日、16日と続いたイベントの幕を下ろしました。「学生の皆さん!卒業後は世の中をけん引するような社会人になってください。そして、当会の活動にも是非とも顔を出してください。」

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!
※当hpで掲載写真についてはご本人の了解を得ております。

★ 2019年8月10日「南沢緑地と樹林地周辺(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:8月10日9時~15時30分 天気:晴

今回の活動場所は、昭和60年に東京都が緑地保全地域に指定した南沢緑地保全地域と東久留米市の南沢樹林地などです。ここでは、日量1万トンもの清らかな湧水により沢頭流や海老沢流などと呼ばれる流れを作り、落合川本流へと注いでいます。今日は、東京都が主催している「グリーンキャンパスプログラム※都のHPを参照」で参加大学生と東京都環境公社、東久留米市の関係者が集まって緑地保全活動を行いました。内容は、自然観察および竹垣用の竹伐採と玉切り、竹垣用部材作りなどです。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:今回参加した皆さん方です。活動をやり終えて笑顔でカメラに収まりました。「学生の皆様!暑い中での活動ですが、8月16日にもご協力お願いします。」

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔8月の活動予定〕24日(土)金山緑地、31日(土)南町緑地
〔9月の活動予定〕14日(土)小山緑地、20日(金)柳窪けやき森の広場/柳窪緑地、21日(土)竹林公園/向山樹林地、28日(金)南沢緑地
※10月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:開会式での大学関係者と当会代表の挨拶している様子です。熱中症と怪我に注意するように話していました。

※写真:南沢樹林地内で竹伐採と枝払い、玉切り作業などしているところです。この活動で15本ほど伐採して南沢緑地へ運び込みました。

※写真:南沢緑地内で竹垣用部材を作るためにナタを使って割竹をしました。更に下側を尖らせてもらいました。一生懸命にナタを振り下ろした人は、多分ですが筋肉痛になったかと思います。

※写真:閉会式で東久留米市の関係者と都の関係者が挨拶している様子です。皆さんが一日楽しくそしてほぼ無事に活動を終えて安心していました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!
※当hpで掲載写真についてはご本人の了解を得ております。

★ 2019年8月2日「前沢緑地保全地域(前沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:8月2日 9時~12時45分 天気:晴

今回は、東久留米市の南部(前沢3丁目)に位置する、東京都の緑地保全地域(含森の広場)で緑地保全活動を行いました。この緑地は、北西側飛地と中央部(森の広場が隣接)、南東側飛地に分離しています。今日は、中央部(森の広場が隣接)において、柳新田通り沿いの草刈りを中心に、整理作業、ゴミ拾いなどの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:緑地前の通りは「柳新田通り」です。間には細い歩道があり、林縁沿いがアズマネザサや蔓性植物に覆われた状態でした。この活動で歩行者の邪魔にならないように刈り取りました。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。
〔8月の活動予定〕24日(土)金山緑地、31日(土)南町緑地
〔9月の活動予定〕14日(土)小山緑地、20日(金)柳窪けやき森の広場/柳窪緑地、21日(土)竹林公園/向山樹林地、28日(金)南沢緑地
※10月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:梅雨明け後の活動日です。連日の猛暑で熱中症が心配されました。短めの活動時間と長めの休憩時間、水分補給で対処しました。少しだけ手入れできました。

※写真:草を刈取り後のクマデを使った整理作業と今活動で通り沿いで集めた投棄物。凡そ、45Ⅼ程の量です。ゴミは資源化できる物もあります。持ち帰り運動に協力して下さい。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2019年7月27日「野火止用水歴史環境保全地域(下里6丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:7月27日 8時30分~15時30分 天気:曇り時々小雨

東久留米市内には、東京都が管理している7つの緑地保全地域と野火止歴史環境保全地域(一部)と呼ばれている緑地があります。今回の活動場所は、東村山市と東久留米市(下里6丁目)の市境を西から東へと流れる野火止用水沿いにある野火止用水歴史環境保全地域の一部で東西約350mの雑木林です。今回は、東京都環境公社主催の「体験プログラム(一般の方々が緑地保全活動を体験する取り組み)」を開催しました。参加した皆さんと緑地内の自然観察や萌芽更新エリアの手入れ、自然素材を使った工作などを行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:このエリアは7、8年ほど前に樹木を皆伐して再生している場所です。今まさに「もや分け(優勢な樹木を残すべく劣勢な樹木を伐採)」しているところです。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔8月の活動予定〕2日(金)前沢緑地(含む森の広場)、24日(土)金山緑地、31日(土)南町緑地
〔9月の活動予定〕7日(土)歴環下里、14日(土)小山緑地、20日(金)午前柳窪ケヤキ森の広場・午後柳窪緑地、21日(土)午前竹林公園・午後向山樹林地、28日(土)南沢緑地
※10月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:もや分け作業と伐採木の整理作業を行っているところです。はじめてノコギリを使った人もいましたが器用に使いこなしていました。

※写真:次の活動が同じ場所で行った繁茂したイネ科アズマネザサや蔓草の刈取りです。蔓草などに覆われると樹木の生長に影響を及ぼすことになります。伐木と草刈りで明るい雑木林に様変わりしました。

※写真:次が自然素材を使った工作です。シュロの葉を使って「虫叩き」や「バッタ」を作ってもらいました。とても上手に出来上がっていました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2019年7月13日「氷川台緑地と学芸大学雑木林(氷川台1丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:7月13日 9時~15時 天気:曇り

今回の活動場所は、東久留米市氷川台1丁目の氷川台緑地保全地域(面積 約10,000㎡)および隣接する学芸大学雑木林です。
氷川台緑地は黒目川の流れが西武池袋線と弁天堀橋を過ぎた辺りの左岸側崖上に位置しており、緑地周辺の自治会の皆様と一緒に保全活動を行いました。また、学芸大学雑木林では樹木の剪定やオオブタクサの駆除活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:氷川台緑地保全地域の西側で保全活動をしている近隣の皆様方の様子です。

※写真:氷川台緑地保全地域の東側で保全活動している近隣の皆様方の様子です。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔7月の活動予定〕19日(金)午前夏季打合せ・午後向山樹林地、27日(土)歴環下里
〔8月の活動予定〕2日(金)前沢緑地(含む森の広場)、24日(土)金山緑地、31日(土)南町緑地
※9月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:学芸大学雑木林でちょこボラの皆さん方と保全活動をしているところです。伐木なども経験してもらい見事に倒しました。

※写真:緑地内には季節柄沢山のカタツムリ:ヒダリマキマイマイを見かけました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2019年7月5日「野火止用水歴史環境保全地域(小山5丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:7月5日 9時~15時 天気:曇り

今回活動した緑地は、野火止用水が小金井街道松山3丁目交差点を潜り抜けて約30m下流右岸側に位置しています。周りには用水沿いの道路と病院や住宅があり、緑地内散策路は多くの人が行き交う生活道路として利用されています。今日は、当緑地で継続中のボタンクサギの抜き取り作業および野草保護、アズマネザサ刈取り、整理作業、ゴミ拾いなどの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:活動中に林床で見かけた「カラカサタケ」に似たキノコです。キノコの丈と傘ともに20㎝を超える大きさでした。その他多くのキノコを観察しました。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔7月の活動予定〕13日(土)午前氷川台緑地・午後学芸大、19日(金)午前夏季打合せ・午後向山樹林地、27日(土)歴環下里
〔8月の活動予定〕2日(金)前沢緑地(含む森の広場)、24日(土)金山緑地、31日(土)南町緑地
※9月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:沢山のボタンクサギが育っており1時間半ほどかけて抜取りました。厄介な植物で放っておくと全面が同種で覆われてしまいます。

※写真:緑地内にはコバギボウシとオオバギボウシが生育しています。それらの保護活動を行っているところです。多摩川そして玉川上水を経由、野火止用水経て同地にやってきた山地性の植物です。大切に保護していますので見守ってください。

※写真:活動時に観察した生きものになります。
上から順番に「キジカクシ科オオバギボウシ」「キノコ不明」「キノコ:マンネンタケ」「ヒダリマキマイマイ」「ヒカゲチョウ」「ナス科ヒヨドリジョウゴ」

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2019年6月29日「野火止用水歴史環境保全地域(野火止2丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:6月29日 9時~15時 天気:小雨

今回の活動場所は、都立久留米西高校裏手にある野火止用水沿いに残された雑木林です。ここは、黒目川左岸の崖線上に残され雑木林の一部分でもあります。今日は小雨の中、フェンス沿いに繁茂していた蔓植物やオオブタクサおよび散策路沿いのアズマネザサ刈取り、ボタンクサギの伐根、整理作業、ゴミ拾いなどの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:活動開始時に用水沿いの緑地入口付近で草刈りをしているところです。繁茂状態から少しだけ抜け出した感じです。今後は用水沿いを整理する予定でいます。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔7月の活動予定〕5日(金)歴環小山、13日(土)午前氷川台緑地・午後学芸大、19日(金)午前夏季打合せ・午後向山樹林地、27日(土)歴環下里
〔8月の活動予定〕2日(金)前沢緑地(含む森の広場)、24日(土)金山緑地、31日(土)南町緑地
※9月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:フェンスに絡みついた蔓植物は手強く、一定方向へ巻き付いており手作業で少しずつ外しました。結果、フェンス越しに緑地が覗けるまでに良くなりました。

※写真:散策路沿いの刈払い機による草刈りと整理作業および厄介な植物のボタンクサギの伐根作業です。植えられたもので消滅するまで全てを抜取る必要があります。

※写真:作業後の現場付近の写真です。

※写真:雨の中白い花を咲かせていた「ツユクサ科ヤブミョウガ」

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2019年6月22日「柳窪けやき森の広場(柳窪5丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:6月22日 9時~12時 天気:曇りのち雨

今回の活動場所は、東久留米市管理の柳窪けやき森の広場です。通り沿いに面する林縁部および北原川沿いにおいて草刈りと灌木の剪定、ゴミ拾いなどの活動を行いました。午後から予定していました柳窪緑地保全地域での活動は本格的な降雨により中止いたしました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:活動中に見つかった「キアシナガバチ」です。2匹で巣作りをしており、周辺部を草刈り中に威嚇するように飛び回っていました。注意してください。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。
〔6月の活動予定〕29日(土)歴環野火止
〔7月の活動予定〕5日(金)歴環小山、13日(土)午前氷川台緑地・午後学芸大、19日(金)午前夏季打合せ・午後向山樹林地、27日(土)歴環下里
※8月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:隣接する通り沿いの草刈り作業中のものです。新設されたロープ柵が目立つようになり支障なく見通せるようになりました。

※写真:北原川と黒目川沿いの草刈り作業中のものです。傾斜のきつい法面でしたが手分けしてシートに載せて刈草を運び上げました。

※写真:草刈りを終えた北原川沿いの法面です。一部は生きもののために「緑の島」として残しました。

※写真:活動中に出会った「左:カブトムシ」と「右:キノコ(名称は不明)」

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2019年6月16日「竹林公園(南沢1丁目)と向山樹林地(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:6月16日 9時~14時30分 晴れ

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域のほかに、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地が存在します。今回は、湧水と多くの孟宗竹で有名な市立の「竹林公園」と市管理緑地の「向山樹林地」の緑地保全活動です。竹林公園では、竹柵内のウマノスズクサなどを保護しながら繁茂していたヤブミョウガやササ類の草刈り、灌木の剪定などの活動を行いました。向山樹林地では、ササや蔓性植物の刈り込み、マダケとモウソウダケの間伐などの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:〔竹林公園〕多くの植物が繁茂していた竹柵内でウマノスズクサやオオウバユリなどに注意しながら草刈りをしているところです。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。
〔6月の活動予定〕22日(土)午前柳窪ケヤキ森の広場・午後柳窪緑地、29日(土)歴環野火止
〔7月の活動予定〕5日(金)歴環小山、13日(土)午前氷川台緑地・午後学芸大、19日(金)午前夏季打合せ・午後向山樹林地、27日(土)歴環下里
※8月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:〔竹林公園〕今回植物保護ゾーンを中心に草刈りと灌木の剪定および柴垣を覆っていたヤブガラシなども除去しています。大分良くなった感じはしますが・・・

※写真:〔樹林地〕3か月ぶりの樹林地は正にジャングル状態。ササ刈り、クズ蔓の除去、竹類の間伐など行いました。入り口部分だけでしたが少しだけ見通せるようになりました。

※写真:〔樹林地〕※活動時に見かけたガの幼虫で大きさは10㎝ほどでした。未同定ですがスズメガ科の幼虫のようです。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2019年6月14日「南沢緑地保全地域(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:6月14日 9時~15時 天気:曇り

今回の活動場所は、昭和60年に東京都が緑地保全地域に指定した南沢緑地保全地域です。ここでは、日量1万トンもの清らかな湧水により沢頭流や海老沢流などと呼ばれる流れを作り、落合川本流へと注いでいます。今日は、南沢氷川神社の鳥居に続く参道脇の草刈りを行いました。参道沿いにはソクズやミョウガ、オヤブジラミ、コヒルガオ、ヤブガラシ、イネ科植物などが繁茂してニリンソウの保護柵が見えなないほど鬱蒼とした状態でした。保護している「スイカズラ科ソクズ」を保護しながら約3m幅で草刈りしました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:作業後の氷川神社の参道沿いの風景です。保全地域の案内板や弓型の保護柵も見えるようになりました。1.5mほどに立ち上がって見えるものが「ソクズ」です。7月頃から小さな沢山の白い花を咲かせて結実すると熟した赤い実が見れます。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔6月の活動予定〕22日(土)午前柳窪ケヤキ森の広場・午後柳窪緑地、29日(土)歴環野火止
〔7月の活動予定〕5日(金)歴環小山、13日(土)午前氷川台緑地・午後学芸大、19日(金)午前夏季打合せ・午後向山樹林地、27日(土)歴環下里
※8月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:午前中の活動模様です。参道沿いが如何に繁茂していたかが分かります。最初の写真と見比べてください。

※写真:午後からは参道沿いから緑地内に入って活動しました。密植状態のナンテンの間伐、大きくなったオチャノキやトウネズミモチの伐採。林床暗くしていたシラカシやアオキ、コブシの剪定などして整理しました。少しだけ明るくなりました。

※写真:参道沿いでは「ヒルガオ科コヒルガオ」が薄い桃色した花を咲かせていました。かわいらしい花ですが蔓性のためイネ科植物などと一緒に刈り込みました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!