★ 2019年4月13日「南町緑地保全地域(南町3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:4月13日 9時~14時30分 天気:晴

東久留米市内には、東京都が管理している7つの緑地保全地域と1つの歴史環境保全地域があります。今回の活動場所(南町緑地保全地域:約11,000平方メートル)は、昭和62年に指定された緑地保全地域の一つです。同緑地は、東久留米市の南側(南町3丁目)に位置しており、同緑地の南側には同市管理の森の広場が隣接しています。今日は、当保全地域と東久留米市管理の南町森の広場に生育する野草の観察および森の広場の散策路沿いのロープ柵補修、南沢緑地の竹林の間伐などの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:森の広場散策路の修復後の様子です。ほぼ全部の杭が朽ちて倒れていました。添木を当てる等して対処しましたが野草保護の観点から踏込みは遠慮下さい。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔4月の活動予定〕19日(金)南沢苗圃、27日(土)午前氷川台緑地・午後南沢樹林地
〔5月の活動予定〕3日(金)前沢緑地(含前沢緑地)、11日(土)小山緑地、17日(金)歴環下里、25日(土)午前学芸大雑木林/午後金山緑地、31日(金)柳窪緑地
※6月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:散策路を修理している皆さんの活動の様子です。ノコギリや鉈、カナヅチ、カスガイなどの道具や部材を使って補修しました。

※写真:野草の観察も実施しました。多くの野草が生育しています、大切に保護してください。

※写真:観察時に見られた野草で順番にシソ科:ジュウニヒトエ、ユリ科:ホウチャクソウ、シソ科:タツナミソウ、ナス科:ヒヨドリジョウゴです。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2019年4月5日「南沢緑地保全地域(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:4月5日 9時~14時30分 天気:晴

今回の活動場所は、昭和60年に東京都が緑地保全地域に指定した南沢緑地保全地域です。ここでは、日量1万トンもの清らかな湧水により沢頭流や海老沢流などと呼ばれる流れを作り、落合川本流へと注いでいます。今日は、その流れ沿いに生育しているイチリンソウやニリンソウなどの観察および保護野草生育エリアを覆い始めていたアズマネザサやオチャノキ、イワガネソウなどの刈り込みなど行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:今年は寒暖の差が激しく例年より開花が遅れているようです。ごく一部ですが、陽当たりの良い場所で花を咲かせていた「イチリンソウ」です。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔4月の活動予定〕13日(土)南町緑地、19日(金)南沢苗圃、27日(土)午前氷川台緑地・午後南沢樹林地
〔5月の活動予定〕3日(金)前沢緑地(含前沢緑地)、11日(土)小山緑地、17日(金)歴環下里、25日(土)午前学芸大雑木林/午後金山緑地、31日(金)柳窪緑地
※6月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:野草保護エリアでイワガネソウやアズマネザサを刈取り整理しました。また、生育エリア周りに竹材を使って弓型の柵を設置し直しました。

※写真:このところオチャノキの駆除が疎かになっており繁茂状態でした。それらと共にアズマネザサも刈り取ったことで林床にも陽射しが入るようになりました。

※写真:活動時に見かけたキンポウゲ科ニリンソウとシソ科キランソウです。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2019年3月30日「野火止用水歴史環境保全地域(小山5丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月30日 9時~14時30分 曇り

今回活動した緑地は、野火止用水が小金井街道松山3丁目交差点を潜り抜けて約30m下流右岸側に位置しています。周りには用水沿いの道路と病院や住宅があり、緑地内散策路は多くの人が行き交う生活道路として利用されています。林床では沢山の「スミレ科:タチツボスミレ」が満開の時期を迎え、他の野草も落葉の間から新芽を覗かせていました。今日は、そのような野草保護のため、伐木廃材を利用して保護用囲いの設置および落枝整理などの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:廃材の中から適当な太さと長さの枝を探して、野草保護用囲い(廃材)を固定するための「木杭」を作っているところです。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔4月の活動予定〕5日(金)南沢緑地、7日(日)観察会、13日(土)南町緑地、19日(金)南沢苗圃、27日(土)午前氷川台緑地・午後南沢樹林地
〔5月の活動予定〕3日(金)前沢緑地(含前沢緑地)、11日(土)小山緑地、17日(金)歴環下里、25日(土)午前学芸大雑木林/午後金山緑地、31日(金)柳窪緑地
※6月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:廃材を保護エリアへ運んで柵沿いに並べているところです。

※写真:ナタやノコギリを使い「木杭」を作っているところです。鉛筆の様に先を尖らせるように頑張りましたが・・・カケヤ組からは苦情はありませんでした。

※写真:カケヤを使って廃材を固定しているところです。場所によっては林床が固く打込みが難しかったとの事です。その他、散策路時にはみ出した野草については写真の様に移植しました。開花が楽しみです。

※写真:午後からの活動では大きな落枝がありそれらを150㎝ほどに長さに切り詰めて整理しました。雑然としていた一角がきれいに整理されました。

※写真:左上から順に花を咲かせた「キブシ科キブシ」と「スミレ科タチツボスミレ」芽を出し始めた「キジカクシ科コバギボウシ」と「ススキノ科ヤブカンゾウ」

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2019年3月23日「向山樹林地(南沢3丁目)と学芸大学雑木林(氷川台1丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月23日 9時~15時 曇り

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域のほかに、東久留米市管理の樹林地や森の広場、学校法人などの緑地があります。今回は、同市管理の立野川源流部に位置する「向山樹林地」において隣接住宅地沿いのマダケの伐採と整理、野草保護のための草刈りと弓型柵設置作業および学芸大学雑木林ではモウソウダケの伐採と整理、竹垣の修理などの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:〔向山樹林地〕不要な場所に生育していたモウソウダケを伐採して整理しているところです。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔3月の活動予定〕30日(土)歴環小山
〔4月の活動予定〕5日(金)南沢緑地、7日(日)観察会、13日(土)南町緑地、19日(金)南沢苗圃、27日(土)午前氷川台緑地・午後南沢樹林地
※5月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:〔向山樹林地〕昨年この緑地では雨天や猛暑で整備が行き届きませんでした。野草などが芽生え始めていましたので注意しながら作業を進めました。

※写真:〔学芸大雑木林〕荒れていた竹林を整理しているところです。そして廃材の一部は竹垣の部材として利用、「垣根結び」で結び直して竹垣を修理しました。

※写真:今回紹介する植物は活動時に見かけた「タチツボスミレ」「ツクシ」です。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2019年3月16日「竹林公園(南沢1丁目)と南沢緑地苗圃地区(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月16日 9時~15時 曇り後晴れ

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域のほかに、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地が存在します。今回は、湧水と多くの孟宗竹で有名な市立の「竹林公園」と都の「南沢緑地保全地域(苗圃地区)」の緑地保全活動です。竹林公園では、芽生え始めたハルジオンなどの草刈りや一部の弓型柵の更新、野草の保護柵設置などの活動を行いました。南沢緑地苗圃地区では、落枝の整理や枯れたオギ原の草刈り、クヌギ苗などの支柱の交換と固定、倉庫整理作業を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。
⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:〔竹林公園〕切り出したマダケを割いて弓型柵用の部材を作っているところです。2年に1回ほど園路と花壇の境目にある弓型の柵を更新しています。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。
〔3月の活動予定〕23日(土)午前向山、午後学芸大、30日(土)歴環小山
〔4月の活動予定〕5日(金)南沢緑地、7日(日)観察会、13日(土)南町緑地、19日(金)南沢苗圃、27日(土)午前氷川台緑地・午後南沢樹林地
※5月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:〔竹林公園〕芽生えたばかりの草の刈取りと朽ち始めた柵を更新しました。更に落枝など含めて廃材を積載場所まで運んで作業を終えました。

※写真:〔南沢苗圃〕この場所は湿潤な場所で例年イネ科オギが繁茂する場所です。この場所を雑木林に変えるためクヌギなどを植樹しています。今回は朽ち始めていた支柱を交換しました。早く育つことを祈っています。

※写真:〔南沢苗圃〕落枝拾いと整理、投棄されたゴミ拾い、イネ科オギの刈り込み、コナラなどの苗木の支柱交換作業、掲示板の設置などしている所です。苗圃地区が少しだけですが整えられた緑地になりました。

※活動時に見かけた野草:順番にアブラナ科オオアラセイトウ、キク科ハルジオンとタデ科ミズヒキ、フウロソウ科ゲンノショウコ、アブラナ科ミチタネツケバナ

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2019年3月15日「柳窪緑地保全地域(柳窪4丁目・5丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月15日 9時~15時 天気:晴

今回の活動場所は、東久留米市の西側(柳窪4丁目・5丁目)にある東京都の柳窪緑地保全地域(広さは約13,500平方メートル)です。今日は、活動時に民有地の樹木・マダケ等の伐採や踏み込みを防ぐ目的で、境界付近へ竹柵を新設することになりました。午前は竹柵部材を準備して、午後は竹柵を構築しました。完成区間は全体の半分ほどで、今後の活動で全体を完成させる予定です。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:竹の廃材を利用して竹柵用部材(竹杭と胴縁)を準備しているところです。この後、疲れましたが300m程離れた緑地まで部材を運びました。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔3月の活動予定〕23日(土)午前向山、午後学芸大、30日(土)歴環小山
〔4月の活動予定〕5日(金)南沢緑地、7日(日)観察会、13日(土)南町緑地、19日(金)南沢苗圃、27日(土)午前氷川台緑地・午後南沢樹林地
※5月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:不足した部材を黒目川護岸沿いで切り出しているところおよび竹杭を作っているところです。この後の現場までの運搬が大変でした。

※写真:伐採竹の整理作業と並行して実施した竹柵作りの様子です。

※写真:出来上がった簡易の竹柵です。写真を見てもわかるように高さが不ぞろいで波を打っていました。今後朽ちて更新する時には竹垣風に仕上げたいと思います。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2019年3月9日「南沢緑地保全地域(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月9日 9時~15時 天気:晴

今回の活動場所は、昭和60年に東京都が緑地保全地域に指定した南沢緑地保全地域です。ここでは、日量1万トンもの清らかな湧水により沢頭流や海老沢流などと呼ばれる流れを作り、落合川本流へと注いでいます。今日は、午前中に日ごろ使っている工具類の棚卸とお神酒沢流れ沿いの草刈りなど、午後は保護野草生育エリアの落ち葉掻きや落枝整理、投棄されたゴミ回収などの活動です。スギなどの落枝が多く荒れた林床でしたが、少しだけ見た目にも良くなりました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:南沢氷川神社参道沿いでササ刈りや落枝拾いなどの活動をしました。ササなどで隠れた場所から風呂のフタと思われる投棄物も出てきました。是が非でもこの大切な自然を守って欲しいものです。「非常に残念です。」

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔3月の活動予定〕15日(金)柳窪緑地、16日(土)午前竹林公園・午後南沢苗圃、23日(土)午前向山、午後学芸大、30日(土)歴環小山
〔4月の活動予定〕5日(金)南沢緑地、7日(日)観察会、13日(土)南町緑地、19日(金)南沢苗圃、27日(土)午前氷川台緑地・午後南沢樹林地
※5月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:午前中には倉庫内道具の棚卸と草刈や落枝拾いの活動をしました。久しぶりに倉庫内が整い空きスペースもできたほどです。

※写真:野草保護のためのロープ柵ですが湿潤な事もありすぐに傷んでしまいます。今回は切れたロープを新しいものに変えました。

※写真:昨年秋の台風で倒れたスギの伐木整理と林床に堆積した杉の小枝や落葉を搔き集めて整理しました。踏込んだ事から野草の芽生えに影響のない事を願います。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2019年3月1日「野火止用水歴史環境保全地域(下里6丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月1日 10時~15時 天気:曇のち晴

東久留米市内には、東京都が管理している7つの緑地保全地域と野火止歴史環境保全地域(一部)と呼ばれている緑地があります。今回の活動場所は、東村山市と東久留米市(下里6丁目)の市境を西から東へと流れる野火止用水沿いにある野火止用水歴史環境保全地域の一部で東西約350mの雑木林です。今回は、緑地内へ投棄されたゴミ拾いおよび野草保護のためのアズマネザサの刈込みと整理作業を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:野草保護のため林床を覆っているアズマネザサの丈を詰めているところです。根元から刈込むと虫の食害が目立つための処置です。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔3月の活動予定〕9日(土)南沢緑地、15日(金)柳窪緑地、16日(土)午前竹林公園・午後南沢苗圃、23日(土)午前向山、午後学芸大、30日(土)歴環小山
〔4月の活動予定〕5日(金)南沢緑地、7日(日)観察会、13日(土)南町緑地、19日(金)南沢苗圃、27日(土)午前氷川台緑地・午後南沢樹林地
※2019年5月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:極力保護野草を踏まないように慎重に作業を進めました。今後の野草の開花を楽しみにしています。

※写真:工具用倉庫が各緑地に設置されています。ゴミの山のように見えますがすべてを庫外に持ち出して棚卸をしているところです。

※写真:こちらは活動で回収したゴミの山です。魚を入れる発砲スチールとポイ捨てゴミ45Ⅼx3袋です。相変わらずに多さに閉口しています。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2019年2月23日「柳窪緑地保全地域(柳窪4丁目・5丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:2月23日 9時~14時30分 天気:晴れ

今回の活動場所は、東久留米市の西側(柳窪4丁目・5丁目)にある東京都の柳窪緑地保全地域(広さは約13,500平方メートル)です。恒例となった「(仮)柳窪 黒目川・周辺樹林をきれいにする会」として、地元の方々と共同活動しました。当団体は、長福寺と柳窪天神社参道沿いの傷み始めていた竹垣の更新および倉庫内工具類の棚卸などの活動。一方地元の方々は、黒目川上流部のテングス病対策としてマダケの間伐などの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:柳窪にある長福寺と天神社の参道沿いの朽ち始めていた竹垣を作り直しました。自然に溶け込んだ良いものができたと思っています。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔3月の活動予定〕1日(金)歴環下里、9日(土)南沢緑地、15日(金)柳窪緑地、16日(土)午前竹林公園・午後南沢苗圃、23日(土)午前向山、午後学芸大、30日(土)歴環小山
〔4月の活動予定〕5日(金)南沢緑地、7日(日)観察会、13日(土)南町緑地、19日(金)南沢苗圃、27日(土)午前氷川台緑地・午後南沢樹林地
※2019年5月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:竹垣の柱に使うものを切り出して更に土に埋まる部分を鋭角に切っているところです。

※写真:マダケの伐採から約2時間、竹垣が形を成してきました。最後にシュロ縄を使って「垣根結び」・・・結び方を忘れたり、緩んだり…難しいです。

※写真:余った部材で弓型柵用の部材作りの様子です。割竹して両端を尖らせ50本ほどできました。今後の活動で利用することになります。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2019年2月15日「野火止用水歴史環境保全地域(野火止地区)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:2月15日 9時~14時30分 天気:晴れ

今回の活動場所は、都立久留米西高校裏手にある野火止用水沿いに残された雑木林です。ここは、黒目川左岸の崖線上に残され雑木林の一部分でもあります。今日の緑地は一見すると木の芽が膨らみ始めて春を待ちかねているようでした。そんな中午前中は落枝拾いと整理作業、午後は倒木などで緩んでいたロープ柵の補修と倉庫内の備品確認など行いました。そして「ちょこボラ募集」で近隣の方の活動参加がありました。今後も参加をお待ちしています。活動内容については、以下の写真をご覧ください。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:ヤマザクラの枝が散策路上に伸びています。枯れており危険枝と判断して高枝ノコギリで切断しているところです。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔2月の活動予定〕23日(土)柳窪緑地
〔3月の活動予定〕1日(金)歴環下里、9日(土)南沢緑地、15日(金)柳窪緑地、16日(土)午前竹林公園・午後南沢苗圃、23日(土)午前向山、午後学芸大、30日(土)歴環小山
※2019年4月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:林床に落ちている枯枝を拾って廃材置場へ集めているところです。今の時期は風が強い日もありあちらこちらに落枝があります。頭上には注意ください。

※写真:枯れた木などを造林用の大き目なノコギリで玉切りにしているところです。

※写真:昨年秋の台風では多くの樹木が被害を受けたことで間接的にロープ柵も影響を受けました。これ等の緩んだ杭やロープを補修しているところです。

※写真:活動時に出会った生きものです。切り株にいた「カブトムシの幼虫(埋め戻しました。)」、休憩中に傍の枝にとまった「ジョウビタキの雄」、倉庫整理中に出てきた「ヤモリ」、落ち葉の中から顔を出した「開花が近いタチツボスミレ」。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!