★ 2019年9月20日「柳窪緑地保全地域(柳窪4丁目・5丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:9月20日 9時~15時 曇

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域の他、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地が存在します。今回の活動場所は、東久留米市の西側(柳窪4丁目・5丁目)にある東京都の柳窪緑地保全地域(広さは約13,500平方メートル)です。まずは、当ボラ倉庫周辺のセイタカアワダチソウの抜き取り。その後、黒目川右岸側へ移動して台風の影響と思われる折れた樹木や落枝整理および天神社参道や通り沿いの草刈り作業を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:柳窪天神社では今月25日秋の例大祭が行われます。当団体が参道沿いのフェンス際の落枝整理と草刈りをしました。また、共催している仲間の団体も黒目川沿いの折れ竹や落枝を片付けました。これで気持ち良く当日を迎える事ができます。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔9月の活動予定〕28日(土)南沢緑地
〔10月の活動予定〕4日(金)前沢緑地(含森の広場)、12日(土)向山樹林地、18日(金)歴環小山
※11月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:保全地域内の保全活動の様子です。外来種の「セイタカアワダチソウ」の除去、台風による折れ枝の整理、林床のアズマネザサなどの草刈りを行いました。林内の見通しも良くなり風通しも良くなった感じがします。

※写真:偶然に仲間のヘルメットの上にとまった「ハラビロカマキリ」です。暫くのあいだ逃げることなく頭の上にいました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!