★ 2019年9月21日「竹林公園・南沢緑地・向山樹林地」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:9月21日 9時~15時 曇

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域の他、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地が存在します。
今回は、湧水と孟宗竹で有名な市管理の「竹林公園と向山樹林地」および都管理の「南沢緑地保全地域」の緑地保全活動です。竹林公園では、竹柵内のウマノスズクサなどを保護しながら繁茂したヤブミョウガやササ類の草刈り、台風による落枝整理などを行いました。南沢緑地では氷川神社参道沿いの草刈りと整理作業および落枝整理、不要木を間伐しました。向山樹林地では、ササや蔓性植物の刈り込みとマダケの間伐などの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:〔南沢緑地〕右奥が南沢氷川神社の鳥居です。今回は参道沿いが蔓草などにより繁茂状態のため臨時でそれらを刈取り整理しました。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔9月の活動予定〕28日(土)南沢緑地
〔10月の活動予定〕4日(金)前沢緑地(含森の広場)、12日(土)向山樹林地、18日(金)歴環小山
※11月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:〔竹林公園〕保護柵内の整理作業と落枝を集めて整理しているところです。作業後は保護柵付近を刈取り視界が広がった感じがしました。

※写真:〔南沢緑地〕御神酒沢流れ沿いのオカメザサや蔓草の刈取りと刈草をシートに載せて運搬しているところです。今年は植物の生長が著しく苦労しています。

※写真:〔樹林地〕ササ刈りと間伐したマダケを整理しているところです。ここでは、時間の関係で半分以上整理されずに残ってしまいました。

※写真:活動中に観察した主な生き物です。順番に「ベニバナボロギク:外来種」「ミゾソバ」「ショウキズイセン:外来種」「ハグロトンボ♀」

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!