★ 2019年3月16日「竹林公園(南沢1丁目)と南沢緑地苗圃地区(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月16日 9時~15時 曇り後晴れ

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域のほかに、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地が存在します。今回は、湧水と多くの孟宗竹で有名な市立の「竹林公園」と都の「南沢緑地保全地域(苗圃地区)」の緑地保全活動です。竹林公園では、芽生え始めたハルジオンなどの草刈りや一部の弓型柵の更新、野草の保護柵設置などの活動を行いました。南沢緑地苗圃地区では、落枝の整理や枯れたオギ原の草刈り、クヌギ苗などの支柱の交換と固定、倉庫整理作業を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。
⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:〔竹林公園〕切り出したマダケを割いて弓型柵用の部材を作っているところです。2年に1回ほど園路と花壇の境目にある弓型の柵を更新しています。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。
〔3月の活動予定〕23日(土)午前向山、午後学芸大、30日(土)歴環小山
〔4月の活動予定〕5日(金)南沢緑地、7日(日)観察会、13日(土)南町緑地、19日(金)南沢苗圃、27日(土)午前氷川台緑地・午後南沢樹林地
※5月以降の活動予定については、当会の基本情報をご覧ください。

※写真:〔竹林公園〕芽生えたばかりの草の刈取りと朽ち始めた柵を更新しました。更に落枝など含めて廃材を積載場所まで運んで作業を終えました。

※写真:〔南沢苗圃〕この場所は湿潤な場所で例年イネ科オギが繁茂する場所です。この場所を雑木林に変えるためクヌギなどを植樹しています。今回は朽ち始めていた支柱を交換しました。早く育つことを祈っています。

※写真:〔南沢苗圃〕落枝拾いと整理、投棄されたゴミ拾い、イネ科オギの刈り込み、コナラなどの苗木の支柱交換作業、掲示板の設置などしている所です。苗圃地区が少しだけですが整えられた緑地になりました。

※活動時に見かけた野草:順番にアブラナ科オオアラセイトウ、キク科ハルジオンとタデ科ミズヒキ、フウロソウ科ゲンノショウコ、アブラナ科ミチタネツケバナ

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!