★ 2018年12月1日「野火止用水歴史環境保全地域(野火止2丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:12月1日 9時~15時 天気:晴れ
今回の活動場所は、都立久留米西高校裏手にある野火止用水沿いに残された雑木林になります。また、黒目川左岸の崖線上に残され雑木林の一部分でもあります。毎年12月第1土曜日には「野火止用水6市共同クリーンデイ」の催しがあり、当ボランティアも毎回参加しています。台風の影響の残る緑地を少しでも良くするため、通常通り催し終了後も15時まで活動を続けました。通り沿いや用水沿いもつる性植物や草刈りしたことで風通しや大分見通しなども良くなりました。活動内容については、以下の写真をご覧ください。
活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:林床に落ちている大小様々な落枝を集積場所へ運びました。そしてノコギリや剪定ばさみで切詰めて集積しているところです。あまりの多さに閉口しました。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔12月の活動予定〕8日(土)小山緑地、9日(日)竹林公園(臨時活動)、14日(金)柳窪緑地、22日(土)金山緑地
〔2019年1月の活動予定〕4日(金)南町緑地、12日(土)歴環下里、18日(金)午前/年次総会(市庁舎702会議室)午後/南沢緑地、26日(金)小山緑地
※2019年2月以降の活動予定については、当会主催年次総会後に公開致します。

※写真:今回の「野火止用水6市共同クリーンデイ」の開会と閉会時の様子です。

※写真:緑地内やフェンス沿いでの活動の様子です。

※写真:活動を終えた用水沿いと通り沿いの様子です。フェンスを覆っていたクズなどの蔓生植物が除去されてすっきりとして風通し良く明るくなりました。

※写真:緑地では「ナス科:ヒヨドリジョウゴ」が沢山の光沢のある赤い実をつけていました。ただしこの赤い実は「毒」ですので注意ください。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!